7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

7時間寝るのは最低ライン?! 働く人ほど睡眠時間を確保しなければならない理由

規則正しい生活を送ることは、健康を維持するための基本。ですが、皆さんは毎日のスケジュールの中から何時間を睡眠にあてていますか? 実は日本人の睡眠時間は世界と比べてもとても短いのです。今回は仕事を頑張る人ほど眠活をするべき理由について紹介します。


5人に1人は「不眠症」と呼ばれる現状

不眠症は国民病だともいわれています。
日本人を対象にした調査がいくつもありますが、厚生労働省が発表した調査では今や「5人に1人が不眠症」であるということがわかります。不眠症といっても、寝つきが悪い人や、中途覚醒してしまう人、早朝に目が覚めてしまう人、寝たはずなのに疲れが取れないと悩む人など、人それぞれの不眠の形がありますが、それ以前に私たちの睡眠時間について知っておきたいことがあるのです。

「睡眠」中に体が行なっていること

皆さんは、自分が眠っている間に、体がどのようなことを行なっているか知っているでしょうか。睡眠をしっかりととるということは、肉体的な回復だけでなく、心の健康にも繋がってきます。

・脳の休息
・体の休息
・精神を安定させる
・記憶を整理して蓄積する

睡眠は記憶を整理して蓄積するため『記憶力』にも深く関わっている、ということもわかっています。これらのメリットをしっかりと理解し、睡眠時間の確保に意識を向けることが大切なのです。

頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

https://cinq.style/articles/2606

皆さんはしっかりと睡眠を取っていますか? 普段、「仕事が終わらないから」睡眠時間を削っている方は注意が必要かもしれません。今回は睡眠時間をしっかりと確保することのメリットを紹介していきたいと思います。

日本の平均睡眠時間は、世界と比べてかなり短い

日本は世界と比べても睡眠時間が少ないことで知られています。
2018年に経済協力開発機構(OECD)が発表したデータをみてみると、日本は先進国でもっとも睡眠時間の少ない国だということがわかります。

最も睡眠時間が長い国はアメリカで、平均8時間45分。加盟各国の平均睡眠時間は8時間25分、ワーストワンである日本は7時間22分という数字になっています。
日本では「7時間睡眠」がひとつの基準のように挙げられることもありますが、実はその認識が間違いである可能性もあるのです。「7時間の睡眠じゃ足りない」という人が世界では多数派。ビジネスパーソンこそ、睡眠時間をしっかり確保するべきなのです。

「7時間の睡眠」はあくまで最低ライン

また、睡眠不足は蓄積されると言われています。それが「睡眠負債」。
この言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 一般的に睡眠負債は睡眠時間の6時間を超えると発生されるともいわれていますが、納期間近の仕事があったり、飲み会などの予定が固まるなど、仕事をしていく上で睡眠時間が短くなってしまうことはだれにだってあるでしょう。週末の寝溜めでその負債を解消しているという方も少なくはないはずです。

けれど、ここで理解しておきたいのは、睡眠時間に関しての調査はいくつも発表されていますが、その中で多くの学者が述べる最適な睡眠時間は7〜9時間である、ということです。また、睡眠不足がパフォーマンスの低下に繋がるという論文も数多く報告されています。

6時間睡眠は、体にとってはマイナスな状態。7時間寝るをベースにすることでようやくプラスマイナスゼロの状態に立てた、ということなのです。健康のためには「7時間の睡眠を最低ラインにする」というくらいの強い認識を持っておいて良いでしょう。

勤勉で真面目な性格を仕事にだけ活かすのではなく、体のために「もっと寝る」という真面目さも発揮していきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


眠活 睡眠 疲れ

関連する投稿


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

皆さんは仕事中、どのような体勢で過ごすことが多いですか? 画面を集中して見ている時や、考え事をしている時など、ついやってしまう仕草や行動こそが、体に負担をかけていることもあります。今回は、仕事中に意識しておきたい仕草と行動をご紹介。


自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛が解除になって、仕事に出る日々。だけど今まで家の中で過ごすことが多かっただけに、長距離の移動に疲れを感じてはいませんか? そんな時、サクッと取り入れたいのが滋養強壮効果の期待できるドリンク。それもカフェインなどが入っていないものを活用して、自然と活力が出るものを選んで。


「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

仕事に家事にプライベートに…と、毎日忙しなく動いていると無意識に「疲れた…」という言葉が口から漏れ出てしまうこともあるのではないでしょうか? 疲れが溜まっているなと感じたら、ちょっと立ち止まって今の自分を見つめ直してみませんか。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング