イラっ!ムカっ!彼と喧嘩をしても不安定にならないコツ



彼と喧嘩をすると情緒不安定に!?

彼と喧嘩をすれば、このまま別れるのではないかという思いでいっぱいになるでしょう。
勝手に別れを想像して、つい感情的な態度をとっていませんか?

きっと今は、彼も一人でゆっくり考えたい時期なのでしょう。自分が苦しい思いをしてまで追いかける必要はナシ!そこで今回は、彼と喧嘩をしても不安定にならないコツをご紹介いたします。

今まで通りのペースを崩さない

喧嘩をしても、安定的な生活を送るためには、とにかく気にしない。そして今まで通りのペースを崩さないことが基本です。たとえば、彼と大喧嘩をしてたくさん泣いても、翌日に仕事があるなら、夜遅くまで泣かない。目が腫れたまま会社に行けば、みなさんから「どうしたの?」と言われてしまいます。

もちろん、あまりのつらさに会社をずっとお休みするのも、社会人的には、よろしくありません。彼と喧嘩をしても、仕事には行き、習い事もすべて通い切ったうえで、ゆっくりする時間をとりましょう。

ルーティンを味方に

どんな状況になろうとも、安定的に過ごすためには、数々のルーティンを設定しておくといいかもしれません。たとえば、朝起きたら、顔を洗う→歯を磨く→お水を一杯飲む→瞑想をする→朝ご飯を食べる、など、基本的な流れをすべて決めておくのです。

すべて自分の中でルール化しておくことで、たとえ彼と大喧嘩をしても、日々の習慣を繰り返していくだけで、不安定な状況にならずに済むのです。同じことを繰り返すことで、乱れた心も元に戻っていくでしょう。

どんな状況になろうとも、安定的に過ごすためには、数々のルーティンを設定しておくといいかもしれません。たとえば、朝起きたら、顔を洗う→歯を磨く→お水を一杯飲む→瞑想をする→朝ご飯を食べる、など、基本的な流れをすべて決めておくのです。

すべて自分の中でルール化しておくことで、たとえ彼と大喧嘩をしても、日々の習慣を繰り返していくだけで、不安定な状況にならずに済むのです。同じことを繰り返すことで、乱れた心も元に戻っていくでしょう。

自分からは連絡をとらない

彼と大喧嘩をした後は、しばらく冷却期間が必要です。今はどんなに「ごめんなさい」と謝っても、それは彼の心に響くことはありません。時間を置いてみないと、相手がなぜあのときにあんなことを言ったのかも分からないものです。

自分からは連絡をとらずに、彼から連絡が来るのを待ちましょう。待っている間は、返信の催促も禁止です。そのうち、相手からなにかしらのアクションを起こしてきます♡

喧嘩したぐらいで、不安定にならないで!

いかがでしたか?

彼と喧嘩をして不安定になるのは、喧嘩=別れると決めつけているから。そして彼のことが本当に大好きだからでしょう。

しかし、一度喧嘩したくらいで別れを突きつけられるくらいなら、元々お互いに別々の方向を向いていたのです。

喧嘩をしても、感情的な態度さえとらなければ、自然と仲直りできるはず♡