東京に住むビジネスパーソンの7割が慢性疲労…! 疲れが取れない女性のワークスタイルについて

東京に住むビジネスパーソンの7割が慢性疲労…! 疲れが取れない女性のワークスタイルについて

東京で働くビジネスパーソンの"疲れ"に対する調査を行った養命酒造株式会社。そこでわかった女性たちの仕事疲れについて、まとめてみました。


丸の内OLの8割半が「慢性疲労」を感じていた…!

一都三県在住で、東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1,000名に現在の"疲れ"についてのインターネットアンケートを実施した養命酒造株式会社。そこでわかった、『東京で働くビジネスパーソンの疲れに対する実態』で、ビジネスウーマンの疲れの現状が明らかになった。

オフィス勤めの憧れといえば、丸の内。
OLの花形ともいえるこの地で働く女性の約8割が慢性疲労を実感しているそう。一晩寝たくらいでは疲れがとれない、というほどに疲れが溜まっているという女性たちは、どうやらリラックスしたくでもできない、という過緊張状態である悩みを抱えているようだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

"疲れ"とは

疲れとは、体と心に負担がかかった結果生まれる自然な生理現象で、体にとって非常に大切な「休め」のサインでもある。「休め」のサインを疲れをためこんでしまうと心身にさまざまな不調を引き起こし、病気も起こしやすくなってしまう。女性は男性に比べて、不調を感じている割合も高く、自覚症状がある個数が平均4.5個という結果が出た。(男性の平均は3.0個)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

疲れを感じた要因については、以下の通りだ。

疲れが肌に出る(男性17.4%、女性39.6%)

手足・体が冷える(男性11.4%、女性30.8%)

顔や足がむくむ(男性4.0%、女性23.4%)

肩こりがひどい(男性27.0%、女性44.4%)

男性に比べて、女性の方がエネルギーを生み出す筋肉量が低いことと、ホルモンバランスの変化によっての不調などが不調を感じやすい原因だとも考えられる。不調によって、集中力が欠けてしまったり、イライラして人間関係に悪影響を及ぼしてしまったり、ダイエットに失敗する、などという負の連鎖が続いてしまうこともある、"疲れ"。これをうまく解消する方法はないものか。

疲れているサインに気が付いて! 女性が疲れを感じた瞬間とは?

https://cinq.style/articles/612

自分が疲れていることに気づかず、思わぬ行動をしてしまいがち。お仕事ウーマンはどんなことをして「自分疲れている」と気が付くのでしょうか?

"疲れ"の原因について

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ビジネスパーソンが"疲れ"を実感するものは一体何なのか。疲れの原因をそれぞれまとめたところ、一番多い疲れの原因は「仕事の人間関係」が43.6%と最も多く、「仕事の内容」が40.9%、「仕事の量(労働時間・残業)」が31.5%と続いた。

また女性の場合は、「気温や温度(じめじめした暑さなど)」、「体質・体調(アレルギー・生理不順など)」、「職場の空調(冷房の温度など)」、と職場の環境面などで疲れを実感していることも明らかとなった。

疲れを感じた要因について、で挙げられた手足や体の冷え、顔や足のむくみなども会社の環境面から来ていると考えられる。男女で感じる空調の適正温度の差をそれぞれ埋められれば、この"疲れ"の感じ方は変えられるのだろうか。

疲れケア方法について

疲れをためこまないライフスタイルを送るために、心がけたいケアについて知っていこう。全回答者(1,000名)に実践している疲れケアの方法を聞いたところ、「十分な睡眠をとる」が50.3%で最も多く、「バランスのとれた食事を摂る」が36.8%という結果になった。その次に多かったのが33.4%で「適度な運動をする」である。

睡眠の質を上げ、栄養管理をしっかりし、運動でストレスを発散する。非常にシンプル、だけど大切なことである。私たち人間は、体だけに対する疲労だけでなく心のケア方法もそれぞれ考えなくてはならない。

また精神的ケアとして、「くよくよしない・前向きに考える」(45.8%)という声も挙げられた。精神的なところから来る疲れは、気持ちで押しのけているようだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

デジタルデトックスが有効…!?

「インターネットやデジタル機器の使用時間に気をつける」という回答もあった。デジタルデトックス実践者の約3割強がその効果を実感しているとか。スマートフォンやパソコンを日ごろ使うことが多く、ブルーライトを当てっぱなしの人にとっては、有効なケア方法ともいえるのではないだろうか。寝る前のスマホいじりに気をつける、寝る数時間前からはスマホ・PCを触らない、といったマイルールを設けてみてもいいだろう。

短時間の昼寝が効果的!

夜間に十分な睡眠がとれない方は、昼休みなどの休憩時間をつかって昼寝をするのがお勧めである。数十分、目を閉じているだけでもいい。一度仕事から、自分の意識を切り離し、リラックスできる時間をとることで、過緊張状態を緩和してあげるのだ。なかなか昼寝することが難しい環境である職場なのであれば、イヤフォンを装着して目を閉じてみるといい。誰からも話しかけられず、ひとりの空間を楽しむだけでも、緊張が和らぐはず。

最後に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

周りからの評価を受けようとして、ついつい頑張りすぎてしまうこともあるが、そんな頑張り屋さんタイプの人は仕事をやり切った後に急に体調を崩してしまったという経験が5割強もあるのだそう。仕事とうまく付き合っていくためには、「頑張りすぎない」ことも大切といえる。

栄養ドリンクや、カフェインを摂取して、"元気の前借り"をすることも、社会人ならあるだろう。だけど"元気の前借り"はあくまで借り。利子はつかないといえど、"借り"なく過ごせる社会となってほしいものだ。

養命酒酒造株式会社調べ

「顔が疲れてるね」…なんて言われたくない! 退社する前にやっておきたいケア方法

https://cinq.style/articles/645

仕事終わりに女子会やデートの予定が控えているとき、メイク直しのために鏡に向かって「えっ…!」と思ったことはありませんか? せっかくの予定をお疲れ顔で向かうのはちょっと…。と悩むあなたに、退勤前にやっておきたいケア方法をお教えします♡

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア

関連する投稿


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

テレワークを導入する企業が増えたことにより、ビジネス環境に大きな変化をもたらしました。その影響によりスキルアップしたい内容にも変化がでてきています。今学ぶならどんなスキルが良いのか考えていきます。


非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

テレワークを導入する企業も増え、営業活動も対面からオンラインに切り替わりつつあります。しかし思うような商談が出来ず伸び悩んでいる人も多いのでは?そこで、オンライン営業システムを提供するベルフェイス株式会社のマーケティンググループ 広報の小正 一葉さんにオンラインでの商談を成功させる資料作りのコツをお伺いしました!


【元OLが告白!】仕事と資格勉強を両立させるためにやってよかった3つのこと

【元OLが告白!】仕事と資格勉強を両立させるためにやってよかった3つのこと

「将来のためにも資格をとりたい」何が起こるか分からないご時世だからこそ資格取得を考える一方、フルタイムで働いて資格勉強なんて無理かも。と不安に思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、約2年半、資格取得のために格闘した元OLの筆者が仕事と資格勉強の両立のためにリアルにやって良かった事を3つご紹介します。


最新の投稿


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

今回はキャリアアドバイザーが「面談時に転職者から聞かれることの多い、代表的な質問について」お答えしていきます。転職回数は何回までなら許される? 地方からの応募でも大丈夫? 気になる質問へのアンサーをチェックしていきましょう!


仕事以上にストレス感じる!一緒にいると疲れる友達の特徴

仕事以上にストレス感じる!一緒にいると疲れる友達の特徴

友達と会っている時間は、ストレス解消のひとときになるはずなのに……。自慢話しかしない友人にイライラしていませんか?そのまま我慢し続けるのは、ちょっと無理があるかも。


好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

彼とずっと一緒にいたい。そう思う反面で、心のどこかで「もしかしたら別れたほうがいいのかな?」と自問自答することはありませんか?内なる自分から警告のサインが出たら、ぜひじっくりと彼との関係を見直して。


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング