憧れの存在が職場にいない! 「ロールモデル」がいないってそんなに問題?

憧れの存在が職場にいない! 「ロールモデル」がいないってそんなに問題?

今の職場での悩みはなんですか? そう聞くと、返ってきたのは「ロールモデルが居ない」という声。そもそもそんなにロールモデルって必要なものなのでしょうか?


ロールモデルが居ないからどうすればいいかわからない…

今の職場の悩みは何ですか? この問いに「ロールモデルが居ない」と答える人の多さに驚きました。人事労務用語辞典によると、ロールモデルとは、自分にとって、具体的な行動や考え方の模範となる人物のこと。ようは、「あの人になりたい」と目標とする人物をつくり、その姿を模倣することを指します。働く女性が増えたといわれる今の時代でも、男性に比べるとまだまだ女性……特にロールモデルとなるようなマネージャー層に、女性が少ないのが日本です。キャリアを形成していく中で、モデルとなる人物がいないことが働く女性にとっての悩みのタネになっているのです。

ロールモデルって本当に必要?

ロールモデルがいるメリットって?

①自分との能力差を理解できる
見本があるということで、自分との違いをハッキリと認識することができるようになります。その違いを理解し、埋めていくこと(努力すること)で具体的なキャリアの組み立てができるようになるのがロールモデルがいる大きなメリットともいえるでしょう。

②ライフステージによる変化への不安が解消できる
女性の活躍が進んでいる今ですが、結婚・妊娠・育児・介護などのライフステージによる変化へ会社がどう対応してくれるのか、ライフワークバランスがとれるかどうかが悩みになっているケースも多いです。実際に仕事と育児の両立を叶えて働いていたり、ライフワークバランスが取れているロールモデルという存在が、その不安を解消する手立てになります。

③憧れの人を身近に設定することで、モチベーションを保つことができる
憧れの人が身近に居るというだけで、日々のモチベーションを保つことができます。

ロールモデルがいるデメリットも

社内でロールモデルを見つけるのは難しいのが現状…。
実際に社内でロールモデルを見つけようとしても、なかなかそれに該当する人がいないのが現状。女性が憧れる女性とは? と質問されても、全員が全員それに当てはまるわけではないのが理由です。女性の働き方や、働く目的、理想のイメージには幅があります。特定の女性をロールモデルだと社内で示すことによって「自分ちは違う」と感じられてしまうことも。

模倣するだけで解決するのがキャリアじゃない
尊敬する上司を模倣して、キャリアの道筋とすることで少しの安心感は得られるかもしれません。とはいえ、模倣するだけでうまくいかないのが仕事の実情。「ロールモデルとなる人のマネをすることだけに気を取られ、自分らしさや新しい発想を失ってしまっては意味がない」と考える人もいます。

社内にロールモデルがいなくても大丈夫!

メリットもあればデメリットもあるロールモデルという存在は、会社という組織の中に見つける必要はありません。社内で「こうなりたい」と思えるような同性、かつ先輩がいることは幸運なことですが、人には相性があります。ロールモデルを決めてしまうことによって、後輩の個性を失ってもしまうことさえあります。セミナーやコミュニティなど、社外活動でもロールモデルとなる人を見つけることは可能です。むしろ、「憧れの人」は身近すぎない方が、憧れのままで入られます。

ロールモデルは複数いてもいい

またロールモデルを「1人に設定しなくてはいけない」といったルールがあるわけでもありません。多数の人物からそれぞれの良いところを取っていくことによって、自分らしさをキープしながらキャリアを作っていくことができます。
たとえ、社内で一人目の妊婦になったとしても、外部にロールモデルという存在を複数作っておけば、新しいルールづくりの参考にも、アドバイスをもらうことだってできます。

少々心苦しいですが「中途半端なロールモデルであれば、いない方がマシ」という声を耳にすることもあります。ロールモデルがいないと嘆く声がある反面、いることに悩む人もいるのです。あなたの現状をどう捉えるかはあなた次第。誰かの模倣をするでなく主体的な動きで、ロールモデルになり得る自分を積み重ねていきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


職場 悩み ロールモデル

関連する投稿


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

想像と違う、相談相手がいない…。転職者が入社後に陥りがちな悩みって

年度の始まりであるタイミングで転職した人も多いのではないでしょうか? しかし、前職とのギャップなど悩んでいる転職者も多いのだそう。実際どんなことで悩んでいるのか、全国の転職後1年未満のビジネスパーソン500⼈に聞いてみました。


新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

新社会人のあなたに贈るビジネスマナー[電話対応編]

電話って、いつかかってくるかわからないし、急に自分の知識外な用件を言われることもありますよね。 予想ができないからこそ、新社会人になったばかりのあなたには不安になるもの。 不器用でも嫌な印象を与えたくない。そんなあなたの為に、今日から実践できる電話対応法をご紹介します!


女性の社会進出は進んでいるけれど…。働く女性が抱える悩みとモヤモヤの解消法

女性の社会進出は進んでいるけれど…。働く女性が抱える悩みとモヤモヤの解消法

仕事をバリバリこなす働く女性が増え、女性の社会進出も進みました。「キャリアアップしたい!」と考える方が多い反面、職場での悩みをかかえる方も……。 そこで今回は、働く女性がかかえる悩みを3つご紹介。心のモヤモヤを解消する方法も解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。


「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

なんでも完璧にこなさないと、とつい自分を追いこんでいませんか? そんなに「完璧」を求めなくても、意外と物事って上手くいくこともあるんです。 頑張りすぎなあなたに、ちょっと力を抜くポイントを紹介。


最新の投稿


「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

「なんで私って…」自分を責めてしまう人が辞めるべき、驚きの食習慣3つ

生きていると自分にほとほと嫌気がさしてしまう時ってありますよね。そんな自分の性格を責めてしまいそうになりますが、実は食習慣が影響して自分を責めてしまいやすくなることもあるのです。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

家であるもので簡単!ストレスを発散させる方法って?

現代人は多大なストレスにさらされて毎日を過ごしていますよね。それなのに今、これまでとは違ったストレスにを感じながら生きているはず。 そんな今こそ、自宅で簡単にできるストレス発散法を用いて、サッとストレスをサヨナラしちゃいましょう。


いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング