キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

転職をしようと思っていても、いざ活動を始めるためにどうすれば良いかわからないという人もいらっしゃることでしょう。転職エージェントに相談をしたい、と思っていても転職業界もビジネスであることに変わりありません。信じられる相手なのか、それとも…と疑ってしまうことも。今回は転職エージェントの選び方について紹介していきます。


おはようございます。キャリアアドバイザーAです。

Cinqの読者の皆様の職場では、インフルエンザ等は流行していませんか?
「無理して、多少の熱があっても働く私」が美徳だった時代もありましたが、病院に行かずに知らないうちにインフルエンザをまき散らしていた…なんて最悪です。体調管理も仕事の一部。うがい・手洗いという基礎からもう一度見直し、無理をせずに休む時は休んで体調を整えましょう!

転職エージェントの見極め方

さて、今回のテーマは、ずばり「転職活動のパートナー、転職エージェントとの選び方」です。

このコラムではたびたび「【丸腰=何も準備せず無防備な状態で】で転職サービスに頼る危険性」について繰り返しお伝えしてきました。中には「転職エージェントにコントロールされるのは面倒だから、やっぱり転職活動は自力でやるべきだな」と思ってしまった方もいらっしゃると思います。

高校受験や大学受験のための勉強を思い出してください。独学オンリーで合格された方も、大手予備校に通われた方も、地元の小さな塾で勉強された方もいると思います。
転職もそれと似ています。「東大合格人数●名!」という塾は、東大に合格するためのノウハウを蓄積していますし、医学部を目指すなら「医学部特化」の予備校に通ったほうが、医学部に受かるためのメソッドを教えて貰えます。

転職も、「自力でコツコツ、ペースもコントロールしながらやれる」自信がある方は自力で頑張ってみても良いし、「やっぱりエージェントを使ったほうが良さそう」と思うのならエージェントに登録に行ってみたほうが良い。特に、現職中で忙しい方は転職エージェントを「賢く」使ったほうが効率的です。予備校に通うことで、実力に合った学校を知ることができ、独学よりも効率良く合格を手に入れることができるのと同じです。

ただ、転職エージェントはとても数が多く、選びにくいですよね。
CMや中吊り広告をバンバン打ち出している大手が良いのか、中小のエージェントが良いのか。どんなところで見極めるのが良いでしょうか。

スカウトメールの文面で判断する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リクナビやマイナビ、en転職等の転職支援サイトに登録すると、エージェントから「スカウトメール」「オファーメール」が届きます。この「スカウトメール」で転職エージェントのある程度の「質」やそのエージェントとの「相性」が判断できると思います。

きちんと書かれたスカウトメールには、送信してきた転職エージェントの転職者支援の姿勢や考え方が表れます。おおまかに3つのポイントをチェックしてください。

●あなたの経歴をきちんと読み込んでくれているか。
●なぜあなたが転職しようとしているか掴んでいるか。もしくは掴もうとしているか
●具体的な案件の提案がある場合、なぜそれを提案するのか意思が書かれているか

あなたに届いたそのスカウトメール、誰にでもあてはまるような、定型文のようなスカウトメールではありませんか?ということです。
提案がある場合、最初から「ドンピシャ」な案件ではなかったとしても、それはエージェントがかなり限られた転職支援サイト内の情報から類推しての提案ですので、上記3点がしっかり書かれてあれば、面談することによってそのぼんやりした「ピント」は合ってくる可能性が高いです。

「ズレた提案だからこの転職エージェントは優秀じゃないかも」と判断するのは早計ですよ。

転職エージェントのホームページをよく読んでみる

スカウトメールには転職エージェントのホームページも紹介されているので、そのページから受ける印象からも判断しましょう。
大規模な総合型エージェントなのか、中小の「業界特化型」なのか、外資系に強いエージェントなのか…ホームページにはその転職エージェントの「転職支援に対する考え方」がきちんと表現されているはずです。
どのような業界に強みを持っているのか、転職支援上工夫していることは何か、どんなポリシーを持っているのか、どのような実績を持っているのか(合格企業一覧等を掲載している会社もあります。)
所属している担当者の顔写真を掲載している会社も増えました。20代のフレッシュで活動的な転職エージェントが対応してくれるのか、堅実で安心感の持てる担当者のいる会社なのか。相性は意外なところで決まったりするものなので、しっかり確認しましょう。

面談は、その転職エージェントのオフィスにしっかり足を運びましょう

次に、転職エージェントとの面談です。「外で気軽にお茶でもしながら話しましょう」というエージェントや、SkypeやZoom、電話面談等を選択する方も増えてきましたが、私はやはり「実際に転職エージェントのオフィスに足を運ぶ」ことを強くおすすめしたいと思います。

理由は3つです。

外部では、誰が会話を聞いているか分からない

「あるホテルのロビーで面談した時に、すぐ近くで偶然、前回の転職でお世話になった転職エージェントが同じように面談していて、年収等のセンシティブな話がちらちら聞こえてきた。自分も人からそう見えていたんだ…と気付いて急に怖くなった」という体験談を話してくれた方がいました。
そうなんです。転職の面談は年収やこれまでの経歴だけでなく、場合によってはご家庭の事情や悩み等、本当に個人的なお話を深くする必要があるのです。

「時間がないので、お昼休みにうちの会社のオフィスの近くの喫茶店に来てほしい」と希望する転職者もいましたが、同じ会社の誰かがその喫茶店でランチしていて、話を聞かれてしまうというリスクを考えたのでしょうか?オフィスから離れた場所のほうが良いと提案しましたが、あまり落ち着いて話もできず、せっかく外出して面談したのに満足な情報が得られなかった苦い経験があります。

電話やSkype,Zoomは表情が見えづらい/通信状況により話しづらさも

電話やSkypeはプライベートが守られていますので、外での面談よりは深い話ができますが、相手の表情が見えない、もしくは見えづらい状況では、やはり一歩踏み込んだ面談になりづらい。通り一片のことを聞くだけの面談になりがちです。

電話面談希望者が、明らかに帰宅時に歩きながら話していらっしゃるな。という時など、少し心の距離も感じてしまいます。中には「運転中ですけど大丈夫です!」と仰る方もいましたが、安全運転を心掛けていただきたいので日を改めて貰いました。

訪問しての面談は、転職エージェントを完全に味方につけることができる!

外ではできない話を安心して話せますし、面談内容が深まれば、提案予定だった案件以外の求人票をその場で別に用意してもらえることもあります。

そして何より、転職エージェント人の子。お忙しい中、交通費をかけてわざわざ足を運んできて下さった転職者は、より頑張って支援しようという気持ちになるものです。信頼関係を築きやすく、転職エージェントを味方につけることができること。これが最大の「対面面談」のメリットだと思います。

実際に面談してみれば、どの転職エージェントとのお付き合いにすればよいかは大体把握できると思います。
ここで、複数エージェントを使ったほうが良いのか、1つだけで良いか。という問題があります。理想は相性の良いエージェント1つに絞ることだと個人的には思いますが、先述した「大手総合型=百貨店型エージェント」でたくさんの情報を収集し、「中小特化型=ブティック型エージェント」で自分の望む業界に本当に詳しい転職エージェントのアドバイスを受ける。という使い方をしている方が多かったように感じました。ぜひ、参考にしてみてください。


それでは、またお会いしましょう!
キャリアアドバイザーA

相談フォーム

Cinq(サンク)では、キャリア、恋愛、美容などについてのお悩みに専門家が答えるためのフォームを設置しています。
※フォームで受け付けた内容は、記事内で返答をつけて公開・または記入いただいたメールアドレスへご連絡させていただきます。お悩みがある方や質問がある方はお気軽にご入力ください。

相談フォーム

この記事のライター

関連するキーワード


転職 キャリアアドバイザー

関連する投稿


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

自分の会社の業績についてチェックしたことはありますか? 今の会社や転職先の企業には、リストラや倒産の可能性がないか知っておくことはとても大事です。今回は最低限知っておきたい、決算書の読み方について紹介します。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

前回、黒字リストラについての記事を紹介しましたが、今回は長く続けられる仕事を見つけるために、「AIに代替されにくいスキル」を紹介します。


最新の投稿


婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

恋活・婚活・妊活、現代女性は公私共に求められるものが多いですね。だからといって何事にも焦りは禁物。ご自身の婚活に迷いが生じた時こそぜひ考えて欲しい、自分にあったパートナー選びのコツをご紹介します。


心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

「小さなことでケンカしてしまう」「マンネリしてしまってドキドキも変化もない」結婚生活というものはなかなかうまくいかない場合があります。そこで今回は結婚生活がうまくいく方法について紹介。心理学できちんと証明された実験を通して、あなたの結婚生活の満足度を高めます。


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


RANKING


>>総合人気ランキング