入社してばかりの新人にイライラ。温厚に「指導」を進めるには?

入社してばかりの新人にイライラ。温厚に「指導」を進めるには?

イライラしたいわけじゃないのに、入ってきたばっかりの新人をみてなぜかイライラしてしまう……。そう悩んでいる先輩も多いことでしょう。部下に嫌われたい訳じゃない、だから優しく、時には厳しく接したい。なのになぜかイライラが我慢できない……! そんな悩めるマネジメント層に、知っておいてほしいことをまとめました。


厳しくしたいわけじゃないのにイライラしちゃう……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新入社員が入ってきて、これまでとは雰囲気のちがう新鮮さを楽しんでいるのも束の間。いざ、仕事を教えるとなると、なにから教えたらいいかわからず、そして右も左もわからない新人の姿になんとなくイライラしてしまう……! と悩んでいる先輩社員さんも多いのではないでしょうか?
部下に嫌われたいわけでもなければ、イライラしていたいわけでもない。なのになぜかイライラがおさまらない……。そんな悩める先輩社員の方に、「温厚に指導を進めていくための方法」をパターン別に紹介します。

ボソボソ話す上に何が伝えたいのか全くわからなくてイライラしちゃう!

人見知りな新人さんは、大きな声で話すことがなくて基本的にはボソボソ。なにを言ってるのかもよく聞き取れなくて、めちゃくちゃイライラします。泣(26歳/営業職)

声の大きさや通る・通らないは人によって違います。
相手が何かを伝えようとしているのであれば、まずは「しっかり聞く」しかありません。もちろん聞こえづらい場合は「よく聞こえないから、もう少し大きな声で言ってもらっても良い?」と優しく声をかけましょう。威圧的に「もっと大きな声で話して!」と伝えると、なおさら先輩に対して怖いという印象がついてしまい、スムーズに話すことができなくなってしまいます。
まずは聞こうとしている姿勢を相手に表しましょう。そして、上に報告する時は「結論から言うこと」を伝えましょう。報告・連絡・相談が大事だということは理解していても、どのように報告をすれば良いのかを新人社員は知らないのです。「ビジネスシーンでは報告は完結に、結論から話すんだよ」と教えてあげた上で、「じゃあ、あなたの結論は?」と聞いてあげると相手も説教ではなく指導だと捉えてくれます。次第に正しい報告や相談ができるようになっていくでしょう。

集中力がなく、すぐに休んでいるのを見てイライラ!

仕事を頼んでも、すぐ休憩。自分から動こうとしない。気づいたら仲の良いの話しかけて雑談ばかり。先が思いやられる部下がいます……(32歳/管理職)

仕事のペースは人それぞれ。頑張っているフリだけがうまくて、実際にはまったく動いていない社員も中にはいるものです。あまりにも目に余るようであれば注意するしかありませんが、見られているという意識をまず本人に自覚してもらった方が良いでしょう。仕事の進みが遅いと感じたときは、自分からコミュニケーションをとって、仕事の進み具合などを確認・わからないことがないかチェックしていきましょう。
雑談も同じく、本人に注意するしかありません。何度伝えてもきかないようであれば、話相手に、その人の話にはあまり乗らないようにとお願いしておきましょう。

確認不足で何度も同じミスを繰り返しイライラしちゃう!

何度教えても同じところでミスをする人が社内にいます。どうすればわかるようになるのでしょうか?(27歳/事務)

ミスを繰り返してしまうのには、何か原因がある可能性が高いです。どうすればミスをしないかを考えるより先に、業務フローについての見直しが必要かもしれません。わからないことがわからないのが新人です。まずは業務フローがしっかりとわかるようにマニュアルのようなものを作成してあげても良いでしょう。一つずつ見直しをすることをクセづけられるよう、根気よく繰り返していきましょう。

言い訳ばっかりでイライラしちゃう!

自分にミスがあったとしても言い訳をする人にイライラします。自分から謝ることがないので、反省もなく、同じようなことがよく起こります。(接客業/28歳)

部下のミスは上司の責任になります。部下のミスであってもクライアントに対しても謝るのは自分なのです。上記にもあるように、ミスを繰り返してしまうのには理由があります。同じようなミスが起こるのであれば、業務フローを見直すかマニュアルを作って「ルール化」を進めましょう。部下からの謝罪は求めてはいけません。
指導係を任されている自分に責任が全て降りかかってくるため、適切な指導を行うことに力を注力していきましょう。

新人指導で「評価」が決まる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新人の指導は、決して簡単なものではありません。関係性の構築と業務の指導が求められ、さらには自分の仕事もしっかりとこなす必要があります。そして、自分の指導によって会社やチームとしてのパフォーマンスが大きく変わります。こう聞くと「なんと責任の重い仕事だ……」と感じるかもしれません。けれど、そんな責任のある仕事だからこそ、自分の評価も見えやすくなります。管理能力を高める仕事は誰にでもできるものではないからです。新人の仕事は、自分の評価を決めるものでもあるのです。

指導によって自分の仕事が進まない……なんてことも多々あるでしょう。
イライラしない、なんてことはできないかもしれません。けれど、新人にも「悪気があってミスを繰り返しているわけではない」ということを理解しておきましょう。根気と粘りを駆使して、しっかりと適切な指導を。少しずつ、自分の評価もチームワークも向上させていきましょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


遠くから幸せをそっと祈る。大人になって訪れた「友達との別れ」を受け止める方法

遠くから幸せをそっと祈る。大人になって訪れた「友達との別れ」を受け止める方法

「ずっと友達でいようね」と約束したはずなのに……。急に距離を置かれると、なんだか寂しくなってしまいますよね。親しい友達と疎遠になっても、バタバタしないことが大切です。


最新の投稿


信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

信じ続ける強い精神力がほしい。夢や目標が叶うまでのタイムラグの過ごし方

どうすれば夢や目標が叶うまでの日々を楽しく生きられるのか……ゆっくり、一緒に考えてまいりましょう♩


「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

「世界を癒すためには、まず自分自身を癒さなければならないから」ウーマンダイアローグ #23

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、『横浜天然温泉 SPA EAS』の支配人、横目恭子さん。元全日空のCAという経験を活かして、スタッフやお客様に“癒し”を与えている素晴らしい女性です♡


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング