給与明細、ちゃんと確認してる? 給与明細の見方と必要な知識

給与明細、ちゃんと確認してる? 給与明細の見方と必要な知識

毎月楽しみにしている「お給料」ですが、みなさんは毎月の給与明細をきちんと確認していますか? 今回は給与明細の味方について、構成や見るべきポイントをわかりやすく解説していきます。ぜひ自分の給与明細と照らし合わせてみて。


毎月楽しみな、お給料日。銀行口座に給与が振り込まれたことを確認すると、嬉しいですよね。でも振込額ばかりに気を取られていませんか? 毎月の給与明細を、きちんと確認していますか?
今回は、給与明細の見方について、その構成や見るべきポイントを分かりやすく解説します。
給与明細は紙ベースでいただくよりも、会社の人事システムから各自ダウンロードして確認するようになっているところも多いかもしれません。ご自分の給与明細をご用意いただきたいです。

給与明細は3つの項目から構成される

給与明細には大きく3つの項目が記載されています。
・勤怠について
・支給について
・控除について

3つの項目を以下でもう少し、細かく見ていきます。給与明細から読み取れるポイントについてもお伝えしていきます。

勤怠

勤怠は、何日出社したか、欠勤はあるか、早退や遅刻はあったか、残業をしたかなど、当月の勤務状況を記載しています。実績と違いがないかどうかをチェックしましょう。残業申請をした時間数に差異がないか、確認しましょう。

支給

支給には、基本給があり、そのほか通勤手当、住宅手当、資格手当、など会社によって様々な手当があります。すべての手当てを含む基本給を総支給額といいます。

控除

税金と4つの社会保険料が差し引かれます。控除欄では、何がどれだけ支給から差し引かれているのか確認できます。会社員は、先に税金を毎月徴収しています。多く徴収しすぎた場合、年末調整をすることで、返金されます。

社会保険料とは、4つあり、健康保険料厚生年金保険料雇用保険料、40歳以上なら介護保険料が給与からすでに徴収されています。会社によってはユニオン(組合)費や財形制度で天引きされるものは、控除の中に入ってきます。
控除額は総支給額から引かれてしまうので、手取り額が減って損をしたような気になりますが、それは違います。もともと国に納めるべき税金や各種保険料を、会社が計算をして代わりに支払ってくれているのです。私は今、個人事業主ですが、保険料控除なども含めて自分で税金の納付額を計算して、税務署に自分で払っています。けっこうな手間がかかりますが、会社員であれば会社が代行してくれています。

ちなみに、健康保険料や厚生年金保険料は、4月から6月の支払給与をベースに決定します。ですので、この3か月の間は、残業や休日出勤などを減らすと、控除額が少なくなります。そんなに都合よくこの3か月だけ残業なしにすることは、現実的ではないかもしれませんね。ここでは、保険料の決定の仕組みを理解していただければいいなと思います。

所得税・住民税などの税金と保険料など差し引かれるものの合計を総控除額といいます。
手当を含む「総支給額」-「総控除額」=手取り額です。この額が自分の口座に振り込まれます。
この額が可処分所得となります。生活設計の基盤になる大切な給料です。

給与明細は、直近の数年分を保管しておきましょう

金融機関で、ローン契約を組む際に、収入証明として数か月分の給与明細の提示を求められることがあります。見もせずに捨てるなどはもってのほかです。内容を確認してから直近の数年分は保管しておきましょう。

自分の残業時間や休日出勤については、記録を取っておく

これは余談になりますが、残業した際の時間数は、メモでもいいので残しておくとよいでしょう。とある会社の実際にあったことですが、多くの社員が超過労働をしているのではないか、と労働局から指摘を受けたことがありました。労働局から残業代を支払うように言われた会社は、社員に対して、一定の期間にどれほど残業をしたのか残業時間提示を求めました。それは個人の手帳への手書きメモでもよく、その時間分に対して、残業代が遅れて支払われたのです。ただし残業時間のメモを取っていた人だけが支払いの対象でした。このくらいだった、という記憶では、残業をした証拠にならず、申請をしても承認してもらうことはできません。自分の勤務に関しては、残業しないように組み立てる、処理スピードを上げる努力はもちろんですが、時間の自己管理も大切です。

スキルアップの方向性を見つけられるかも

給与明細には手当の欄があります。会社によりますが、資格手当などの支給があるのなら、その取得を目指すのもひとつです。どの資格が該当するのかは、上司や人事に確認をしましょう。その資格は会社にとって有益なものなので、昇給、昇格していくにも役立つでしょう。
会社の業種によって必要なスキルは違います。今、携わっている仕事に直結するものや、得意を磨くものは、自分の将来のためになりますので、レベルアップを目指すのはおすすめです。

まとめ

多くの会社員は、給与をもとに生活を設計しています。給与の中で欲しいものを買い、やりたいことに挑戦できる、というお金を使うことで得られる幸せを享受しています。給料はとても大切です。今さらと言わず、一度自分の給与明細を見てみると良いと思います。

高橋禎美

この記事のライター

ファイナンシャルプランナー(CFP)。女性向け資初心者セミナーや個人相談を開催。カラー診断、スタイリスト。お金とおしゃれで応援。

関連するキーワード


マネー 給与 お金 明細

関連する投稿


女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方

女性の保険の選びかたは非常に難しいものです。そこで今回は、独身期、夫婦2人の時期、ファミリー期という家族構成の変化やライフステージに分けて、必要な保険の種類について紹介します。


「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール

おうち時間が増えた今、お店での買い物を控え、ネットショッピングをする人が急増! 気軽に利用ができるのでついつい買いすぎてしまう人…なんて人もいるかもしれません。買いすぎを防ぐ3つのルールをおさえて無駄遣いをなくしましょう!


お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

お金のプロに聞いた! 特別定額給付金の10万円を使ったかしこい使い方

ひとりにつき10万円が、特別定額給付金として支給されることになりました。皆さんはこの10万円を、どう利用しようと考えていますか? もし、生活費にまわすことなく余裕資金として利用するのなら。これを機に、お金の運用……投資をはじめてみてはいかがでしょうか?


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


あなたはどっち派?「お得」で選びがちな失敗からモノ選びの基準を見直し

あなたはどっち派?「お得」で選びがちな失敗からモノ選びの基準を見直し

つい手にとってしまうのは「お得感」を感じるもの。もちろん高いよりは安い方がいいけれど、何もかもをお得だけで選んでしまうと後悔することになってしまうかも……? 今回は、もの選びの基準をハッキリさせるため、2択の質問をいくつか用意しました。あなたはどちらを選ぶ? ぜひチェックしてみてくださいね。


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング