汚い言葉づかいを直したい! 美しい表現や言葉づかいを習得する方法



大人としての自覚を持ち、綺麗な言葉遣いを知っておくこと

時代に合わせた略語や造語などが、いくつも生まれては消えていく今。その流行に乗ることが正しいことだと勘違いをしてはいませんか? そういった言葉は若者が使うからこそ許されるものの、いい年齢をした大人が使ってしまうとなんだか急に全く別物のように聞こえてしまうこともあります。もちろん、特定のワードだけでなく語尾の使い方や表現方法も。

言葉遣いの汚さは、育ちの悪さと印象が直結してしまいメガティブな印象を与えてしまうこともあります。それを防ぐためには、年相応の話し方や振る舞いを覚えておくしかありません。間違った表現や汚い言葉遣いがクセになってしまっていると、ふとした時に自分のことを「恥ずかしい」と感じてしまうようなシチュエーションに出くわすこともあるかもしれません。今回は汚い言葉遣いをなおすために有効な手段を紹介していきたいと思います。

言葉づかいを綺麗にするためには

本を読む

まずは本を読むことです。漫画やビジネス書など特定のワードが多い文章を読むのではなく、物語を読んでシーンに合わせた感情や比喩など、たくさんの言葉を自分の引き出しに加えていきましょう。今は「ヤバい」という言葉が、どんな意味にも当てはまるというように使われていますが、それでは適切な表現ができず、知性も感じられません。自分の伝えたいことを相手に誤解されないようきちんと伝えるためにも、言葉をたくさん知っておくことです。

口癖をあえて使わないように意識する

普段自分が口癖としている言葉は一体なんでしょうか? 「なるほど」「そうなんですね」「つまりは」「やばい」などたくさんの言葉が思い当たることでしょう。自分がよく使っている言葉は一体なんなのか、わからない人は親しい友人や同僚、家族に確認してみてください。それがわかったら、あえて口癖を使わないよう意識してみましょう。いつも使っている言葉を封じて、違う言葉でどのように場を切り抜けるのか。やってみると、意外とその難しさに気づくものです。

流行語や造語を多用しない

略語や造語など、その時々に流行する言葉は必ずあります。けれど、そんな流行から一度距離を置いて、正しい言葉だけで過ごしてみてはいかがでしょうか。略語や流行語は、意味さえ理解してしまえば使うのも簡単。その気軽さゆえに使用回数が増え、気づいた頃には使うのが当たり前になってしまいます。けれど、そんな流行言葉も冒頭で伝えた通り、若さがあるからこそ許されるもの。大人になると恥ずかしいと思われることもあるので、使用頻度は意識してシーンに合わせて使い分けましょう。

「えーと」、「みたいな」という曖昧な表現は使わない

自分の意見が定まっていない時に使ってしまうのが「えーと」、「みたいな」というような曖昧表現です。これらを使ってばかりいると、自分の意見ですらも本心でないように聞こえてしまい、あなたの信頼が落ちてしまいます。言葉は意思表示でもあるので、きっちりと断定系で話せるように伝え方を変えましょう。それだけで人からの印象が随分と変わります。

沈黙を怖がらない

会話中の沈黙を怖がる人は多いものです。
けれど「何か話さないと」と焦って言葉を考えれば考えるほど、早口になってしまったり、焦ってペラペラとどうでも良い話題をしてしまったりとマイナス印象をつけてしまいます。黙っているのは自分だけではなく、相手も同じ。それを「気まずい」ものだと決めつけて無理に話すのではなく、自然なものとして受け入れましょう。

話す前に一度考える

話の順序が整理できていなかったり、思ったことをそのまま口から発して会話していると間違った表現をしていることがあります。相手が理解できないような言葉や順序、表現を使う前に、一度考えてから口に出すことを覚えることも大切です。特にビジネスシーンなどの改まった場では、使う言葉のひとつひとつが重要になります。「やってしまった」と後悔がないよう、一度整理して考えるよう工夫していきましょう。

喋らない方が良い場合もある

たくさんの人がいる社交の場では、会話しないことが好印象になる場合もあります。自分を主張しすぎず聞き手にまわってみてください。その人物を知るきっかけが生まれます。また、人の会話を聞いて「これは使わない方がいいかも」と言葉を学ぶこともあるかもしれません。自分の会話を客観的に聞くことはできませんが、他人の会話ぶりを聞いて受ける印象を知ることも大切です。間違った言葉遣いをして「下品だ」「乱暴な人だ」と印象付けてしまうよりは、聞き手に回って相手のこと観察している方が、ずっと良いでしょう。

言葉は意識して使う

言葉は意識して使うことが大切です。自分を表現することもできれば、相手を傷つけることもできてしまうものだからです。これまで「話す」ことを意識せずいた人は、自分が一体どんな会話でこれまで人間関係を構築してきたのか、確認してみてください。
きっと緊張している時ほど曖昧表現が増えていたり、余計なことを口走っていたりと気づくことがたくさんあるはずです。一度自分の会話を録音して聞いてみるのもオススメです。

言葉は武器にも、盾にもなる。自分にとってマイナスに働くことがないように、正しい言葉づかいを身につけていきましょう。