「したい」を「する」に! 理想をアクションに起こすまで

「したい」を「する」に! 理想をアクションに起こすまで

「こんなものがあればいいと思うんだよね」「憧れの人に会いたい」「作りたい」私たちは、想像を膨らませることが多くあります。想像の中から生まれた、理想を実現させる人とさせられない人の違いは、とてもシンプルなもの。それは、実際にアクションを起こすか、起こさないかだけなのです。


〇〇したい、は一生叶わない!

「ダイエットをしたい」こんな言葉は、女性に生まれてきたのなら、何度だって口にするだろうし、聞いてもきたはず。旅行に行きたい、起業家になりたい、お金持ちになりたい…。想像には上限がなく、いつだって私たちの理想は膨らんでいくばかり。

だけどそんな理想を、確かに実現させている人たちは居るのです。
もちろん生まれた家柄や血筋など、生まれたときからに違いはありますが、どんなポジションに今自分が居たとしても、焦がれているだけではその夢は叶うはずがありません。努力なしに、理想は叶わない。「したい」と言っているうちには、どんなことも叶わないのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

本当にしたいなら、まずするべきは「行動」

理想を叶えるために、するべきことはとってもシンプルです。それは「したい」という気持ちを実際のアクションに起こすこと。やっていないと、始まらないことってたくさんあるのです。

鍛え上げた想像力を使って、「もしこうなったら~」「失敗したら?」そんなことを考えたって意味がありません。鉄は熱いうちに打てという言葉の通り、思い立ったらすぐに行動できることが必要なのです。

理想をアクションに起こすまで

理想をアクションに起こすための方法はとても簡単。
「思い立ったことを口に出す」ことです。口に出すことで、自分の中の欲求が、より身近なものになります。人と会うときに、理想を口に出しているだけでも、あらゆる機会が生まれるのです。予想外のところから協力者が見つかることもあるかもしれません。実現することを「決めた」ら、あとは実現するまでの道のりを、可視化して、その行動に沿って自分が行動をするだけ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

行動を起こして、無理なら方法を変えればいい。柔軟性があれば、始めた行動が必ずしも無駄になることはありません。「決めた」ら「起こす」、「行動する」。これが癖づいてしまれば、それだけで物事や環境がガラリと変わるし、「したい」というぼんやりとしていた希望もとてもクリアなものになってきます。意識を変えることが、行動を起こすコツなのです。そして、意識を変えるために必要なのが、たくさん口に出して、行動していくこと。自分を行動しないといけない環境に追い込んでしまうのもひとつの手段です。これらは人の特性にもよりますが、追い込まれた方がやる気がでる人と、課題は早めに前倒しにやっておきたい人など、私たちには行動を実行に起こすまでにパターンというものが定着してきます。このような自分の特性を理解しておけば、アクションに起こすことは難しいことではないのです。

人は与えられた肩書き通りの行動を取るようになるって、本当?|MY WORK ヒント#5

https://cinq.style/articles/196

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第5回目は、未経験のことでも、与えられた肩書きによって変化する心理をご紹介してみたいと思います。

アクションを起こすことから、すべては始まる

アクションを起こすことからすべては始まります。ぼんやりとした理想をいくら女子会のネタにしていても、「やりたい」は増え続けるだけで話題がそこから広がることはありません。今は、私たちを支援してくれるような便利なサービスや仕組みがたくさんあるのです。「やる!」と決意したら、知識は後からでもついてきます。

もしこれを読んでくださっているあなたに、実現したい理想があるのであれば、まずはアクションを起こすことから、なにか始めてみませんか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


理想 現実 キャリア

関連する投稿


4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第79回目は、「最近」の期間がどんどん長くなる現象について考えます。


悪口や噂話を聞いてしまった時に、うまく切り抜ける3つのフレーズ|MY WORK ヒント#78

悪口や噂話を聞いてしまった時に、うまく切り抜ける3つのフレーズ|MY WORK ヒント#78

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第78回目は、人に悪口や噂話を持ちかけられた時の対処方法について考えます。


最新の投稿


「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

「一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 ウーマンダイアローグ #17

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社ドクターDSクリニカルラボの三井菜那さん。元々興味があった美容をさらに追求したいと今の仕事に就かれました。また、旅を中心としたインフルエンサーの活動もされています!


婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

婚活女子必見! 男性が恋人に求めるもの、結婚相手に求めるものの違い

恋愛と結婚が結びつくのが女性であれば、恋愛と結婚は別物だと分けて考えるのが男性。恋人に求めるものと結婚相手に求めるものは、それぞれ何が違う? 恋愛メンタリストsatoshiが解説します。


入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

入れ替わるのが自然?人間関係の作り方について考えてみた|MY WORK ヒント#81

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第81回目は、人間関係の入れ替わりについて考えます。


ポチポチしていたら、もう貯金がない!ネットショッピング依存から卒業する方法

ポチポチしていたら、もう貯金がない!ネットショッピング依存から卒業する方法

お店で買い物も楽しいけど、ソファでごろごろしながらネットショッピングするのも働き女子にとっては、たまらない時間……。ただ、ネットショッピングもハマりすぎると、お金が大変なことに!


オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

オフィスに置いておきたい!花粉症対策アイテム

本格的な花粉症シーズンが到来! オフィスでずっと鼻をかみ続けているのはなんだか恥ずかしいし、大事な打ち合わせがある時にマスクや目薬を差すのが難しい状況になることも。今回はオフィスでできる花粉症対策方法をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング