注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

注意の仕方がわからない! 人に指摘する時のルールって一体?

後輩や部下の仕事ぶりを見ていると、時には注意をしなければならない時がやっています。けれど、効果的かつ人間関係を悪くしない「注意の仕方」がわからない…と悩む人も多いですよね。今回は人に注意する時のルールについて考えていきましょう。


注意の仕方がわかりません…!

後輩や部下の指導係に任命されたら。仕事の流れや手順を教えるだけではなく、仕事ぶりを見て褒めたり、時には注意することも大切になってきます。そこで、先輩として、上司として頭を悩ませがちなのが「注意の仕方がわからない」ということ。部下との関係を悪くしたいわけではないけれど、仕事のパフォーマンスを上げるためには効果的な伝え方を意識する必要もあります。
そこで今回は、人に注意をするときの基本的なルールについて考えていきたいと思います。

ゆとり世代・悟り世代への上手な教え方は?心理学から見た部下の上手な育て方

https://cinq.style/articles/2547

世代間ギャップが話題になることの多い昨今ですが、年齢差のある部下に仕事を教えなければならない時にはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、心理学でみた部下の上手な育て方について考えていきたいと思います。

1対1になって注意する

ミスや注意すべき点を発見した時。
すぐさま駆け寄って指摘したくなってしまうこともありますが、一息ついて別の場所で落ち着いて話すようにしましょう。1対1になれる環境を作ることです。人前で恥をかかせてしまうと、相手の自尊心を傷つけてしまう上に、周囲の雰囲気も険悪化してピリついてしまいます。注意する部下への接し方と同時に、周囲への配慮も忘れないようにご注意を。

頭ごなしに怒らない

1対1で話す環境ができたら、頭ごなしに決めつけて怒るのではなく、どうしてそのような行動をとったのか、まず理由を訪ねてみることです。与えられた仕事をこなす上で、部下なりに何らかの考えがあっての行動である可能性が高いからです。注意の仕方が人それぞれに違っているように、仕事の仕方も人それぞれ。やりやすさ、効率の良さなど自分なりのルールが設けられていることも多いので、必ず頭ごなしに怒るのではなく、理由を訪ねてからにしましょう。

押し付けるのではなく提案する形に持っていく

上記の延長になりますが、自分流の仕事の仕方を相手に押し付けるのは適切ではありません。よりミスが少なく、効率的な方法がある場合は、提案する形で話を持っていきましょう。相手は、自分の仕事を引き継いでいる部下かもしれませんが、部下の行動を全て管理・制限することは違います。部下が自分なりの仕事のこなし方を見つけるための手伝いをする気持ちで注意しましょう。

人格は否定せず、行為にだけを注意する

注意するのは、必ず部下の行為に対してのみです。
相手の人格を否定するようなことはやめましょう。「あなたはこうだから」と部下そのものを主語にするのは避けて、行為にだけ論点を当てることです。人格を否定するのはパワーハラスメントに当たります。指導の意味を理解した上で、注意しましょう。

注意は一度きりに

一度注意をしたら、ネチネチと相手を責めるように引きずるのはやめましょう。部下のミスは上司の責任になるため「ミスをしないで欲しい」と思うのは当然ですが、終えたことを繰り返して責めるのはとても幼稚な行為です。自分の信頼を失う行動より、部下が頼りたいと思えるような先輩・上司になることを目標に、部下を育てていきましょう。

最後は励ましの言葉を使って

注意だけで終わらせるのではなく、最後は友好的に会話を締めましょう。「応援しているから」「いつも頑張ってるのは知っているよ」と相手を肯定してあげることも大切です。部下が、思った通りの行動を取れないこと、希望通りの結果が出ないことを責めても意味がありません。最後は、チームメイトとして、励ましの言葉を。お互いに結果を出し、伸ばしていく方法を探すしかないのです。

指導する側も、指導される側も「伸びる」ことが大切

これまでは自分が教えてもらう側でのびのびとやってきたはずなのに、部下ができたことで急に指導をする側になってしまった……これは社会人経験が増えることで必ずやってくる出来事です。部下のことが気に入らなかったり、イラっとしてしまうこともあるでしょう。けれど、指導するという行為は必ず自分のためにもなります。お互いに成長できる関係が上司と部下なのです。
部下はあなたより後輩の立ち位置に当たりますが、上司の所有物でもなければ、上司が直接の雇い主なわけでもありません。「自分がやられて嫌なことはしない」このシンプルな考えを持っておきましょう。

褒めて育てるor厳しいスパルタ? 部下の成長を促す「オペラント条件付け」

https://cinq.style/articles/2526

人間は、良いことをして褒められると、再度褒められたいがために、良いことを繰り返し行うようになります。この心理傾向を「オペラント条件付け」と呼びますが、この心理を使うことで、部下を上手に指導することができるようになります。部下の成長を促すマネジメント法を学んでいきましょう。

入社してばかりの新人にイライラ。温厚に「指導」を進めるには?

https://cinq.style/articles/2091

イライラしたいわけじゃないのに、入ってきたばっかりの新人をみてなぜかイライラしてしまう……。そう悩んでいる先輩も多いことでしょう。部下に嫌われたい訳じゃない、だから優しく、時には厳しく接したい。なのになぜかイライラが我慢できない……! そんな悩めるマネジメント層に、知っておいてほしいことをまとめました。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

下ネタ発言連発のおじさんにイラッ。上手なセクハラ回避方法って?

「それ、セクハラなんですけど……」 私たち、働く女性に不快感を与えてくるセクハラおじさんはどこに行っても存在します。そんなおじさんたちがセクハラを回避するために覚えた技が「あれ? これってセクハラかなあ?」という一言。自覚がなければOK? そんなことありません。セクハラを上手に回避する方法について考えましょう。


【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

【上司のトリセツ】仕事での性格を4つに分けて円滑なコミュニケーションを

人は自分と似たタイプの人を「話しやすい」と認識し、自分と違う思考や行動をするタイプの人を「苦手」だと判断しがちです。けれど、仕事では「どんな人にでも対応できること」が求められます。相手の思考パターンを知って、それぞれにあった対処法を準備しておきましょう。


建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

建前だらけになってない? 嘘と建前の違い・建前の使い所について

大人になると、ある程度の建前が身につきますよね。建前を使えば、トラブルも起きにくく、その場を切り抜ける手段にもなり、自分にとって都合のいいこともあるでしょう。ですが、建前だけでこれからのキャリアを築くことができるのでしょうか? 本音と建前をうまく使い分けて自分の望む道を目指しましょう。


人に好かれる能力「ライカビリティ」を身に着ける #話題書籍に学ぶ

人に好かれる能力「ライカビリティ」を身に着ける #話題書籍に学ぶ

どんなに優れたスキルを持っていたとしても、最終的にはその人の性格や雰囲気で左右されてしまうもの。人に好かれる能力「ライカビリティ」を身につけて、愛される人になりましょう。


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い⁉︎ こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い⁉︎ こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


最新の投稿


将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

将来の安定を考えるなら…。独身女性のマンション購入はアリ?

先の見通しなんて分からない…だけど、将来を見据えて大事な買い物は今からしておくべき?20代独身女子に沸々と急増している、マンション購入事情についてご紹介!


目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

目指すは健康的なボディ。働く女子におすすめのダイエット法って?

冬は、寒いので外出が減り室内で過ごす時間が多く、ついつい間食をしてしまう機会が多くなる季節。さらには寒くて運動する気が起きず、寝正月で運動不足では?筋トレと食事を意識して健康的なダイエットを今から始めましょう!


「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

「憧れ」を現実化させる♡理想の恋の引き寄せかた

理想の恋を実現させるためには、誰に何と言われようとイメージすることが大切。諦めないで、あともう少し夢を膨らませてみましょう♩


生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

生活習慣を少し変えるだけ! 賢い働き女子5つの節約術

貯金をするのであれば、無理なく楽しく続けたいもの。世の賢い働き女子たちはちょっとずつ生活習慣を変えながらお金を貯めていっています。今回はみんなが行っている節約術を、5つご紹介します。


【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

【メンタルケア】ストレスに弱いあなたが、ストレス耐性をつけていくには

自分自身に負荷をかけている『ストレスの原因』を探ってみれば、ストレスとの上手な付き合い方が見えてくるかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング