このままずっと独身?不安に感じたときにできること

このままずっと独身?不安に感じたときにできること

独身生活が長く続いていると、基本的に不安で不安で仕方がない…。今回は、不安に感じたときにできることをご紹介。


正直、不安です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

理由あって、今は独身。
つい数か月前まで彼がいたけど、あっという間に終わりを迎えた。

周りが結婚ラッシュを迎える中、独身で居続けることは、想像以上に大変。
独身だからできることがあると分かっていても、不安に押しつぶされるときがたくさんあるでしょう。

今回は、独身女性のために不安に感じたときにできることをご紹介します。

両親に親孝行リストを書いてもらう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ご家族がご健在の場合は、両親に親孝行リストを書いてもらいましょう。父親で50個、母親で50個、合わせて100のリストを書いてもらうのです。もちろん100で足りなければ、追加しても構いません。

結婚や妊娠・出産が最大の親孝行と分かっていても、それは相手があって成立する話。今はいないなら、今の自分ができる親孝行を両親から教えてもらって、一つずつ達成していくのです。

きっとリストを書いて渡せば、本人がそれなりに一生独身を覚悟しながらも必死に過ごしていることが伝わるでしょう。書いてもらったら、すぐに一つでも二つでも叶えてあげましょう♡

ソロウェディングを検討する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今の時点で彼氏はいなくても、数か月後にはどうなっているのか分かりません。
それが恋愛の面白いところでもあります。とはいえ、しばらく恋をする予定もなく、20代30代とあっという間に過ぎる気配がしているなら、一度、ソロウェディングを行っておくのも悪くないでしょう。

40歳、50歳で結婚するとなってもドレスを着られますが、若いうちに一枚写真に収めておくことで、記念になります。たとえ相手がいなくても、両親にドレス姿をみせておくことは、一つの親孝行のかたちです。

周りが「イタい!」と言っても、それは結婚をしている立場だからいえること。若いうちに一回ドレスを着ておきたいなら、写真館に予約をしましょう♡

新たなスタイル!ソロウェディングのメリットについて考えてみた

https://cinq.style/articles/892

最近はシングルでもドレスを楽しめる時代!今回は、ソロウェディングのメリットについて考えてみました♡

お金のプランを明確に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今はご両親がご健在でも、いつかは離れ離れになるときが必ず訪れます。そのときが来てから慌てて行動するよりも、前もって動いておくことで気持ちが楽になれます。

たとえば、自分だけでお金のプランを立てにくい場合は、ファイナンシャルプランナーさんに一度、相談してみるのもあり!

お金のプロにみてもらって、今どれだけ無駄な支出が多いか、20代30代のうちにどれだけ貯めておく必要があるのかを算出し、一つ一つの目標を着実にクリアしましょうね♡

こちらの記事もチェック!

女性にとって大切な、将来の「お金」について考える

https://cinq.style/articles/83

生きていくために必要な時間とお金。 自分でできることの中で、ちょっとした貯金を貯めるコツを順番に整理して見ましょう。 今後どんな生活を選んで、どんな風に過ごすのか、具体的ではなくても頭の片隅に置いておいて。

手に職をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今は両親や家族が近くにいても、いつかは一人だけで生きていかなければいけません。もちろん、そのときは旦那さんがいらっしゃる可能性も十分考えられますが、今の時点で特定の恋人がいなければ、一人で生きていくつもりで計画を立てたほうが安全でしょう。

できれば、手に職をつけて、長く働き続けられるように準備もしておくべき。

本業とはまったくかけ離れている仕事でも、プロの領域になれば、手に職をつけたことになります。一人で生き抜くだけの術を両親が生きているうちに、習得しましょう。

不安を打ち消して、かっこいい女になろう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

独身を寂しい、という人は放っておけばいいのです。
そういう女性に限って、一人では生きていけないタイプなんですから!

大切なのは、まったくブレることなく、一人で生き続けるだけのスキルや知識を身につけ、明確なライフプランを作成しておくこと♡

若いうちから準備しておけば、そこまで緊急的に困ることもないでしょう!

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

嫉妬というと、ネガティブな印象を受けませんか? けれど実は嫉妬にも多くの利点があります。嫉妬深い人ほど結婚の決断が早い?! 愛情が深くなる⁈ 今回は嫉妬を徹底解明。男性が嫉妬や独占欲を露わにしている時の特徴や対処法を紹介していきます。


このままでいいのかな? 仕事に関する不安を打ち消す「キャリアの棚卸し」

このままでいいのかな? 仕事に関する不安を打ち消す「キャリアの棚卸し」

ある程度仕事を続けていると「このまま今の仕事を続けていいのかな」という疑問をもったり、目に見えない「将来」に関して漠然とした不安を抱いたりすることが増えていきます。キャリアに関する不安やモヤモヤを感じたら……まずはキャリアの棚卸しからスタートしてみましょう。


結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

結婚できる・できない? 「戦略的婚活」を成功させる人・失敗する人の違い

街コンイベントやアプリなど、今は出会いを探そうと思えばいくらでも出会いが見つかる時代。「結婚したい」と思っている女性が、そういったサービスを利用することも頻繁になってきました。では、戦略的に婚活を成功させられる人と、失敗してしまう人の違いはどういったところにあるのでしょう? ポイントを3つに絞って解説していきます。


30歳を過ぎた婚活女子に 恋愛成就のために取り入れるべき3つの意識改革

30歳を過ぎた婚活女子に 恋愛成就のために取り入れるべき3つの意識改革

周囲の女友達はどんどん結婚したり、順調そうな恋愛をしているのに、私だけがひとりぼっち…。焦りや不安を抱えている婚活女子も多いのではないでしょうか。そこで今回は、大人恋愛がうまくいくための秘訣をご紹介。


外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第102回目は、女性がひとりで性欲を満たすことへの抵抗感について考えます。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング