遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【MiddleField 松田さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【MiddleField 松田さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はMiddleField 松田 昇⼦さんです。


外出自粛に伴い、急遽テレワークを導入した企業も多いですよね。ですが、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないという人もいるのではないでしょうか?

どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している会社の社員さんに「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!

今回教えてくれるのは、MiddleField株式会社 広報の松田 昇⼦さん。

新型コロナウイルス対策として、現在は全社員⾃宅でフルリモート勤務を⾏っています。
これまでは満員電⾞を避けるため、就業時間は11時〜20時に定められていましたが、リモートになったことをきっかけに、⽣活リズムを保つため10時〜19時勤務に時間を変更してお仕事をしているようです。
そんな働く環境が変わった松田さんのテレワーク術とは…?

テレワークになってから、毎朝勤務の開始時に社内全員が参加してオンラインの朝会をやるようになったというMiddleField株式会社。朝会では当番制でメンバーが司会を行い、経営陣からのシェアや、当番メンバーからのシェアを行っているといいます。毎朝全員の顔が見えることで安心感があり、また経営陣からのシェアがあることで会社の状況がリアルタイムにわかるのが良い点なのだとか。

テレワークでは仕事の進捗が分かりにくい分、チーム単位でその日のタスクを共有し、進捗管理を行うことが必要だといいます。


「気持ちがダレないよう、チーム内でその日のタスクを共有しています。私がいる広報チームは1人チームなので、マーケティングやHRなど、他の1人チームメンバーを集めたSlackチャンネルを作って共有するようにしています。他メンバーからの目があるので、1日の業務を確実にやりきれます」

また、業務終了時にはSlackチャンネルのメンバーでオンラインの「締め会」を実施して、お互いの顔を見ながら、朝共有したタスクをもとに1日の業務の振り返りを行っているそうです。松田さんの場合、普段は関わりがそれほど多くない他部署のメンバーからフィードバックやアイデアをもらえることもあり、充実した時間になっているのだそう!

テレワークでは自宅がオフィスになるため、仕事環境を整えることが必要です。

そのため、必要なメンバーにはオフィスのディスプレイを会社負担で自宅に届け、自宅環境をサポートしているそうです。 松田さんも会社のディスプレイや、普段から使っているマウスやキーボード、スマホスタンド等を自宅に移動させています。


「オフィスから持ってきたもの以外にも、会社からの在宅勤務手当を活用して、自宅用にオフィスチェアやPCスタンドを購入し、オフィスとなるべく近い状況で仕事ができるよう、環境を整えました。また、私はオフィスの“ざわざわ感”があったほうが仕事が捗るということに気づき、他のメンバーとオンラインを繋ぎっぱなしにして、”ざわざわ感”をあえて演出しながら仕事をすることもあります!」

自宅で1人で仕事をしていると、ついネガティブになったり、寂しい気持ちになったりと…メンタルのコントロールが難しくなります。そこで、松田さんはテンションを上げるために、あえてデスク周りに仕事に関係のないものを置くようにしたのだとか。


「好きな歌手のCDや、お気に入りの本、好きなキャラクターのマスコットなどを置いて、目に入るだけで少しテンションが上がるような環境を作っています。他にも、気持ちを仕事モードに切り替えるために、誰にも会わない日でも濃いめのメイクをしたり、お気に入りの服を着たりしてテンションを上げています」

また、自宅は手が届く範囲にすべてがあって、立ちあがったり歩いたりする機会が少なくなるので、集中力が途切れたり、疲れを感じた時は気分転換も大切です。

仕事合間はお気に入りのアイテムで気分を上げ、休憩中は近所をぐるっと散歩したり、YouTubeを見ながら軽い運動やストレッチをするのが松田さん流の気分転換の方法なのだとか。

松田さんが活⽤しているアイテムは?

・Snap Camera
→好きな背景に設定できるので、自分の部屋を隠したりなどプライバシーを守るのにおすすめです。

・マイク付きヘッドホン
→オンラインでのミーティングは相手の声が聞き取りづらかったり雑音が入ったりするので、快適に会話をするために使用しています。

・Bluetoothスピーカー
→好きな音楽を流して、気分転換をしています。

みんなが実践しているテレワークのヒントを随時更新!

Cinqでは、これからもみんなが実践する「テレワーク術」についてのインタビューを随時更新していく予定です。日々変化する環境を、うまく活かしてさらに輝けるよう頑張っていきましょう! ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


野原産業株式会社 清水千恵美さんの仲間と一緒に仕事をするための5つのルール

野原産業株式会社 清水千恵美さんの仲間と一緒に仕事をするための5つのルール

野原産業株式会社の東京カスタマーセンター副センター長として、通常の業務からメンバーのサポートまで行っている清水 千恵美さん。組織変更などにより見守るメンバーが増えることもありますが、マイルールを確立したことで、上手く回り出したのだそう。そんな彼女の仲間と仕事をする上で意識している5つのルールとは?


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


テレワークになって「残業」が増加。残業が増える要因とは一体?

テレワークになって「残業」が増加。残業が増える要因とは一体?

テレワークをするようになってから、残業が増えた人が急増。さらには休日や深夜に仕事をこっそりする「見えない残業」もしている人も。なぜこのようなことが起きるのか? その要因について考えていきます。


テレワークできない!そんな会社では通勤・社内でどんなコロナ対策をしてる?

テレワークできない!そんな会社では通勤・社内でどんなコロナ対策をしてる?

新型コロナウイルス対策で、テレワークという働き方が主流になりましたが、それでもテレワークができない会社や職種はたくさんあります。そんな会社では、通勤時や社内でどんな対策をしているのでしょうか? 今回はコロナ対策について、働く女性たちに話を伺いました。


テレワーク申請ができるはずなのに却下される…… #これってハラスメントですか?!

テレワーク申請ができるはずなのに却下される…… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。テレワークを認めてもらえない女性からのお悩みです。


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング