書き出すだけで願いが叶う!?「手帳術」で人生が豊かに、輝いていく♡

書き出すだけで願いが叶う!?「手帳術」で人生が豊かに、輝いていく♡

頭の中で考えているくらいなら、手帳にアイディアを集結させちゃいましょう。今回は、手帳術についてご紹介します。


手帳術を甘くみないで♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日のスケジュールや悩みをどのようなかたちで管理していますか?
なかには記憶力を頼りに手帳すらもたずに過ごしている人も。

しかし、一社会人としてお仕事をしている以上、デジタルでもアナログでもすべてを一括管理できる場所は確保しておくべきでしょう。

手帳に目標や夢を書き出すだけで、頭の中でイメージをします。
そこに向かって今の自分が何をすればいいのか分かるようになり、結果として人生のスピードが大幅に加速。

今回は、手帳術のポイントについてご紹介いたします。

女性は生理周期やメンタルの変化も書き込む

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

手帳は本来、スケジュールを管理するためのものですが、女性の場合は生理周期やメンタルの変化についても記入しておくことをおすすめします。

なぜなら、女性は生理前後による体調不良を含めると、本当に調子がいいのは1、2週間ほどだから。つまり、組み立てた予定通りに行動するためには、女性として体調と向き合っておく必要があるのです。

しばらく書き込んでいると、自分の身体のリズムが分かります「排卵日はお腹の調子が悪くなりやすい」「生理直前はお腹がゆるみ、お肌もボロボロになる」など、毎月共通の症状をピックアップできるのです。

その日こなした仕事の内容を書く

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筆者の場合はライターを本業としているため、週間スケジュールのページの1日ごとのタイムラインに、その日、その時間帯にどんな仕事をしていたか記入します。

本来こちらのページは予定を書き込むページですが、フリーランスのように自分でコントロールしなければいけない方は、予定よりもどれだけ長時間働いているかが一瞬で分かるように書き込んでおくと便利です。たとえば、今日起きたときに想像以上に身体がだるく、思うように書けない。

そんなときは、手帳を振り返ると「働きっぱなしだったから今日は休もう」と、自然と調整ができるのです♡

キレイに書く必要はない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

手帳術というと、とてもキレイに書かなければいけないイメージがついていますが、決してそうではありません。ビジュアルにこだわっている時点で、本来の手帳術の目的からは離れています。

手帳術の目的は、創作をすることではなく、日々の予定を管理し、1か月、1年を乗り切ることです。つまり、どんなに汚くなってしまっても、自分さえ理解できていればOK。

キレイに書こうとすると、余計に書き込むのが面倒くさくなって、継続できなくなってしまいます。

仕事もプライベートも充実度を高める!使える手帳活用術♡

https://cinq.style/articles/24

多くの人がスケジュールの管理として使用している「手帳」。 いつも持ち歩くアイテムだからこそ、時間の管理や把握だけでなく、自分のモチベーションを上げたり、生活を豊かにしてくれる活用法があったら嬉しいですよね。今回はよくばり女子の賢い手帳活用法をご紹介! 

お気に入りの一冊をみつけよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筆者は5年くらい同じ手帳を使い続けています。
手帳はできれば毎年同じものを使い、自分なりの手帳術を安定させておくと、日々の暮らしにもブレがでず、自分らしく過ごせるでしょう。

手帳を変えたいと思い立つときは、たいてい自分に自信がないときや何か壁にぶつかっている状態のとき。つまり、どんな状況になろうとも、一緒に伴走してくれるお気に入りの手帳さえみつけておけば(自分なりの書き方を安定させれば)、頻繁に手帳が変わることなく、自分自身も安定するでしょう。

手帳で人生は変わる!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

手帳と向き合う時間を増やすことで、人生は変わります。
なぜなら「時間管理」を意識するから。

毎日24時間というのは、どんな人にとっても平等で、それ以上伸ばすことはできません。限られた時間の中で、人生を充実させたいと思っているなら、ぜひ手帳術を習得しましょう♡

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

https://cinq.style/articles/1669

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

緊張と不安と期待でいっぱいの新社会人のアナタのために、ビジネスマナーの基本、メールのお勉強を。お仕事の場面では多く使うツールだからこそ、基本はしっかり押さえておきたい。


入社年別に「求められるスキル」は変わる!【入社〜2年目さん】は何が必要?

入社年別に「求められるスキル」は変わる!【入社〜2年目さん】は何が必要?

資格や、専門的知識がなくても、必要な知識を身に付けて経験していけばキャリアアップはできる! ということで、入社年別にキャリアアップスキルをまとめてみました。 今回は入社したてさんから2年目さんのために。


「転職してキャリアアップしたい」という理由は人材担当者にはどう映る?

「転職してキャリアアップしたい」という理由は人材担当者にはどう映る?

転職活動をする際に「キャリアアップしたい」という理由を述べる人がいらっしゃいます。ですが、キャリアアップするとは、実際にどういうことなのでしょうか。今回は、キャリアアドバイザーが「キャリアアップすること」について考えます。


書けば書くほど魔法がかかる?! 夢が叶う日記・ノート活用術

書けば書くほど魔法がかかる?! 夢が叶う日記・ノート活用術

書けば書くほど、きっと願いは叶う。日記やノートを書いている時間は心のお掃除タイム。モヤモヤしているときほど紙に書き出しましょう♩


1月中にやっておくべき!なりたい自分になるためのステップアップ法とは?

1月中にやっておくべき!なりたい自分になるためのステップアップ法とは?

毎年、毎年、1年の抱負は決めるかもしれませんが、どんな自分になりたいか、などの具体的な目標は立てていますか? 仕事でTo Doを使用するのと同じように、自分自身にも目標設定をしてみると、なりたい自分に近づくことができます。そこで、年始の1月中までにやっておくべき方法をご紹介します。


最新の投稿


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

電話って、いつかかってくるかわからないし、急に自分の知識外な用件を言われることもありますよね。 予想ができないからこそ、新社会人になったばかりのあなたには不安になるもの。 不器用でも嫌な印象を与えたくない。そんなあなたの為に、今日から実践できる電話対応法をご紹介します!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[出社と退社のタイミング編]

春から新入社員としてお仕事される方、ご入社おめでとうございます! お仕事については先輩や上司から教えて貰うことになりますが、意外とわからないのが「出社と退社のタイミング」。 暗黙のルールだからこそ、わからないし悩んでしまうことってありますよね。 新入社員から1年を迎えた私がリアルな悩みにお答えします!


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[メールの送り方編]

緊張と不安と期待でいっぱいの新社会人のアナタのために、ビジネスマナーの基本、メールのお勉強を。お仕事の場面では多く使うツールだからこそ、基本はしっかり押さえておきたい。


うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

いざ、意見を求められたときにアナタの発言力が試される...!スマートな対応ができる大人になるための発言スキルを高める習慣法をご紹介


休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

休憩中でも電話がきたら対応するのが当たり前? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は休憩中の対応についての相談です。


RANKING


>>総合人気ランキング