恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

気がついたら前回の恋から早くも一年以上。久しぶりに恋をすると、どうしても空回りしがちに……。深呼吸しながら、ご縁を大切に育んでまいりましょう♩


久しぶりの恋に戸惑いを隠しきれない!

突然、現れた運命の相手。まだまだ恋は先だと思っていたら、思わぬタイミングで出会ってしまうのが恋愛の不思議なところでもあります。

恋愛ブランク女子にとっては久しぶりの恋が嬉しいようで、実はかなり不安のはず。特にアラサー女子からしてみると、新しい恋をはじめるときはどうしても年齢や将来のことを考えてしまいます。

不安で仕方がないときは無理をせず、そのまま相手にぶつけてもいいのでは?

不安なことがあれば相手に包み隠さずぶつける

仕事や趣味に集中していると、恋愛への執着がなくなり、ある日、突然運命の出会いが訪れる場合があります。今の自分は不器用で恋愛する資格なんてない。あるいは、前回の恋で懲りているし、きっと元カレと比較してしまうと、新しい恋愛をはじめることに躊躇していませんか?

なかなか前に踏み出せずにいるなら、そんなときは相手に不安な気持ちをぶつけてみましょう。たとえ、これからお互いにお付き合いしたいかどうかを決める段階であっても素直に打ち明けてみるのです。

「過去に長く付き合って人がいて、新しく恋をするのが不安なんです」と伝えたときに元カレと比較されることにイライラするような彼では、おそらく厳しいでしょう。優しい彼なら、自分が質問したことにも丁寧に答えてくれます。

周りの意見も聞きながら自分の直感を大切にする

久しぶりに出会いがあっただけで、本人にとっては衝撃的な出来事です。今までずっと家族としかLINEのやりとりをしていなかったのに、今は男性からも連絡がくる。今の状況を受け止めきれずにいるはずです。

次の瞬間には、本当に前に進んでも大丈夫なのか、またいつかは別れるのではないかと不安にもなるでしょう。周りの意見を聞き、最終的に判断することはもちろん大切です。
人によっては占いにも頼りますね。しかし、いずれにしても最後は自分自身の直感が正解を教えてくれます。

たとえ占いの結果が良くなくても、自分の直感がYESと思うなら、それは前に進みなさいということ。周りの意見に左右されすぎないように注意しましょう。

過去の恋で傷ついているなら正直に打ち明ける

恋愛ブランク女子にとって、新しい恋を始めるのはとても勇気がいることです。特に30代に突入している場合、やはり20代の頃のように何も考えずに前には進めなくなってしまいます。

たとえば今、30歳だったとします。そのタイミングで好きな人と出会ったとしましょう。これからまた数年付き合ったら今度は40歳近くになります。すると頭の中では「アラフォー近くになって、万が一別れたらダメージが大きい」とつい考えますよね。

過去の恋で懲りていると、どうしても新しい恋愛がはじまる前から「別れ」が前提になりがちです。元カレとの日々で深い傷を負っているなら、正直に新しいパートナー候補に伝えてみてはいかがでしょうか?

彼がありのままに受け止めてくれて、なおかつ「自分は過去の人とは違うから信じていてほしい」と言ってくれるなら、未来はどうなるか分からないけれど、再び恋をしても問題はないはずです。

一歩ずつ、感情の赴くままに

久しぶりの恋が不安で仕方がなくても、相手が運命の人だった場合、自然な流れで前に進みます。不安だから自分としてはお断りしようと思っていても、なんとなくLINEが続いたり「この人なら大丈夫かもしれない」と思える出来事があったりするのです。

不安なのは仕方がないこと。数年もおひとりさまとして頑張っていたからこそ、久しぶりに恋愛がはじまればハードルは上がります。

まずは一歩ずつ前に進んでみること。自分の気持ちを大切にしていれば、明るい未来へと辿り着きます♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


恋愛 ブランク

関連する投稿


『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

『嫌われる勇気』から学ぶ!男性が手放したくない魅力的な女性になる方法

135万部のベストセラーで、TVドラマ化した『嫌われる勇気』から、あなたが男に逃げられない魅力的な女性に変身する方法論を考えてみたいと思います。この本の考え方のベースになっているのは"アドラー心理学"。 このアドラー心理学を理解し、上手に活用すれば、悩めるあなたの幸せ度がぐんとアップする。


別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

別れるかどうか迷う…。見切りをつけるべき彼のチェックポイントは?

愛情が感じられない彼の行動に、別れを考える女性は多いものです。けれど、なかなか別れを切り出せず、本当に別れていいのかなと悩むこともありますよね。そこで今回は、彼に見切りをつけるべき行動について紹介します。


何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

難しい単語がわかりません! そんなあなたにビジネスだけじゃなく恋愛でも活かせる知識として「KPI」、「KGI」という言葉をお教えします。大事な選択を誤らない、目標から外れないためにも考えてみてくださいね。


いつも機嫌の良い女性が男性から好かれる・モテる理由

いつも機嫌の良い女性が男性から好かれる・モテる理由

いつ見ても「機嫌が良い人」は、他人から魅力的に映り、恋愛・婚活に対しても有利に働きます。今回は機嫌が良い女性がモテる理由について紹介していきます。


「コロナ禍で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

「コロナ禍で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

コロナ禍でなかなか新しい出会いもなく、デートに誘うこともできず、恋愛が発展しない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、「コロナ禍でも彼氏ができた!」という女性たちに、どうやって恋愛が発展したのか? を教えてもらいました。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング