コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


Q. コロナの影響で半日休業に…だけど実務が終わらず働いていたら、打刻の修正を求められた!

コロナの影響で半日休業になった社員です。今は国の補償のおかげで給与もまるまるもらえていますが、会社の業績を見ていると、今後に不安しかありません…。

そこで質問です。今現在は半日休業・テレワークで自宅での作業を続けているのですが、実際に実務が時間内(半日中)に終わりません。理由としては、取引先は変わらず全日で稼働しているからです。会社の出退勤は、そのまま素直に打刻しているのですが、先日上司から連絡があり「半日の勤務に修正をして」と言われました。
「なるべく早めに仕事を終わらせるようにしているけど、実務にそれだけの時間がかかっている」と伝えたところ、「時間をかけても売上は特に上がっていないよね。とにかく打刻時間は修正するように」と。

助成金の関係もあるので、打刻に関しての理由は想像もつくものですが、ここでまさか売上のことを言われるとは思っていなかったので驚きました。

今後、テレワークが定着してもこのように売上に対して言われるか? とも思いましたし、それを理由に退職勧奨などがあるのでは? と考えると恐ろしいです。まとまりがなくなってしまいましたが、このように打刻の修正等は問題にならないのでしょうか? また実務が終わらない場合はどうすれば良いのでしょうか。(あさこ/30歳)

A. 打刻修正の必要はなし! パワハラに当てはまるでしょう

あさこさんの状況では、コロナの影響で半日休業状態にあるので、会社で今後安全に勤務ができるのか、会社が傾かないのかが不安だと思います。現に、こういった相談はよくうけています。テレワークですと、なおさらでしょう。

そんな状態で、半日中に終わらない作業の仕事をこなし、「半日の勤務に修正をして」と上司に言われたのであれば、納得はできないでしょう。実際のところでは、半日勤務であったかどうかは、のちにどの程度勤務をしていたかどうかの証拠になるものですから、修正の必要はありません。
「なるべく早めに仕事を終わらせるようにしているけど、実務にそれだけの時間がかかっている」と伝えたところ、「時間をかけても売上は特に上がっていないよね。とにかく打刻時間は修正するように」というのは、実際の労働に対する対価が賃金であることを無視し、仕事に対して成果や結果をもとめる請負契約や業務委託契約のような状況ですから、明確に誤っているといえましょう。

もちろんあさこさんの場合、助成金の関係がある以上、会社側の考えもあるのでしょうが、ご指摘の通り、今後テレワークが一般的となるのは時間の問題でしょうから、打刻の修正はある意味パワハラでしょう。実務が終わらないときは、会社側にその旨申告し、別の形で実労働時間を記録していくことが必要になります。あきらめないでください。

回答者:弁護士 齋藤 健博

自身のLINEIDを公開しており、初回相談はLINEで無料で行うことが可能な弁護士。ハラスメント問題や浮気・不倫問題の解決に定評があり、過去には弁護士ドットコムのランキングトップに名を連ねた経験も。YouTubeではセクハラ時の対応に関する動画なども公開している。多くの被害者の悩みである「セクハラの線引き」や、「残すべき証拠」などを動画で分かりやすく伝えている。
YouTube動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=gd8rwOXDKp0






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


休業 パワハラ 人間関係

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

ずっと一緒なんて嘘!学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法

おばあちゃんになってもよろしくね…って、言っていたはずなのに…。今回は、学生時代の友人と疎遠になる理由・対処法をご紹介いたします。


「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「これって本当に私の仕事?」働く女子への役割になっている不思議な習慣

「本当にこの仕事は女子の仕事なの?」と疑問に思ったことありませんか? 別にやりたくないわけじゃないけど、なぜ私ばかりにお願いするのか、不思議で仕方ないことだってある。職場での女性ならではの不満について考えていきましょう。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング