入社してばかりの新人にイライラ。温厚に「指導」を進めるには?

入社してばかりの新人にイライラ。温厚に「指導」を進めるには?

イライラしたいわけじゃないのに、入ってきたばっかりの新人をみてなぜかイライラしてしまう……。そう悩んでいる先輩も多いことでしょう。部下に嫌われたい訳じゃない、だから優しく、時には厳しく接したい。なのになぜかイライラが我慢できない……! そんな悩めるマネジメント層に、知っておいてほしいことをまとめました。


厳しくしたいわけじゃないのにイライラしちゃう……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新入社員が入ってきて、これまでとは雰囲気のちがう新鮮さを楽しんでいるのも束の間。いざ、仕事を教えるとなると、なにから教えたらいいかわからず、そして右も左もわからない新人の姿になんとなくイライラしてしまう……! と悩んでいる先輩社員さんも多いのではないでしょうか?
部下に嫌われたいわけでもなければ、イライラしていたいわけでもない。なのになぜかイライラがおさまらない……。そんな悩める先輩社員の方に、「温厚に指導を進めていくための方法」をパターン別に紹介します。

ボソボソ話す上に何が伝えたいのか全くわからなくてイライラしちゃう!

人見知りな新人さんは、大きな声で話すことがなくて基本的にはボソボソ。なにを言ってるのかもよく聞き取れなくて、めちゃくちゃイライラします。泣(26歳/営業職)

声の大きさや通る・通らないは人によって違います。
相手が何かを伝えようとしているのであれば、まずは「しっかり聞く」しかありません。もちろん聞こえづらい場合は「よく聞こえないから、もう少し大きな声で言ってもらっても良い?」と優しく声をかけましょう。威圧的に「もっと大きな声で話して!」と伝えると、なおさら先輩に対して怖いという印象がついてしまい、スムーズに話すことができなくなってしまいます。
まずは聞こうとしている姿勢を相手に表しましょう。そして、上に報告する時は「結論から言うこと」を伝えましょう。報告・連絡・相談が大事だということは理解していても、どのように報告をすれば良いのかを新人社員は知らないのです。「ビジネスシーンでは報告は完結に、結論から話すんだよ」と教えてあげた上で、「じゃあ、あなたの結論は?」と聞いてあげると相手も説教ではなく指導だと捉えてくれます。次第に正しい報告や相談ができるようになっていくでしょう。

集中力がなく、すぐに休んでいるのを見てイライラ!

仕事を頼んでも、すぐ休憩。自分から動こうとしない。気づいたら仲の良いの話しかけて雑談ばかり。先が思いやられる部下がいます……(32歳/管理職)

仕事のペースは人それぞれ。頑張っているフリだけがうまくて、実際にはまったく動いていない社員も中にはいるものです。あまりにも目に余るようであれば注意するしかありませんが、見られているという意識をまず本人に自覚してもらった方が良いでしょう。仕事の進みが遅いと感じたときは、自分からコミュニケーションをとって、仕事の進み具合などを確認・わからないことがないかチェックしていきましょう。
雑談も同じく、本人に注意するしかありません。何度伝えてもきかないようであれば、話相手に、その人の話にはあまり乗らないようにとお願いしておきましょう。

確認不足で何度も同じミスを繰り返しイライラしちゃう!

何度教えても同じところでミスをする人が社内にいます。どうすればわかるようになるのでしょうか?(27歳/事務)

ミスを繰り返してしまうのには、何か原因がある可能性が高いです。どうすればミスをしないかを考えるより先に、業務フローについての見直しが必要かもしれません。わからないことがわからないのが新人です。まずは業務フローがしっかりとわかるようにマニュアルのようなものを作成してあげても良いでしょう。一つずつ見直しをすることをクセづけられるよう、根気よく繰り返していきましょう。

言い訳ばっかりでイライラしちゃう!

自分にミスがあったとしても言い訳をする人にイライラします。自分から謝ることがないので、反省もなく、同じようなことがよく起こります。(接客業/28歳)

部下のミスは上司の責任になります。部下のミスであってもクライアントに対しても謝るのは自分なのです。上記にもあるように、ミスを繰り返してしまうのには理由があります。同じようなミスが起こるのであれば、業務フローを見直すかマニュアルを作って「ルール化」を進めましょう。部下からの謝罪は求めてはいけません。
指導係を任されている自分に責任が全て降りかかってくるため、適切な指導を行うことに力を注力していきましょう。

新人指導で「評価」が決まる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新人の指導は、決して簡単なものではありません。関係性の構築と業務の指導が求められ、さらには自分の仕事もしっかりとこなす必要があります。そして、自分の指導によって会社やチームとしてのパフォーマンスが大きく変わります。こう聞くと「なんと責任の重い仕事だ……」と感じるかもしれません。けれど、そんな責任のある仕事だからこそ、自分の評価も見えやすくなります。管理能力を高める仕事は誰にでもできるものではないからです。新人の仕事は、自分の評価を決めるものでもあるのです。

指導によって自分の仕事が進まない……なんてことも多々あるでしょう。
イライラしない、なんてことはできないかもしれません。けれど、新人にも「悪気があってミスを繰り返しているわけではない」ということを理解しておきましょう。根気と粘りを駆使して、しっかりと適切な指導を。少しずつ、自分の評価もチームワークも向上させていきましょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観は違って当然。大事なのは、それをどう受け入れあえるか。二人にとってちょうど良い距離感はすべて話し合いで解決できるのです。今回は、価値観の違いを乗り越える話し合いのキホンをご紹介します。


在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか!?

在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか!?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は他の社員は在宅勤務なのに、一人だけ出社させられている女性からの相談です。


「通知が多すぎて面倒くさい…」意外と難しい、グループLINEのお作法

「通知が多すぎて面倒くさい…」意外と難しい、グループLINEのお作法

外出自粛中で積極的に通知がなるグループLINE。でも、実は意外にもモヤっとすることありませんか?今回は、良好な関係を築くためのグループLINEのお作法をご紹介します。


最新の投稿


ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

ついダメ出しばかりしちゃう!デキる女性が恋愛でやりがちなこと

仕事もバリバリこなし、プライベートも充実させることのできるキャリア女性。だけど、できる女性だからこそ恋愛でやってしまいがちな失敗も......。今回はキャリア女性が気をつけたい恋愛でのNG行為についてご紹介いたします。


コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

コロナによる内定取り消し…仕方ない? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は内定を取り消されて、次の職場も見つかっていない…そんな女性から。


4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【CM.com Japan 樋口さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はCM.com Japan 樋⼝綾さんです。


スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

スマホの見過ぎはくすみの原因に…!?血色感アップのための食材と習慣

「おかしいなぁ…スキンケアアイテムには気を遣っているのに肌の調子がよくない」鏡の中の自分の肌を見てこう感じることはないですか?もし、このように感じているならば食事やライフスタイルを見直してみるタイミングかもしれません。


RANKING


>>総合人気ランキング