自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


自粛ムードや遠距離で会えない彼との付き合い方とは?

不要不急の外出を控えるように言われている今はデートもしにくい状況。SNSでお悩みを募集すると、女性たちから「自粛ムードで大好きな彼と会えなくて辛い!」という声がたくさん。その気持ちが痛いほど分かるので、今回はなかなか会えない彼との付き合い方を紹介したい。

というのも私の恋愛は、好きな人も私も多忙でスケジュールが全然合わなかったり、物理的な距離が離れている人を好きになったりしてきたので、今の自粛ムード関係なく、以前からなかなか会えない人と付き合うことが多かった。
だから世の中の女性たちの「大好きな彼と会えなくて辛い!」という気持ちは痛いほど分かるし、辛さと同時に感じる不安や葛藤やもどかしさも同じように経験してきた。
なかなか会えない彼と付き合っていると「別れたら楽になるのかも」と思うこともあるかもしれないけど、せっかく好き同士が付き合えたのだから、別れるなんてもったいない選択をしないで「どうしたら上手く付き合っていけるのか」と考えるようにして欲しい。
特に女性は繋がりを大事にする性質があるので会えない間に寂しさや不安が自分の心を支配してくるけど、それを無くして安心できるような状況をつくることが大切。そこで私が意識して実行したことが3つある。

1つめは、話題の溜め書き。会っていない間、嬉しいことや楽しいことがあるたびにメモ帳に書き、会ったときにそれを話す。「寂しい」ばかり言っていると重い女性に思われるけど、会っていない間も充実した生活を送っていると彼から“自立している女性”に見られるし、自分自身も会えていない間をポジティブに過ごせるようになるのでおすすめ。

2つめは、リアルタイムの共有。なかなか会えない間は「寂しい」「相手が何をしているのか分からない」という気持ちになるので、お互いがリアルタイムで写真を送るようにする。例えば、食事の写真や帰り道の写真など。何気ないものでも目の前の状況をシェアすると離れていても繋がっている感が増し、寂しさや不安を払拭することができる。

3つめは、電話。生物学的にも女性は男性に比べてコミュニケーションを大事にするので、話すことは心の安定に繋がる。文面でのコミュニケーションよりも声を聴ける電話の方が感情を伝えやすくて通じ合っているように感じるし、会話もスムーズにしやすいので自然と話す量も多くなる。1日数分でも電話をすれば心の安定剤になるので、電話は積極的に使いたいツール。

お守りコスメに、ペアリングならぬペアコスメを

今年3月、フランスから日本に初上陸した「Z&MA(ゼットエマ)」の自然派デオドラントアイテム、リフレッシュロールオン。
アルミニウム塩フリー、パラベンやシリコンなど不使用の99%自然由来の成分でつくられているので、敏感肌の人でも汗が気になる部分に直接塗っても安心。
女性向けタイプのデオガールズは、リラックスハーブの香り。男性向けタイプのデオボーイズはウッディオークの香り。どちらも爽やかな香りで嫌な汗のにおいを抑えてくれる。
お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて♡

Z&MA(ゼットエマ) リフレッシュロールオン 各¥1700

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


お守りコスメ 美容 恋愛

関連する投稿


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

「マスカラは絶対に塗らないと」「この色は私には似合わない」。メイクに絶対的なルールを持つ必要はない。むしろ、自分らしさを探すためにもなるべくいろんなアレンジを試してみて欲しい。けれど、絶対的に必要なもの…必ず持っておいて欲しいものがある。それがメイクブラシ。お守りコスメに必要なメイクツールを学んで。


自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

肌が不調だと感じる原因は、自粛期間中に生まれた未来への不安や行動が抑制されることのストレスにあるのでは? 肌と心は密接に繋がっていて、心の状態が肌に顕著にあらわれる。そんな心のダメージを感じたときは、肌のバリア機能を高めて、身も心も癒してくれるアロマ代わりにもなる美容液を取り入れて。


モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

モテたくてやってるソレ…実は逆効果かも! 間違った婚活・モテアクション

「女性は一歩引いて、男性を立てるべき」。このような価値観は、女性の社会的進出が進むと同時に古い考えへと変わりつつあります。そこで今回は、婚活女子にこそ理解しておいてほしい、間違ったモテについてご紹介。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング