私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点



尊敬される人の特徴点

恋愛や仕事においてはもちろん、友人にだって尊敬する気持ちがないと長期的な人間関係は望めません。自分との違いを認め、そしてそれを肯定し尊敬できる人がきっとあなたにも居ることでしょう。今回は私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点をお話します。

知的・物知り

まず私が尊敬する人は、私の知らない世界のことを知っています。そして、それを私に教えてくれるのが上手なのです。幅広い分野で物知りで、知的。会話が非常に楽しいのが特徴です。また説明が非常にわかりやすく、「こう話せば興味を持ってくれるだろう」と計算をした上で、言葉を選んでくれます。もちろん難しい横文字や単語を使うことはありません。受け手の頭の良し悪しに関係なく、誰にでもスッと入ってくる言葉の表現が上手なのです。

コミュニケーションコストが低い

そして、そんな人は大抵いつも前向きでエネルギーに満ち溢れています。常に新しいことに興味を持ち、「面白い」と感じるものを探しています。好奇心が旺盛、故にコミュニケーションコストが低いのも特徴です。ちょっとした打ち合わせや相談も、連絡をするとすぐに返信をくれ、日程調節をしてくれます。忙しくても「忙しい」とアピールすることなく、予定を調整してくれるのです。

自己管理能力が高い

日程調節やスケジュール管理に関してもそうなのですが、とにかくそんな人は自己管理能力が長けています。「また連絡するね」や「今後」と約束を先延ばしにすることもありません。忙しいスケジュールの合間を縫って、空きのある時間を候補日をいくつか送ってくれます。

そんな人との会話は、とにかくスムーズに物事が進みます。もちろん、スケジュール管理についてだけではありません。やらなければならないことが多くあるからこそ、健康面の大切さも知っていて、時間の使い方を意識しているのでしょう。朝型生活を継続していたり、適度に運動を取り入れていたり…とにかく自己管理ができていることが特徴にあります。

大きな態度を見せずに、誠実に接する

そして人を馬鹿にする態度は決してみせません。どんな人であろうと、一度は話を聞くというような寛容さを持っています。自分を大きく見せようと威張ることなく、非常に謙虚で誠実な性格を貫いています。何に対しても、一本筋が通っているため、信頼度も高く、さらに人を引き寄せます。

感情をコントロールできる

基本的に、信念としてのブレない「熱さ」を持つ人たちは、熱さとは真逆の「冷静さ」も持ち合わせています。何でも手を伸ばすのではなく、優先順位をつけて判断するのです。責任ある行動をするためにも、冷静な視線は必要不可欠。価値があることをこなしているからこそ、甘い誘惑や怪しい誘いも多くあります。ですがそんなものには目もくれず、長期的かつ的確な判断ができます。

間違いを認められる

大きな仕事をこなしていたり、責任感のある人は、自分の非を認め、考えを改めることもできます。自分の意見を述べるだけでなく、他者の声も聞くことができる。そして、大切な時には人のせいにすることなく自分自身で責任を持つといった強さを持っているのです。そんな真摯に向き合う姿勢を見て、「ついていきたい」と思う人も多く、人望が自然と集まってくるのです。

アグレッシブ・エネルギッシュ

また決めたことに関して、動くスピードが速いのもその特徴です。「コレだ!」と思ったことに関しては、その熱が冷める前に行動に起こすのです。物怖じせず、積極的に動き、周りを巻き込みます。そんな速さやエネルギーに巻き込まれ、さらに勢いをつけ物事が進んでいきます。人を巻き込む力が圧倒的に強いのです。

前向き

そして、人を引っ張っていく力がある人の特徴として、いつも前向きでポジティブな思考を持ち合わせているということです。どんな時でも、人に弱音を見せることはなく、前向きな姿勢を崩しません。後ろについていく人が居るからこそ、その人を不安にさせないことの大切さを理解しているのです。前向きな思考を保つことがリーダーシップをとる人には欠かせません。

愛がある

一番大切なこと、それは愛があることです。仕事でも、人との付き合いややりとりはつきもの。人やモノに愛情を持ち、接しています。他人を思いやる気持ちは決して忘れてはいけないもの。人に嫌われることを恐れず、褒める、怒るをしっかりと使い分けます。その根源には、いつも愛があるのです。
守るものがあるからこその強さを知り、時には挫折も味わい、自信の経験値を上げるとともに磨かれてくる、その人本来の感情に素直に居られることが大切です。

終わりに

上に書いたのは、私が実際に出会った人たちの共通点です。
こうして、文字を書きながら尊敬する人を何人も思い浮かべました。自分の周りにはこんなに素敵な人がたくさん居るんだなぁ…と、一文字ずつ打つたびにその幸せを実感します。あなたの周りに居る人も、それぞれの感性を持ち、ひとつひとつ個性や魅力的な面が溢れていることでしょう。

人を敬う気持ちを大切に。誰かの心の支えや肥料になれるよう過ごせるような態度をとっていきたいものですね。