【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

「何かあったわけじゃないけれどなんとなく元気が出ないなぁ……」夏から秋に切り替わるタイミングもあって気分が落ち込んでいませんか? 今回は季節の変わり目で落ち込んでしまうメンタルとうまく付き合う方法について薬膳のプロがご紹介します。


秋は落ち込む季節だから仕方ない、と割り切ってみる

薬膳のベースとなっている中医学(中国伝統医学)の世界では、それぞれの季節に出やすい感情というのが決まっていて、秋は「悲しみ」という感情が出やすい季節です。
夏から秋に切り替わるタイミングの時「夏も終わるなぁ。これから寒い季節になっていくんだなぁ」と少しナーバスになりませんか?

イメージとしてはそのようなセンチメンタルな気分になりやすいということです。ですから、季節的なものであって、自分の性格が悪いんだと責める必要はありません。

季節にあわせて感情が移り替わることは気分の陰陽を調和させることに必要なことだと中医学では考えます。夏は気持ちが高ぶりやすい時期なので、秋にその気分を落ち着かせてあげないと、心身ともに疲れてしまいます。
ですから、気持ちがナーバスになることは悪いことではない、むしろ必要な時期でもあります。
季節的に落ち込みやすい時期であると割り切ることで少し気持ちが楽になりませんか?筆者は元々自分を責めやすい傾向が強かったのですが、このことを知ってだいぶ救われました。

落ち込んでしまったら「秋は落ち込む時期だから仕方ない」と自分に声をかけてあげてくださいね。

予定やタスクを詰め込み過ぎない。秋はゆったりモードのスケジュールを

中医学の世界では、秋は心穏やかに過ごすことが自然の流れに沿っているといわれています。

今年の夏は例外ですが、夏は楽しい予定が盛りだくさんで気持ちは楽しい反面、体が自分が思っている以上に疲れていることが多いのです。ですから、秋は心も身体もゆったりと過ごせる時間を持つことが大事。

その方法の1つとして、秋は予定や1日のタスクを詰め込みすぎないことも落ち込みやすいメンタルとうまく付き合うコツです。

予定やタスクが多いとエネルギーを消耗してしまいますし、何よりパンパンのスケジュールを見るとそれだけで気持ちに余裕がなくなってしまいがち。休日は外出する予定が続かないようにする、自分が休む時間をしっかり確保するを意識してスケジューリングをしてくださいね。

とはいえ、日照時間が短くなるのでずっと家の中で過ごすと気分が落ち込んでしまいますので、陽がで出ている時は買い出しに行ったり、お散歩がてらランチを楽しんだりして外出する時間をつくり、陽が傾いてきたら自宅でゆっくり過ごすのが理想的です。

秋から冬は内側に閉じていく時期ですので、ご自身で疲れやすい、落ち込みやすいと感じる方は特にエネルギーを蓄えるためにゆったりとした時間を過ごすことを心がけてくださいね。

やる気が出ない自分を責めない。エコモードでもOK

「やる気が出ない自分ってダメだなぁ」もしかしたら、やる気がでない自分を責めてしまっていませんか?
でも、思い返してみてください。やる気ないなぁ、元気でないなぁと思いながらも会社へ行く準備をしたり、簡単でも食事を作ったり洗濯をまわしたり…と何だかんだで仕事したり家事をしたりしていませんか?
毎日元気にハツラツに仕事や家事を出来たらというのは理想だと思いますが、でも人間ですから機械のように毎日一定に動くことは難しいものです。

ですから、やる気が出ない時はエコモードでもOK。仕事だけはちょっとだけスイッチをオンにして頑張って、家事は手抜きをして自分を休めましょう。

筆者も頑張れない時の食事は外食やインスタント食品に頼ったりしますし、食器は食洗機に任せ、洗濯は全自動で乾燥までお任せしてラクをしています。今は便利な家電がたくさんありますから苦手な部分は便利な家電に頼るのも1つの手段。

食事だって、今はインスタントでも化学調味料不使用のもので美味しいものがありますし、コンビニも野菜をたくさん摂れるような商品が豊富です。家事のやる気が出ない時は思い切って、美味しいコンビニご飯、インスタント食品を開拓してみよう! と楽しんでみることもオススメです。

ナーバスな感情だって必要な感情

落ち込んでしまうと「いつも前向きでいられたらいいのに」と思ってしまう気持ちはよく分かります。

でも、私たちは人間です。調子がいい時もあればそうでない時もある。元気がある時は頑張れることも調子が良くない時だと自分を責めやすくなってしまいます。だからそんな時は無理に自分を奮い立たせなくて大丈夫。

自然の流れに身を任せて、秋はエコモードで過ごしましょう。好きな飲み物を片手に好きな映画や音楽、本などをじっくり楽しんでココロの栄養を増やしてあげる時期にしてみてくださいね。






この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連する投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

誰もが予想しなかったことが起こった今年。心身、健康であることの大切さを感じる方も多かったことでしょう。 今回は、今よりもっと心身ともに健やかであるためにはじめたい3つの習慣を薬膳のプロである筆者がご提案します。ぜひ、来年の目標に加えてみてください。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

突然ですが、今日どんな飲み物を口にしましたか? 薬膳の世界では食材それぞれに効能があると考えますが、それは飲みものも一緒です。 せっかく口にするものですから、今の自分の体調にあわせて飲みものをチョイスしてみましょう。


最新の投稿


出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

出産祝い忘れてた!遅くなった場合の渡し方とおすすめ贈り物3つ

20代後半から親族や友人、同僚の赤ちゃんが産まれたら出産祝いを贈ることが多いものです。でも、お祝いしたい気持ちはあるのに忙しくて「忘れてた、どうしよう…」という状況になる人も意外と多いものです。今回は出産祝いが遅くなってしまった時の対処法をご紹介します。


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング