誘惑に負けず、恋愛も仕事も冷静に動く。大人のセルフコントロール術

誘惑に負けず、恋愛も仕事も冷静に動く。大人のセルフコントロール術

感情や欲望をうまく抑えることができればいいのに、いつも我慢ができなくて失敗してしまう……。そんな人が鍛えたいのが「セルフコントロール」です。一体どんな方法で自分の感情をコントロールできるようになるのか、具体的な方法について紹介していきます。


「いつも誘惑に負けてしまう……」

「ダイエットをしているのにケーキを食べてしまった」
「取りたい資格があるのに、コツコツ勉強をするのが苦手で3日坊主で終わってしまった」

上記のような感情や欲望は誰しもが持つものです。これらをうまく抑えることができれば、計画通りに物事が進んでいるはずなのに、なぜかいつも我慢できなくて失敗してしまう。大人とはいえど、欲望や誘惑には勝てないことも多々あります。

そこで鍛えたいのが“セルフコントロール”です。自分の感情やメンタルをある程度自分でコントロールすること。これができるようになると、快適に物事が進みやすくなるだけでなく、ストレスを溜めにくくする効果もあります。セルフコントロールをうまくこなすためには、どうすれば良いのでしょうか?

ポジティブ思考になる

ネガティブな気分の人よりも、ポジティブな人の方が自分を向上させる目標を受け入れて、セルフコントロールできると言われています。しかもポジティブな気分の人は、その目標を達成することで、さらにセルフコントロールを高めることができるのです。

いつもセルフコントロールができないという人は自己評価の低さ、つまりネガティブな発想になりやすい人に多い傾向があり、何かにチャレンジしようとしても「どうせできない」と考えてしまい、すぐにだらけたり、諦めたりしてしまいます。

自己評価を高めるには、小さな成功を繰り返したり、自分で自分を褒める回数を増やすことが大切です。好きなことに熱中しポジティブな気分に自分を誘導することで小さな成功体験を積んでセルフコントロールを高めていくのも一つの手です。

「できない」ではなく「しない」と考える

セルフコントロールの課題を必ず「しない」と考えるようにしましょう。「お菓子が食べられない」ではなく「食べない」のであり、資格の勉強の邪魔になるテレビ番組も「みられない」ではなく「みない」と考えるのです。

いつも誘惑に負けてしまい「できない」と思ってしまう時、それは本当にできないことなのでしょうか?
使う言葉によって、その後の行動に影響を与えるので「できない」と言うたびに、脳では「自分の限界を思い出させる」フィードバック回路が作られていきます。この言葉は、自分の欲求とは逆のことを無理やりしようとしている状況を表すものです。それに対して「しない」と言う時には、「その状況における支配力や決定権を自分が握っていることを思い出させる」フィードバック回路が構築されます。

言葉一つで、悪い習慣を打ち破り良い習慣を身につける方向へ自らを導くパワーがあるので言葉はきちんと使い分けるようにしましょう。

誘惑を近くに置かない

あらかじめ生活の中に誘惑となるものを置かないことも大切です。欲は、一度湧いてしまうと抑えるのが至難の技。我慢しなきゃとそこに生まれる葛藤によってストレスが溜まり、挫折してしまうこともよくあります。

目標達成の妨げとなる誘惑は、出来る限り家の中に置かないようにすることや、買わないようにするといった目に入らないように処置をしておきましょう。

大人になってからでもセルフコントロールはできる!

セルフコントロールができている人は、子どもの頃の育て方や学力が良かったからだと思いがちですが、その人が優れているというよりも誘惑に負けない思考や環境が作られているのからこそ。それは大人になった今でも鍛えることができるのです。

セルフコントロールができていると心身の調子がよくなり、毎日の生活がよりイキイキとしたものになります。ぜひ身に着けて、行動や意識を変えて目標に向かって進めていきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

最近、頭が冴えていない? 脳を活性化させる4つのポイント

ビジネスでは脳のパフォーマンスが大事。脳が活性化できていないと頭が働かず良い考えが出てきません。冴えた脳にするための4つのポイントをご紹介します。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ムダを省くと効率が上がる! 「伝わる」資料の作りかた

ビジネスにおいて物事を伝える為に欠かせない資料作り。慣れていないと、どのようにすれば良いのかわからず手間を取ってしまいます。時間をかけるべきポイントと余分な部分を理解して、"伝わる資料"を作っていきましょう。


 【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

【仕事と生活を変える小さなライフハック】ビジネス書類は1から作らないがマストルール

ビジネスで使う書類を、自分で1から作っていると相当な時間がかかってしまいます。また必要な項目に漏れがあることに後から気付いてガッカリ! なんてことも。時間を短縮するためにも、クオリティの高い書類を作成するためにも、賢い選択肢で。


挑戦することを避けてない? チャレンジすることによって得られる4つのこと

挑戦することを避けてない? チャレンジすることによって得られる4つのこと

新しい仕事を任された時や、気になる資格があった場合など……何かにチャレンジするときには覚悟が勇気が必要になります。それを、「厄介なことになっても困る」とリスクを避けたいがために現状維持してばかりいませんか? 今回は、挑戦することによって得られることについて紹介していきます。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング