挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

ビジネスシーンでの第一印象は今後の付き合いを左右するとても大切なもの。もちろん見た目を整えることも大切ですが、第一声を発する「挨拶」に着目してみてはいかがでしょうか。今回は挨拶で交渉の承諾率をアップさせるポイントを紹介。商談のシーンや会議の前に、ぜひ取り入れてみてください。


挨拶で交渉の承諾率をアップさせるコツって?

「こんにちは、ご機嫌いかがですか?」
これは、私たちが普段何気なく使っている挨拶の言葉に見えるはずです。しかし、説得研究の権威のロバート・B・チャルディーニ著書の『影響力の武器』によると、この挨拶である使い方をするだけで、交渉の時に、相手から2倍の承諾率を引き出すことができるというのです。

慈善団体で使われている挨拶のテクニック

アメリカの慈善団体で使われている挨拶のテクニックを紹介しましょう。「How are you ?」という何気ない挨拶をしますが、この挨拶は友好的に見せるだけではありません。このようなお決まりの挨拶は、「I’m fine. Thank you.」という中身のないお定まりの回答を促す効果があります。
しかし、この回答を得た途端に慈善団体の人は、仕事を開始します。「それは良かったです。本日お電話を差し上げたのは、恵まれない人々を支援する募金にご協力いただきたいと思いまして……」という具合に話を展開してしまいます。

「I’m fine. Thank you.」(元気でうまくやっている)と答えてしまった人は、恵まれた環境にある自分で認めてしまったことから、ケチな人間と見られないために、慈善に協力せざるを得なくなるというのです。

挨拶をするだけでクッキーを購入してしまう実験

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

挨拶をするだけで、このような心理が働くとは、信じられないかもしれませんが、このことを証明する、とある研究があります。消費者行動の研究家のダニエル・ハワードはテキサス州ダラスの住民に電話をかけ、飢餓救援協会の人がクッキーを売りに行っても構わないかと尋ねました。「このクッキーの収益は貧しい人たちの食事の提供に使われる」と説明したのです。
この依頼の仕方を研究では「標準要請アプローチ」と呼んでいます。この方法で同意が得られたのは18%にすぎませんでした。
これに対して、依頼者がお定まりの挨拶をして、お定まりの回答を得たうえで、標準要請アプローチを行うといくつかの変化が起こりました。

① 電話を受けた120人のうち、108人(90%)がお定まりの好意的な挨拶をしました。
② このような好意的な挨拶を交わした人々の後で、標準要請アプローチを行うと、32%の人がクッキーの訪問販売に同調しました。標準要請アプローチのみの場合に同調を得られたのは18%。なんと約2倍になったのです。
③ そして、訪問販売に同意した人の89%が、訪問を受けた時には実際にクッキーを購入しました。

この現象をロバート・B・チャルディーニは“一貫性のルール”によるものだと説明しています。一貫性のルールとは、一旦コミットしたことには逆らえないという心理です。何気ない挨拶で自分が恵まれた存在であることをコミットしたことで、そのイメージに縛られたというのです。
詳しく説明すれば、お定まりの挨拶を返したことで、自分が恵まれた存在で“良き市民”あることを認識させる効果があります。これに引き続き、恵まれない人々への援助の誘いがあり、恵まれた存在の“良き市民”としては慈悲深くあるべきだと考えて、拒否することができなくなったというのです。

「いい加減な人間」に見られたくない“一貫性のルール”

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「優柔不断」「朝令暮改」という言葉がありますが、私たちは、このようなレッテルを張り付けてほしくない、と思う生き物です。私たちは、他人からこのように見られることを極端に嫌います。

その理由は、太古の私たちの生活にあります。私たち人間は他の動物より非力であり、マンモスなどの獲物を狩るときには、お互いに協力する必要がありました。人間は社会的動物であり、一人では生きていけなかったのです。そのために、生き残るためには、グループ内では信用される必要がありました。そして、現代においても、人間関係をスムーズにすることや商談や恋愛を有利に運ぶためにも、信用される必要があるのです。
これらのことから、私たちには、いい加減な人間ではなく、一貫した人物と見られたいという心理が醸成されていったという経緯があります。

普段の何気ない会話をうまく利用して

挨拶で交渉の承諾率をアップさせるためのポイントは、相手が恵まれた環境にあることをイメージさせることです。これで、相手に一貫性の原則が働くように仕向けるのです。簡単に言えば、 プライドをくすぐること
これから、提案することが世の中の役に立つことを説明していきます。

例えば、環境保全に役立つ商品をクライアント企業に紹介する場合、「こんにちは、最近はいかがですか?」という挨拶をすると「どうもありがとうございます」や「まずまずです」という言葉が返ってくることでしょう。そうしたら、「それは良かったです」と切り返します。このようなごく当たり前の挨拶を交わした後に、「御社は、環境保全に取り組まれていますが、本日は、環境保全に役立つ新製品をご紹介に来ました」と話しましょう。きっと、耳を傾けてくれることでしょう。
とても自然で使いやすい挨拶です。ぜひおまじない代わりに、取り入れてみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

メンタルナビ代表・認定心理士です。
心理学の素晴らしさをお伝えするため、書籍やweb記事の執筆とアドバイスをしています。

関連する投稿


会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

決まった時間で働くルーティンワークに飽き飽きしている人も居れば、会社に居る意味がわからない、と悩む社会人も居る。会社に存在意義をみつけるためには、何をどう行動するのが正解なのでしょう?


職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

ハラスメントが話題になることの多い昨今ですが、職場での「いじめ」は一体どんなところで起こるのでしょうか。働く女性が悩みを抱えることの多い人間関係問題の中から、退職のきっかけやウツ病の原因にもなってしまう「いじめ」について考えていきます。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンなど、気合いを入れて会話を進めなければならない時に、ちょっと力を貸してくれるようなアイテムがあると良いのに…と感じたことはありませんか? 今回は大事な日にこそ取り入れたい、魔法の◯◯について紹介。なんと、35%もの人が、説得に応じやすくなるのだそうです。


服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

服装を真似ると上司と仲良くなれる⁈心理学「態度の類似性」からみる人間関係

皆さんには苦手な上司や顧客などに頭を悩まされた経験がありませんか? 人間関係についての悩み事は、絶えることがありません。今回は、心理学で用いられる「態度の類似性」についてご紹介。洋服を変えるだけで、苦手な上司との距離が近づくかも⁈ ぜひ参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング