フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

組織に縛られず、自分の力で生きていきたい。フリーランスという働き方に憧れる人は多いものです。けれど、そうしてフリーになった人の中には「フリーランスから会社員に戻りたい」と希望される人も多くいらっしゃいます。今回は、キャリアアドバイザーが「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察。フリーランスのリスクを伝えます。


Cinq読者の皆さま、おはようございます。キャリアアドバイザーAです。

皆様、今朝のご機嫌はいかがですか?
以前「冬になると体調不良が続きキレ気味になる」という上司に仕えたことがありました。ご自身でも自覚されていて、「この季節は、いつも調子が悪いんだよね」と仰っていましたが、体調を崩すだけでなく常にご機嫌斜め……。最初はどこに地雷があるのか戸惑いましたが、2~3年経つと慣れてくるもので、「あー、今年も“WinterBlue”の季節かぁ」と思うようになりました。
今だから白状しますが、彼が「体調不良でお休み」と聞くと(いけないことですが)ホッとしてしまう自分もいました。このコラムをお読みの方の中にも、「WinterBlue」の自覚症状のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。
一説によると、冬は「日照時間が短くなり、脳内のセロトニンの代謝回転(ターンオーバー)速度が落ちる」ためにうつ傾向になる方が一定数いらっしゃるのだそうです。
意識的に太陽の光を浴び、食べ物に気を付ける(セロトニンのもとになる魚や肉・大豆製品等タンパク質を摂取する)ことで、症状が和らぐそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

「フリーランスになる」その前に知っておきたいこと

さて、今まさに転職活動中の方も、これから転職活動をはじめようと考えている方にも有用な情報をお伝えしていこうと考え、お送りしているこのコラムですが、今回は「特定組織に所属せず、独立しフリーランスとして働く」ことについて考察していきたいと思います。

昔の人は言いました。「すまじきものは宮仕え」と。
宮中に出仕(会社に所属)すること、人に仕えるということは、自由を束縛されたりしきたりが多かったりと、何かと苦労が多いものだから、するべきではないという意味です。
面倒な転職活動なんかするよりも、自分で自由に好きなことをやって生活していきたい! もっと自分の思う働き方で、より自分らしく生きていきたい! 「フリーランスで生きていきたい」という考え。誰でも一度はお持ちになったことがあるのではないでしょうか。

人間の歴史と比べると、「会社員として働く」のは比較的新しい働き方である

「決まった時間に出社して、決まった時間まで働く」という働き方が一般化したのは、実はそう古くからのことではなく、明治維新以降の150年程度だといわれています。

「会社員として働く」という働き方は、人間の長い歴史からしてみたら、ごくごく直近だけの働き方なのです。
モノづくりで戦後復興・高度成長期を経験し、強烈な成功体験を積んできている日本は、「全員が決まったところに出社し、決まった時間に退社する」という文化から抜け出せてはいません。工場の生産ラインを支える人たちがバラバラに出社したり、各々好きなことだけをしているようでは効率が悪く、良い製品を安定的に生産することは難しいですからね。
IT化が進み、国がすすめる働き方改革によって、従来に比較すれば柔軟な働き方ができるようになってきたとはいえ、依然として「東証一部の●●社が副業を認めるようになった!」というようなことがニュースになるような現状です。今夏行われる東京オリンピック期間中、渋滞を考慮して早々に社員にリモートワークを指示する企業も出てきていますが、それもまだ一部に限られた動きです。

フリーランスになる前に注意しておきたいことは?

所属企業で一定の評価を得て、「●●社の▲▲さんだからではなく、▲▲さんとだからこそ仕事がしたい」というお褒めの言葉をうけたりする人の中には、「独立してもやっていけるんじゃないか」「フリーで働いたほうが自分らしいかも!」と、フリーランスとして活動していく選択をする方が出てきます。
「会社員生活が嫌」というような後ろ向きな理由だけでフリーランスとして独立する人より、きちんと実力があって「会社」という枠組みから飛び出していく人たちのほうが実際は多い印象です。

ですが、この時、注意しておいていただきたいことがあります。

それは、「フリーランスに転じた人のほとんどが、また会社員に戻ろうとする」ことと、「いざ会社員に戻ろうとしたときに、書類選考上かなりハードルが上がる」ということです。

「窮屈な会社員生活から、晴れてフリーランスになったのに、わざわざ会社員に戻ろうとするなんてこと、考える必要ある?」と思われる方も多いと思いますが、実際、フリーランス・自営業を経て何らかの行き詰まりを感じ、「会社員に戻りたい」と相談に来られる方は多いです。そしてそのほとんどの方が「面接にすら呼んで貰えない」という事実が厳然としてあります。

フリーランスを経験した人が「会社員」に戻ろうとする理由

なぜ、フリーランスから会社員に戻ろうとするのでしょうか。
面談でお聞きした中で、多かった理由を挙げてみます。

金銭面の不安

20代~30代前半の体力がある時期は、多少の体調不良であっても無理が効いていて問題なかったものの、加齢とともに体力が落ちてしまう。仕事を休めばアウトプット量が減り、それが即収入減に直結する。当然、有給休暇もありませんし、失業給付もありません。
そんな環境に不安を感じ、会社員に戻りたいと仰る方は多かったです。

「会社員である」ことの社会的信用の価値に気付く

男性に多くお聞きしたのが「結婚を考えているが、相手のご両親からフリーランスではなく正社員になってから。と言われてしまった」というものです。
「娘の受験のため、社員に戻りたい」というお父さんもいました。収入面の安定を図るということだけでなく、入学願書に会社名を記載したほうが、体裁が良いというものです。(直接的な合否にそれが直結するものなのか、私は経験がないのでわからないのですが…)
また、不動産購入等を考える時、キャッシュで購入可能な方は少ないでしょう。通常、金融機関への借り入れを検討しますが、フリーランスでは断られるケースが多い。結果として「やはり会社員に戻りたい」と相談に来られるというパターンもありました。

フリーランスの方が転職活動で面接に来た時の、企業の反応は?

一方、企業側がフリーランスからの転職者の採用に慎重になる傾向は顕著です。特に、いわゆる一般的に「良い会社」と認識されている企業ほど、フリーランス期間があったという理由だけで書類選考NGのところが多いです。代表的な理由を挙げてみましょう。

組織適性が低い(と考えられがち)

フリーランスとして働く最大の魅力は、「自分の得意なこと・好きなことで生計を立てていくことができること」です。自分の好きなこと・やりたいことを突き詰めていけることで生きていけるのは幸せなこと。一種の理想でしょう。
一方、会社員は、会社の目標達成のためには、時にやりたくない仕事もしなければならないことがある。と自覚しています。いろいろなしがらみを乗り越え、会社の期待に応えようと思考する人材と、自分の希望することだけを突き詰めたい人材。ここに大きなギャップが生じます。
フリーランス生活が長い人ほど、「会社・組織・周囲の期待に応える働き方」という視点が抜け落ちていく傾向が強くなります。選ぶ仕事も「自分が好きな仕事」「得意な仕事」だけになるため、【主張だけが強い】【妥協できない】人材になりがちです。

スキル不足(特にマネージメント経験の不足)

フリーランスの方はそもそも組織に所属していないので「部下をマネージメントする」という経験を積むことはほぼ不可能です。ですが、企業が求める30代以降のスキルのひとつに挙げられるのも「マネージメント経験」です。これは、単に後輩の面倒を見てきた、プロジェクトの進捗管理をしてきた、などというものではなく、指導・育成・評価・意思決定などをして、どんな成果を出していたのか具体的に語れるものだけが評価されます。

市場価値は年齢によってどう変化する? 20代と30代以降の転職活動の違い

https://cinq.style/articles/2566

転職をするとなると、自分の年齢とスキルの棚卸しが必要になります。けれど、実際に、20代と30代の転職には何が変わってくるのかを考えたことがありますか? 企業が30代の転職を捉えているか。人材紹介の仕組みを交えながら説明していきます。

真顔で「フリーランスとして、出勤時間・退社時間の縛りがない中でも、きちんとセルフマネジメントをしてきた経験は評価してもらえないのでしょうか?」と仰った方がいましたが、会社員が「出勤時間・退社時間をきちんと守っていた」からと言ってそれが企業へのアピールになるでしょうか?それを考えていただきたいのです。
このように、若いうちと同じ感覚で30代以降を過ごしてしまうと、気付いた時にはマネージャーとしての実務経験を求められる年齢となっていて、いざ「正社員になりたいです」と応募しても、でもマネージャー経験がないよね、不採用。という判断になってしまいます。

一般常識の欠落(があると考えられがち)

フリーランスの期間が長かった(そして、残念ながら結果が出ていなかった)方が、下記のような社会人としての最低限のマナーが欠落している傾向が強かったのも残念ながら事実です。

例えば、
・面談に遅れてくる時に連絡しない
・無断でキャンセルする(しかも謝罪なし)
・名刺を座ったまま受け取る
・香水のつけすぎ
・コートを着たまま座っている
・最初からタメ口で話す
・よれよれのスーツに薄汚れたシャツ
・なぜか高圧的な態度を取り続ける、などです。

企業に所属していると、基本的なビジネスマナーやコミュニケーションの仕方を教えて貰えたり、研修が受けられたり、上下関係に揉まれて学習したりできますが、フリーランスの方は教育を受ける機会がほとんどないため、会社員としての振る舞いが学生時代のものからバージョンアップされていない方もいるのです。
「お会いしてみましたが、年齢の割にお若い印象でした」と不採用になった方がいらっしゃいました。この場合の「若い」は誉め言葉ではありません。幼稚で社員として採用する価値なしということです。

フリーランスで働く皆さんがすべてこのような方たちではないことは、もちろん採用側も認識しています。ですが、こういった傾向の強い転職者の出現率が高いことも事実。
採用不可な人材との面接=時間の無駄になるリスクをおかしてまで面接を組もうとする=書類選考を通過させる ということが少ないことはお分かりいただけたでしょうか。

次回は、「それでも、フリーランスという働き方を選択するために気を付けたいこと」です。

では、またお目にかかりましょう!
キャリアアドバイザーA

相談フォーム

Cinq(サンク)では、キャリア、恋愛、美容などについてのお悩みに専門家が答えるためのフォームを設置しています。
※フォームで受け付けた内容は、記事内で返答をつけて公開・または記入いただいたメールアドレスへご連絡させていただきます。お悩みがある方や質問がある方はお気軽にご入力ください。

相談フォーム

この記事のライター

関連する投稿


職務経歴書の書き方をおさらい! 注意点とよくあるNG例を紹介

職務経歴書の書き方をおさらい! 注意点とよくあるNG例を紹介

転職活動の際に必要になり「職務経歴書」。決められたフォーマットがないフリースタイルの書類のため、特にはじめて作成する場合は、何から手を付けたらよいか悩む人も多いのではないでしょうか? 今回はキャリアアドバイザーがチェックしてきたNG例と合わせてご紹介。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

自分の会社の業績についてチェックしたことはありますか? 今の会社や転職先の企業には、リストラや倒産の可能性がないか知っておくことはとても大事です。今回は最低限知っておきたい、決算書の読み方について紹介します。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


最新の投稿


引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

恋の終わりを感じたら...。潔く身を引くべき?それともすがり続ければいつかは...?恋のピリオドを打つタイミングについてご紹介します。


え、簡単! テレワーク中のさまざまな誘惑は、「青」が解決してくれる?!

え、簡単! テレワーク中のさまざまな誘惑は、「青」が解決してくれる?!

テレワークが続き、家の中にいることが多くなると、さほどストレスを感じていないように思いながらも、なんだか勝手にイライラしてしまったり、集中できなくなったり……なんてことってありませんか? そんな時の対処法をご紹介します。


現状の支出を把握してライフプランを叶える! 確実な貯蓄計画化シート

現状の支出を把握してライフプランを叶える! 確実な貯蓄計画化シート

仕事でもらえる給与については理解していても、固定費や変動費などの支出を明確化できていない人は多いのではないでしょうか? 今回は、今の家計を見える化して、確実に貯蓄ができるライフプランをつくるための方法を紹介。


副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業をはじめてみたのはいいけれど…。副業に向いてる人・向いてない人の性格

副業を解禁する企業が増えたこと、そしてリモートワークを導入する会社が増えたこと、さらには経済的ダメージも話題になる今だからこそ副業に興味を持っている人も多いのでは? 今回は、副業に向いている人と向いていない人の性格について考えていきたいと思います。


【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

【ワンフレーズ英会話 vol.4】学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、学校で習ったけど実はあまり使われていない英語表現です。


RANKING


>>総合人気ランキング