何を始めれば良いかわからないとき、変えるべきは「視点」

何を始めれば良いかわからないとき、変えるべきは「視点」

何かにチャレンジしたいけど何を始めれば良いかわからない…。やりたいことは決まっていても、なかなか動き出すことができない…。そんな経験、誰にだってありますよね。 煮詰まったとき、なかなか動きだせないときは、視点を変えることで急に物事がうまく進みはじめることがあります。あなたの視点は、今どこにありますか?


4月といえば新生活の始まり。
環境の変化が著しく、新しいことにチャレンジされる方も多いですよね。

また、新しく何かにチャレンジしたい、何か自分の特技や趣味になることを見つけたい、という方も居るのではないでしょうか?
自分の特技や、やりたいことがハッキリしている人は、行動を起こすだけなので、簡単かもしれません。 だけど、何か始めたいけど、何を始めれば良いのかわからないという悩みこそが、なかなか難しかったりします。

そんなときは「入口ではなく出口を考える」ことが重要に。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「この資格を持っていたら便利そう」「これって何だかおしゃれ」といった、なんとなくのイメージをふくらませて持つのではなく、

「このことをする為には、あの資格を持っていれば活用出来るな」「自分の目指すことに繋げる為には、この行動をしてみよう」といった視点を持つことです。

何を始めればいいのかわからないのに、「出口」を探すことはとても難しく感じてしまいます。 ですが、物事は一度シンプルに考えることによって一転することもあるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

例えば「新しい趣味がほしい」と思っているあなたに質問です。

休日は何をしていますか?

朝、目覚ましのない状態で目が覚める。掃除と、洗濯をする。そしてあまった時間は?

例えば、お散歩に行く人もいるでしょう。
お散歩に行ったら何を見ますか?
空、太陽、気温、風景、匂い。 いろんなものが五感を刺激してきます。そこで気付いたことはなんでしょうか。
次に行きたい場所はどこ?
映画を見た人は、すでに映画が趣味のひとつなのかもしれません。映画を見るときに、何を飲んで、何を食べてどんなジャンルが、自分の目に留まりましたか?

友達とカフェに行った人は、そのお店を選んで何を注文したのでしょう。
どんなことを話しましたか?

そんなひとつひとつの要素が経験となって、あなた自身が出来ています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そんなあなたの日常を切り取って、のばすものが「趣味」になります。あなたの延長線に、自然とあるもの。 もちろん、これから出会うものもあると思います。
それにまだ出会えない間は、まずは自分の延長線にあるものを「趣味」のひとつと置き換えればいいだけ。 無理につくったり、無理に散歩にいく回数を増やす必要はありません。 時々自分が起こす行動、それこそが趣味なのです。

では、今後のスキルアップのために何かを行動したいという人は?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分自身でやりたいことがすでに見えているなら、その目標を達成するために何をすればいいか、を考えればいい。 もし何も見えていないなら、まずは知識の幅を増やすことが大切です。

ディズニーランドに行ったことがある人は「もう1回行きたい」、と思うことがあるがはずです。 だけど、ディズニーランドに行ったことがない人は、その楽しさを知らないので、「別にいかなくてもいいか」 と思ってしまいます。

知識があることが、自分の興味になり、幅をもたらすのです。

やりたいことが見つかっていないのは、きっとまだやりたいと思える出来事がみつかっていないから。

まずは、やりたいこと、すきなことを探して、次はその先を考えればいいだけ。

だれと過ごしていたいか、
どんな仕事をしたいか、
どんな毎日を送りたいか、

一番先にある自分の目標を、
ふわっとしたものでもいいから見つけてみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分の今後をついて考える時間をつくってみたり、本をたくさん読んだり、いろんな人と出会ったり、自分の知識の幅を増やすことで出口は必ず見つかるはず。

今の自分の立ち位置は、視点は、どこにありますか?

その延長線にあるのは出口?
それもまだ見えていないことこそが出口?

出口を見つければ、あとはそれにどうやって向かえばいいか、途中の道すじを立てていけばいいだけ。

方向や道がぼんやりでも、出口が見えたなら進むことしかできません。

入口だけあって、出口がないことよりは、確かな「答え」がそこにはあるのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

充実した日を過ごすために。
あなた自身の未来のために。

いまある時間を有意義に過ごすために、入口ではなく出口を考える時間につかってみましょう。

「したい」を「する」に! 理想をアクションに起こすまで

https://cinq.style/articles/1312

「こんなものがあればいいと思うんだよね」「憧れの人に会いたい」「作りたい」私たちは、想像を膨らませることが多くあります。想像の中から生まれた、理想を実現させる人とさせられない人の違いは、とてもシンプルなもの。それは、実際にアクションを起こすか、起こさないかだけなのです。

この記事のライター

関連するキーワード


新生活 チャレンジ 自分軸

関連する投稿


信念を曲げないって、すごく難しい。「揺らぐ私」の修正方法

信念を曲げないって、すごく難しい。「揺らぐ私」の修正方法

「絶対に夢を叶えてみせる」と毎秒思い続けるのは意外と大変。でも、なかなか前に進めないときも信念も曲げない人が、最終的には理想の境地に達せるはず。今回は、揺らいでしまったときの修正方法についてご紹介します。


継続することで何が起こった? 3人の3ヶ月チャレンジエピソード

継続することで何が起こった? 3人の3ヶ月チャレンジエピソード

始めるのは簡単でも、継続することこそが難しい。今回は継続することが力になると証明してくれた3人のチャレンジエピソードを紹介! 3ヶ月あればこう変わる。ぜひあなたも今日から3ヶ月、まずは継続することから始めてみませんか?


目の輝きが違う!軸がしっかりしている人とブレブレの人の違いって?

目の輝きが違う!軸がしっかりしている人とブレブレの人の違いって?

大人になっても自分軸がフラフラ定まらない人がたくさんいます。今回は、軸がしっかりしている人とブレブレの人の違いについてご紹介します。


自分を好きになる。自己肯定感をアップさせるために必要なこと

自分を好きになる。自己肯定感をアップさせるために必要なこと

自信がないと物事も停滞しがちに…。今回は、自己肯定感をアップさせるために必要なことをご紹介します。


自分軸を貫く!私らしい生き方を確立するまでの4STEP

自分軸を貫く!私らしい生き方を確立するまでの4STEP

いつも自分のやり方を通すって、すごく難しい。批判されたら、後ろへ下がりたくなるもの…。今よりももっと<らしく>生きるためにはどうすればいい?今回は、私らしい生き方を確立するまでの4STEPをご紹介します。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング