美容に勉強に自分磨き…寝る前の「2時間」を充実させれば誰よりも幸せな人生に♡

美容に勉強に自分磨き…寝る前の「2時間」を充実させれば誰よりも幸せな人生に♡

夕食とお風呂が終わったら、じぶん時間。さぁ、今晩は何をして、ゆっくり過ごしましょうか?


ぐだぐだしていたら、あっという間に寝る時間

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

帰宅してご飯を食べてお風呂入って…。
スマホをみながら、ぐだぐだしていたらあっという間に0時超え。

慌てて布団に入るけど、なんとなく眠くなくて、またスマホをいじる…。こんな日々を送っていれば、疲れるのも当然です。

寝る前の2~3時間をどう過ごすかで人生の質は変わってくるかも♡

寝る前の2時間が勝負の分かれ目

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんな人も1日24時間であることは同じ。
同じ時間を与えられているはずなのに大きく伸びる人とそうではない人の違いは、一体どこにあるのでしょう?

おそらく、帰宅してから寝るまでの時間の使い方に問題があるはず。たとえばご飯もお風呂もせっかく早く済ませているのに、どうでもいいテレビ番組を流しながら、スマホでゲーム…。こんなことをしていたら、普通のままで人生が終わってしまいます。

一方、仕事もプライベートも充実させられる人は、寝る前の2~3時間がいかに貴重であるかを知っているため、基本的にスマホにべったりということはないでしょう。

資格勉強をしたり、本を読んだり、いつもより早めに寝たり…。できる人は、毎日ストイックに過ごしているものです。寝る前の2~3時間も予定を立てておけば、ダラダラ癖からも卒業できるのです。

タイマーを使って小刻みに進める

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

寝る前の2~3時間を最大限に有効活用するためには、タイマーが必要になります。

たとえ仕事をするとしても、寝る時間が決まっている以上はタイマーをかけ、多少追い込むかたちをとらないと、いつまで経っても目途が立ちません。

たとえば、翌日に向け、少しだけメールを返しておきたくてもタイマーで「10分」と設定し、集中して返すことで、余った時間を他のものに充てることができるのです。

ちなみに筆者の場合は、ピアノを練習する時間とハードワークを両立させるため、毎日一通りのお仕事を終えた後にタイマーをかけ、ピアノの個人練習に集中しています。

だらだらと取り組むよりも効率的で、以前よりも指の動きが軽くなりました。

スマホは禁止!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

寝る前の2~3時間を有効活用したいと思っているなら、スマホとの関係性を見直す必要があるでしょう。

どんなに「情報収集」をしたいと思っていても、時間を決めずに寝転がりながらスマホで情報を集めるのは危険!

深夜はただでさえ、孤独を感じやすいのに、さらに情報を入れたところで、おそらく感情を処理しきれないまま翌日を迎えることになります。

夜は、その日の疲れを癒す、もしくは将来の自分のために動く時間帯。いつまでも、スマホを通して繋がらずに、早めに外界との繋がりをシャットダウンしておきましょう。

美容に集中する日もつくる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

毎日、仕事が終わった後に自分磨きをするのも、なかなかハードです。
相当自分に対してストイックな人ではない限り、おそらくそんな生活を続けるのは不可能に近いでしょう。

たまには、寝る前の2~3時間を美容のためだけに使ってみませんか?
たとえば、セルフネイルがうまくなりたいと思っているなら、フットネイルを可愛くしてみたり、ゆっくりとマッサージをしたり、お部屋にスペースがあればヨガをしたり…。

もちろん、美容に集中している間もスマホの電源はオフに。

寝る前の2~3時間が充実すると、心も身体もキレイになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

寝る前の2~3時間を充実させると、毎日のリズムが整ってきて、心も身体の状態も安定してくるでしょう。

多少の波があっても、寝る前の2~3時間をどう過ごすか決めておくことで、大荒れな状態は避けることができます。きっとコツコツと工夫し、続けていけば、自分の自身にも繋がるはず♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、年齢が表れる「首のケア」についてです。


メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

時間がない朝やコンタクトが入れられない疲れ目が気になる時は、メガネの出番。メガネのフレームの色、大きさ、太さによってメイクを変えるのが正解です。メガネというオプションを上手に活かして、映えるメイクを狙いましょ♡


横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「耳のケア」と、耳を美しく見せる「ピアス(イヤリング)の選び方」について紹介します。


早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

髪の毛を洗った後、乾かすのが面倒でダラダラしていませんか? 特に髪の毛が長い女性だと、お風呂上がりのドライヤーは時間がかかって大変ですよね。今回は、髪の毛を乾かすのがめんどくさいズボラ女子のために、美髪アドバイザーの寺村 優太さんに早く乾かすためのドライヤーの使い方について教えて頂きました。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング