SNS疲れで、人間関係を断ちたいと思う人への対処法

SNS疲れで、人間関係を断ちたいと思う人への対処法

LINE、Twitter、Facebook、instagramと様々なSNSを活用するようになって便利になった反面、常にだれかとコミュニケーションを取っていなければならない…。と「SNS疲れ」を実感することはありませんか?


SNSに振り回されてる…

LINE、Twitter、facebook、instagram…。様々なSNSが当たり前となって便利になった反面「また通知が来てる…」「連絡、返さなきゃ…」とSNSによる疲れを感じることがあるという方も多いのではないでしょうか。

友人との付き合いだけでなく、仕事上での付き合いのある方ともSNS上で付き合ってしまったが故にスルーするわけにもいかないし…。とプライベートのみの使用ではないこともありますよね。むしろSNSならではの発信力を強みとして、仕事に活かしている方も多いはず。今回はSNS疲れを実感してしまった方のための、上手な対処法についてお教えします。

休日の連絡は「マスト」じゃない

まず知っておきたいことは、SNSによる連絡は「must(~しなければならない)」ではないということです。緊急性のある内容であれば、電話での連絡が来るのが仕事です。特に休日に関しては、必ずしも連絡を返さなければいけないという状況ではありません。

特に、Twitterやfacebookについては、常にチェックしている人もいれば、時々開くだけ、という方も多いのです。あらかじめ、使う頻度の少ないSNSであるということを公言しておきましょう。

匿名性を活かしたストレス発散

つぶやきたいけれど、知り合いが多いところだとつぶやけない、という方も多いのではないでしょうか。アカウントが身バレしてしまっているからこそ書けない内容ってありますよね。そんな方はTwitterなどの、いくつものアカウントが使用できるSNSを活用しましょう。

コメントがほしい訳ではない、ただただつぶやくだけのアカウントを動かすのです。匿名性のあるSNSに本音を吐露することで、新しいストレス発散法になることもあります。コミュニケーションを取るためだけではない、SNSの使い方です。

不要な通知は徹底的にOFF

プッシュ機能がついているアプリはすべて、通知をオフに設定してみましょう。通知音がするだけでも「あぁ…」と無意識にストレスを感じてしまっている可能性があります。facebookのように、『友達になる』と『フォロー』が別になっているものに関しては、いっそフォローを外してしまうのもアリでしょう。

もちろんLINEについてもそれは同じ。必要な連絡以外のものやグループラインはいっそ、通知をオフに。"連絡がとりづらい人"、という印象がついてしまっても、信頼関係がある人や、最終的に繋がっていたい人とは完全に連絡が途絶えることはありません。

メリハリのつけた使い方

SNSによる疲れを実感している方が多いからこそ、最近は「デジタルデトックス」という言葉を聞く回数も増えました。これは、あえて機械から離れる時間をつくるということです。

SNSとの上手な付き合い方、を考える方が多いからこそ生まれたこの言葉を上手に活用しましょう。時には、とことんデジタルから離れるのです。平日は仕事のコミュニケーションツールとして欠かせないSNSかもしれませんが、寝る数時間前からスマホを触るのをやめる、といった小さなマイルールを設けてみてもいいでしょう。

プライベートはプライベート、仕事は仕事、といったメリハリのある使い方で休息を管理しましょう。

肌身離さず持ち歩くものだからこそ

常に持ち歩いているスマホ。気軽に眺めているだけの時はいいものの、連絡が重なりすぎたり、仕事とプライベートの境目がなくなることによって、返信をするということにエネルギーを消費しすぎているはありませんか?

連絡があったらすぐに返さなきゃ、といった几帳面な性格の方ほど、実はストレスを感じている可能性が。SNSはあなたを消耗させるためのツールではありません。なんだかちょっと離れたいな…と思った時には、離れることも大切なのだということを知っておきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観の違いはどう受け入れあう?関係を好転させる話し合いテクニック

価値観は違って当然。大事なのは、それをどう受け入れあえるか。二人にとってちょうど良い距離感はすべて話し合いで解決できるのです。今回は、価値観の違いを乗り越える話し合いのキホンをご紹介します。


在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか!?

在宅勤務のはずなのに一人だけ出社… #これってハラスメントですか!?

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は他の社員は在宅勤務なのに、一人だけ出社させられている女性からの相談です。


後悔のない結婚を。恋人期間中にすり合わせておきたい3つのこと

後悔のない結婚を。恋人期間中にすり合わせておきたい3つのこと

「この人だったら絶対に大丈夫!」そう思っても、結婚してから「こんなはずじゃなかった……」と後悔することは決して珍しいことではありません。今回は、バツイチ経験者から送る、結婚前に恋人とすり合わせたい3つのことをご紹介します。


通常の会議よりも難しい? 失敗しないWEB会議の進め方

通常の会議よりも難しい? 失敗しないWEB会議の進め方

WEB会議が最近多くなってきたという方も多いのでは? WEB会議は通常の会議と違って、離れていて表情が読み取りづらい分、異なる配慮が必要です。今回は失敗しないWEB会議の進め方についてご紹介します。


「通知が多すぎて面倒くさい…」意外と難しい、グループLINEのお作法

「通知が多すぎて面倒くさい…」意外と難しい、グループLINEのお作法

外出自粛中で積極的に通知がなるグループLINE。でも、実は意外にもモヤっとすることありませんか?今回は、良好な関係を築くためのグループLINEのお作法をご紹介します。


最新の投稿


非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上経過した今、非日常が日常化しつつあります。全ての地域で緊急事態宣言が解除されたとして、どこまでがいつも通りの日常に戻るのでしょうか? アフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか……筆者の予想を交えながら考えていきます。


「結婚と転職時期が重なった」「同一労働同一賃金の影響は?」20・30代の質問に答える

「結婚と転職時期が重なった」「同一労働同一賃金の影響は?」20・30代の質問に答える

前回に引き続き、今回は20代・30代の方から寄せられた質問に、キャリアアドバイザーが回答していきます。「結婚と転職のタイミングが重なった場合」、「同一労働同一賃金は派遣社員にはどう影響する?」こんな質問にお答え。現在の転職市場と合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。


迷ったらこれ!薬膳のプロが選ぶ、梅雨を元気に乗り切るための食材リスト

迷ったらこれ!薬膳のプロが選ぶ、梅雨を元気に乗り切るための食材リスト

「スーパーに来たのはいいけれど何を買えばいいの?」「体のために食事に気を配りたいけれど買うべきものが分からない」…このように食材選びに頭を悩ませてしまうことはないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロである筆者が、この季節はこの食材を押さえておけば大丈夫♡という食材リストをご紹介します。


【#もちこのパンイチ 39】冷やしておいしい! フルーツのパンイチレシピ

【#もちこのパンイチ 39】冷やしておいしい! フルーツのパンイチレシピ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は冷やしておいしいフルーツのパンイチレシピです。ぜひチェックしてみてくださいね。


自分に酔いしれてるだけ?思わせぶりな男に多いキザ発言

自分に酔いしれてるだけ?思わせぶりな男に多いキザ発言

本気で好かれているならまだしも...中には、モテたいために思わせぶりな発言をする人もいる!キザな男のこんな発言にご用心!


RANKING


>>総合人気ランキング