お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


毎日こなす行動で仕事モードに切り替え!

シャワーをあびてスッキリした瞬間

毎朝シャワーを浴びるのですが、やっぱりスッキリとしてやる気が沸きます。夏場でも冷房で身体が冷えているのか、体が温まるのを実感できます。(32歳/企画)

体はもちろん、頭の中をすっきりと整理させるためにも、朝のシャワーは効果抜群の様子。時間にゆとりをもってシャワーを浴びる時間をつくると、女性ならではの冷えも解消できますね。

ストッキングを履いた瞬間

「ストッキングを履いた瞬間に、気持ちが引き締まってやる気が出る(43歳女性/管理職)」

働く女性にとって欠かせないアイテムであるストッキングは、仕事のやる気スイッチを入れてくれるもの。プライベートでは「あまり着用しない」という方も多いのではないでしょうか? 仕事ならではのアイテムと認識している人こそ、共感できる人も多いはず。ストッキングを履くことの少ないテレワーク中はあえて、着圧ソックスを履くという人もいるほどです。

ジャケットを着たとき

着る・着ないは関係なく、外出する際は常にジャケットを持ち歩いているので、手にとった瞬間に「よし、仕事だ」という気分になります(26歳/営業職)

人と顔を合わせる場面の多い営業職の女性が常に持ち歩いているジャケットも、仕事スイッチを入れてくれるもの。かっちりとしたスタイルで仕事に向かうその姿は、美しいとしか言いようがないですね。凛とした女性の姿はまさにお仕事ウーマンの鏡です。

ヒールを履いた瞬間

仕事上、いつもヒールを履かなくてはならないので、自分の足に合った仕事用シューズを準備しています。(販売/24歳)

働く女性の大半はお仕事シューズにこだわりを持つもの。安定感のあるヒールに自分の足に合ったサイズで、なるべく足にかかる負担を軽減したいものです。長時間の仕事にも耐えられるような、美しく見えつつも疲れづらい靴を仕事用に探しておきましょう。オフの日はヒールを履かないという方は、なおさらヒールを履くことによって気分が入れ替わります。

目覚めのコーヒーで

朝に弱いので、必ずカフェインをとって目覚めるようにしています(事務/25歳)

毎朝起きるのが辛い……と悩んでいる女性も多いのでは? オフィスワークをこなす方に欠かせないコーヒーのカフェインは、朝にこそもってこい。オフィスで仕事をしている人も、自宅で仕事をしている方もどちらにも使える有効な手段です。

数字の管理などをこなす事務や経理の人こそ、集中力を上げるためにもコーヒーを飲む回数が多いのだとか。とはいえ、カフェインの摂取しすぎにはご注意を。

電車から見える景色が変わるにつれて気持ちも変わる

家の周りはのどかなのに対し、会社の周りには高層ビルがたくさん。都会に向かっていく景色を眺めながら徐々に心を整えています。(40代/営業)

通勤時間を通して仕事モードに気持ちを切り替えていくという方も。普段過ごす場所との違いを実感しながら、職場に向かい気持ちを整えることも有効です。

通勤している人の波に混ざったとき

通勤ラッシュとか、人込みとか、働いている人の中に混ざった瞬間に「あぁ、私も働くんだな」って実感する。(23歳/事務)

朝のどこか忙しそうな空気感を感じて、仕事を意識するという方も。「仕事に挑む」気合いと覚悟を持つ瞬間でもあるはずです。

人それぞれに違う「やる気スイッチ」

朝食を食べる人がいれば食べない人もいるように、それぞれにやる気スイッチが入るポイントは違っています。のんびりと心身を整える人もいれば、身につけるもので自然とスイッチが入る場合も。みなさんそれぞれに、自分ならではの切り替え方で日常を過ごしているようです。

今は、コロナの影響で通勤することが少ない……という人もいるでしょう。そんな方は新しくスイッチが入る瞬間を見つけてもいいかもしれません。あなたのスイッチがオンになる瞬間はどこでしょうか? ぜひ自分にとってのやる気スイッチを、見つけてみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア ワークライフ

関連する投稿


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

テレワークを導入する企業が増えたことにより、ビジネス環境に大きな変化をもたらしました。その影響によりスキルアップしたい内容にも変化がでてきています。今学ぶならどんなスキルが良いのか考えていきます。


非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

非対面営業も難なくこなせる! オンライン商談を成功させる秘訣【資料作り編】

テレワークを導入する企業も増え、営業活動も対面からオンラインに切り替わりつつあります。しかし思うような商談が出来ず伸び悩んでいる人も多いのでは?そこで、オンライン営業システムを提供するベルフェイス株式会社のマーケティンググループ 広報の小正 一葉さんにオンラインでの商談を成功させる資料作りのコツをお伺いしました!


【元OLが告白!】仕事と資格勉強を両立させるためにやってよかった3つのこと

【元OLが告白!】仕事と資格勉強を両立させるためにやってよかった3つのこと

「将来のためにも資格をとりたい」何が起こるか分からないご時世だからこそ資格取得を考える一方、フルタイムで働いて資格勉強なんて無理かも。と不安に思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、約2年半、資格取得のために格闘した元OLの筆者が仕事と資格勉強の両立のためにリアルにやって良かった事を3つご紹介します。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング