頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

頭がよくなりたい人こそ睡眠にこだわりを! 睡眠時間をとるメリット

皆さんはしっかりと睡眠を取っていますか? 普段、「仕事が終わらないから」睡眠時間を削っている方は注意が必要かもしれません。今回は睡眠時間をしっかりと確保することのメリットを紹介していきたいと思います。


「睡眠」をしっかりとるためのメリットって?

皆さんは眠活(みんかつ)という言葉を聞いたことがありますか?
睡眠の“質”に着目して、寝つきまでの時間や眠りの深さを向上させていこうと行動することを眠活と言います。疲れが溜まってなかなか眠れない……。寝ても寝ても疲れが取れない。そんな「隠れ不眠」の悩みを抱えている人は多いものです。けれど睡眠をしっかりとるということは、睡眠を後回しにしてしまいがちなビジネスパーソンにこそ大事。
今回はまず、睡眠をしっかりとることのメリットをご紹介します。

脳の休息

睡眠をとるということは、脳を休ませるということでもあります。

睡眠には、脳を休ませるための「ノンレム睡眠」、そして記憶を定着させたり修復するための「レム睡眠」があります。私たちは眠っている間に、このノンレム睡眠とレム睡眠を約90分周期で繰り返しています。頭が働きすぎて眠れない、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか? けれど脳は私たちが考えを巡らせている間に、実は膨大なエネルギーを消費しています。睡眠をしっかりととり、脳を休ませることがとても大事なのです。

【睡眠知識】8時間寝ても眠いorダルさが抜けない人はどうすればいい?

https://cinq.style/articles/2581

皆さんは毎朝、スッキリと目覚めることができていますか? 睡眠時間をしっかりとったはずなのに、なぜか起きがけ体がダルい、疲れが取れていない、眠気が一日中取れない…ということがあるのであれば、一度自分の「睡眠」を見直してみてください。

体の休息

疲れには、精神的な疲れともう一つ、肉体的な疲れがありますよね。睡眠不足が続くと、免疫力が下がり消化器系や新陳代謝を低下させてしまうということがわかっています。睡眠不足が肥満を招くという言葉を聞いたことがある方も少なくはないはずです。
睡眠を取っている間にも、私たちの細胞は常に動いて細胞や消化器官などを修復しています。週刊ダイヤモンド 第25号(2017年7月1日発売)では、「高血圧症は全身の動脈硬化を促進し、様々な臓器に障害を与える。脳なら脳卒中を、心臓なら心筋梗塞や狭心症を、腎臓なら腎不全を引き起こしかねない状態になる」とも記載されていました。うつ病、高血圧症、糖尿病、がん、肥満、認知症などさまざまな病気のリスクを引き上げてしまうのが睡眠不足なのです。
疲労をひきづった状態で働くことや、睡眠を後回しにする行為は「睡眠負債」であると表現されています。

精神を安定させる

睡眠には精神を安定させる効果もあります。
不眠や睡眠不足は、体にさまざまな影響を与えます。睡眠不足が続くと、日中の常に眠気を生じるだけでなく、疲れやすさや集中力・注意力の低下、さらにはイライラすることが多くなるなど、日常生活にさまざまな支障をきたします。日中活発になる交感神経と、夜間のリラックス時に働く副交感神経の動きをまとめて自律神経と呼びますが、この自律神経のリズムを整える基盤になるのが睡眠なのです。心にも体にも良い作用があります。

記憶を整理して蓄積する

もうひとつ、決して忘れてはいけないのが「記憶を整理して蓄積する」ということ。際ほど睡眠の種類「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を紹介しましたが、記憶の定着もとても大事です。
いつどこで、どんな経験をしたのかという『エピソード記憶』と、事物の意味や性質を覚える『意味記憶』、そしてそれらを思い出すときに必要になる『索引』という作業を行うのが睡眠中だということを知っているでしょうか。私たちの記憶は、睡眠中に整理されて根付いていくものなのです。

眠る人ほど頭が良くなる

記憶の整理と定着と同じように、睡眠は『記憶力』にも深く関わっています。睡眠不足で仕事をミスしたり抜け漏れが増えるなど、皆さんも経験があるのではないでしょうか?

広島県教育委員会が発表した「平成15年度『基礎・基本』定着状況調査報告書」を見ると、対象となった小学5年生の睡眠時間が長くなるにつれ成績が上がっていることがわかります。8時間以上9時間未満の睡眠時間をとった児童の成績がもっとも良いという結果になっているのです。

つまり普段から勉強や仕事を通して「学び」を取り入れている人ほど睡眠時間が大切になるということです。そして、睡眠の「質」にこだわることも学びを最大限に活かすために必要になるのです。

5人に1人が「不眠症」という現状を打破して

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

厚生労働省が国民に行った調査によると、なんと「5人に1人が不眠症である」という日本。けれど、少ない人口の中で生産性を求められる今こそ、睡眠の見直しが大切なのです。
仕事が終わらないから睡眠を後回しにする。これは勤勉な日本人の性格があるからこそできることではありますが、しっかりと睡眠を取って効率をあげた仕事をすることが今後は求められてくるはずです。

心身の健康のためにも、そして会社や仕事のためにも。しっかりと睡眠を取る生活を選びましょう。

午後の眠気は正常な証⁉︎ 仕事中に眠気が襲ってきた場合の対処法

https://cinq.style/articles/2582

午後、急に眠気が襲ってきてあくびが止まらなくなってしまうことってありますよね。会議もぼーっとしてしまうし、資料作りもままならない。そんな時の対処法貢いて紹介していきます。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


睡眠 眠活 疲れ

関連する投稿


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

健康・美容を保つためには必須! 仕事中に意識しておきたい6つの仕草と行動

皆さんは仕事中、どのような体勢で過ごすことが多いですか? 画面を集中して見ている時や、考え事をしている時など、ついやってしまう仕草や行動こそが、体に負担をかけていることもあります。今回は、仕事中に意識しておきたい仕草と行動をご紹介。


自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛明けで体力消耗…?! 疲れた時にとりたいパワーチャージドリンク

自粛が解除になって、仕事に出る日々。だけど今まで家の中で過ごすことが多かっただけに、長距離の移動に疲れを感じてはいませんか? そんな時、サクッと取り入れたいのが滋養強壮効果の期待できるドリンク。それもカフェインなどが入っていないものを活用して、自然と活力が出るものを選んで。


「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

「はぁ…しんどい」疲れが溜まったら見直したい、3つの“やめたいこと”リスト

仕事に家事にプライベートに…と、毎日忙しなく動いていると無意識に「疲れた…」という言葉が口から漏れ出てしまうこともあるのではないでしょうか? 疲れが溜まっているなと感じたら、ちょっと立ち止まって今の自分を見つめ直してみませんか。


最新の投稿


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

夫婦で過ごすリモートワーク。どちらもが快適に仕事をこなすコツは?

猛威をふるう新型コロナウイルス感染症に、これまでとは違う生活様式。夫婦のどちらもがリモートワークになり、家庭で仕事をしているという方も多いはずです。お互いにみることの少ない仕事中の相手を見ることができるのは新鮮である反面、トラブルも元になることも。そこで今回は、夫婦で過ごすリモートワークでも快適に過ごすコツを紹介。


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング