「生理前ってしんどい…」薬膳的、生理前のゆらぎを軽減するための2つの方法

「生理前ってしんどい…」薬膳的、生理前のゆらぎを軽減するための2つの方法

イライラすると思ったら今度は急に落ち込んでしまう……そう思ったら生理前だったというのは女性なら誰しも一度は経験があるのでは? その生理前のゆらぎケア、この2つを意識すると今より少しラクになるかもしれません。


生理前にゆらぎやすい人、ゆらがない人の違いって?

原因は色々考えられますが、薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では睡眠不足と冷たいものの食べ過ぎによる胃腸機能の低下、この2つが主に考えられます。

中医学では体を動かすエネルギーを気(き)、体全体に栄養と潤いを与える物質を血(けつ)といい、この気と血が十分な量あって、お互いスムーズに巡っていると健康な状態だといわれています。しかし少なくなると元気ややる気が出なかったり気持ちのアップダウンも激しくなってしまうのです。

睡眠と胃腸を温めるのがキーワード!?

生理前はこの気血を特に必要としますのでいつも以上に体のだるさや気持ちのゆらぎを感じやすくなります。気血が少なくなるほどに生理前や生理中に不調をきたしやすいので、気・血を充実させることがゆらぎ改善へのキーワードです。

そのためには睡眠時間の確保と胃腸を温めることは徹底して守る必要があります!
なぜ睡眠が重要かというと、昼間に使った気血は寝ている間に胃腸系システムである脾(ひ)で充電するから。ですから睡眠時間を削ると気血はどんどん減っていきます。また、気血は脾で作り出すので冷たいものを好んで食べていると脾が弱り、せっかく食事に気を配っても気血を作り出すのに時間がかかってしまうのです。

生理前のゆらぎから解放されたい…そう思ったら寝る、胃腸を温めるこの2点を自分ライフスタイル習慣に組み込んで。

【睡眠のこと】睡眠は何時間くらいが理想?

これは体質にもよりますし、ゆらぎの程度にもよりますが、ゆらぎがしんどい場合には8時間は確保したいところ。……というと「えぇ?そんなに必要なの?!忙しいから無理、無理!もっと簡単で手っ取り早いものが知りたい」という方が多いのです。しかし、残念ながらないのです。手っ取り早い方法は。

睡眠時間は気血の充電タイムです。私たちが使っているスマートフォンも寝ている間に充電することで充電が満タンになり翌日問題なく使えますが、充電しないとやがて電池残量が少なくなり使えなくなってしまいますよね。それは私たちの身体でも一緒です。スマートフォンが一気に充電できないように私たちの体もきちんと休ませて充電させないと元気に動くことはできないのです。

睡眠時間を8時間確保するコツは?

「寝る時間を固定する」睡眠時間をなかなか確保できていない方にはぜひこの方法を試してみてほしいのです。

きっと、現在睡眠がとれていないのは睡眠時間が決まっていないからではないでしょうか?一日24時間の中で仕事、家事、プライベートのことをこなすとなると時間はいくらあっても足りないもの。就寝の時間が決まっていないとついつい起きて色々やりたくなりますが自分の身体、心のために睡眠時間の確保をとにかく優先的に考えて生活してください。

例えば、6時に起床する必要があるのであれば22時には熟睡していたいですから9時半頃には寝る準備を済ませる必要があります。と、なるとそれまでに夕飯作り、食事、お風呂などをどうやって終わらせるか逆算して考えて落とし込んでいく必要があります。

規則正しい生活なんて忙しいから無理と思いがちですが、この時間までに眠れるようなライフスタイルにするにはどうしたらいいか。そういう目線で考えてみるとできることもきっと見えてくるはずです。

【胃腸ケアのこと】熱いものが苦手なので常温だったらお腹に優しいですよね?

これはよく聞かれる質問ですが答えはNO。
なぜなら胃腸の温度は37°といわれています。ですからこれより低い温度のものを飲食すると冷えてしまうのです。

冷たいものを我慢するなんてできないと感じるかもしれませんが、外の暑さとは裏腹にお腹って冷えているものですよ。試しにお腹をさわってみてください。冷たくないですか?冷たいものを飲食することは自分で自分の首をしめているようなものです。しんどいと感じるのであれば今までの自分の選択を変える必要があります。

胃腸を温めるライフスタイルを送るには

ぜひ、こんなことを生活のなかで取り入れてみてください。

✔︎朝起き抜けにお湯を沸かして白湯を飲む

✔︎会社には温かい飲み物を入れたタンブラーを持参する

✔︎ランチタイムにはお弁当+インスタントスープや味噌汁などの汁物をセットにする

✔︎夜のアルコールはとびきり美味しいあったかい飲み物に

✔︎生野菜サラダはNG。野菜は汁物、煮物、蒸し料理など加熱して


口にするものを変えれば変えるほど体がこたえてくれるということを生徒さんの姿を見て実感しています。自分のために今日から温かいと感じるものを口にしましょう。

未来の自分を想像してライフスタイルを変えてみる

働く女性が忙しいのは重々承知です。
残業があって早く帰れない、自分の時間が欲しいから早く寝るのは無理という気持ちも痛いほど分かります。(実際私がそうでしたから)

しかし、何度も言うように睡眠時間を削ったり、冷たいものを食べたり飲んだりする程にあなたの心と体のエネルギーは少なくなりゆらぐ一方です。

今の生活を変えるのを辛いと思わずに、元気になった自分を想像して取り組んでみると前向きに頑張れそうな気がしてきませんか?ぜひ、今回紹介したことを試してみてくださいね。今よりあなたの不調が少しでも和らぎますように。

この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連するキーワード


生理 健康 ストレス

関連する投稿


舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

自分の今の体の調子はどうなんだろう?そう思う時にぜひ見ていただきたいのが舌です。薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では舌を見ると不調がわかるといわれているんです! 今回は薬膳のプロである筆者が簡単にできるセルフチェックをご紹介します。ぜひ鏡を使ってご自身の今の状態をチェックしてみてください。


イラっとするのはみんな同じ!SNSに出没する「匂わせ女子」の特徴

イラっとするのはみんな同じ!SNSに出没する「匂わせ女子」の特徴

報告するのではなく、匂わせる。それとなく自慢をする人が周りにいませんか?最初から報告したらいいのに、なぜか遠回しにプチ自慢をしたり。いつの間にか敵を増やさないように「匂わせ」には気をつけましょう。


「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

「一番明るい笑い声が聞けるのは、食べ物が一番おいしい場所」ウーマンダイアローグ #47

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、チャヤ ナチュラル&ワイルドテーブル 日比谷シャンテ店の菅沼梓さん。学生時代に伊勢丹新宿店でアルバイトを経験したことをきっかけに、マクロビの魅力に引き込まれたそうです♡


疲れた、不安、自信がない…中医学から学ぶ生きやすくなるヒントとは

疲れた、不安、自信がない…中医学から学ぶ生きやすくなるヒントとは

なんだか日々に疲れてしまった。誰かと比べて一喜一憂してしまう自分に嫌気がさしてしまう…こう思うことはないですか? そんな時こそ、中医学(中国伝統医学)の知恵をとりいれてみませんか?実は中医学には生きやすくなるヒントがたくさん詰まっているんですよ。


働く女性のメンタルヘルスが不調になりやすい職場環境は?

働く女性のメンタルヘルスが不調になりやすい職場環境は?

労働での体への負担や疲労家事・育児との両立、人間関係による精神的な疲労など……。働く女性をとりまくストレスは、日々蓄積されていきます。それにより、メンタルヘルスの不調に悩む人も。そこで今回は、働く女性がストレス社会を生き抜くための、メンタルヘルス不調の対策についてご紹介します。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング