思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

思わずやってない?友達がシラけちゃうアナタの行動癖

知らず知らずの内にやっちゃってる、周りをシラけさせちゃう行動…!失敗しなためにも事前に自分の行動を見直ししよう。


気の合う友達とずっと一緒にいると、当たり前に感じ過ぎて遠慮がなくなってしまいがち。どんなに気をつけていても、つい「あの子なら分かってくれる」という気持ちで甘えが出てしまうのですよね。

しかし、それでも流石にこんな対応されちゃうとシラけちゃう…と、思われるNGな行為もあるものです。今回は、親しき仲にも礼儀あり!友達の前でもやっちゃダメな行動癖3パターンをご紹介します。

食事前の撮影会

インスタ映えする写真を撮りたいが故に、食事をお預けさせてしまっていることはありませんか?1、2枚撮る分ならまだ許容範囲。しかし、良い写真を撮りたいという気持ちが先行し過ぎて、何度もリテイクして相手を待たせ過ぎていないか気をつけましょう。

同じテンションで一緒に写真を撮っている友達同士ならOKですが、自分が写真を撮っている横でニッコリ微笑みながら“待ち”の姿勢を取っている友達がいたら即座にストップして。内心「まだかな?早く食べたいな」と思っている可能性大!

スマホ片手に“ながら喋り”


ちょっとしたスキマ時間が出来るとつい手を伸ばしてしまうのが、携帯。一人でいる分は自由にいじっていても良いですが、誰かと一緒にいる時にスマホをいじるのは基本的にマナー違反。携帯を触るのが日常になっている方は、意外と気づかない間にやってしまっています。

相手の話を「あ~、そうだよねぇ。うんうん。」と言いながら携帯をピコピコ…されている側は正直、あまり良い感じはしません。急ぎの用事で携帯を確認しないといけない時は、「ごめん、ちょっと携帯確認して良い?」と断りを入れることで印象の悪さをカバーできます。

自分語りが多い

女友達との会話が心地良いのは、自分に共感してくれるという暗黙のルールが成り立っているからかもしれません。愚痴を言っても理解してもらえる、欲しいと思った返答を気持ちよく返してくれる。そうした女同士ならではの見えない優しさや気遣いを互いに出来てこそ「この人といると楽しい」という気持ちになるのでしょう。

しかし、一方が我慢をして聴くばかりでは互いに仲の良い関係性を築くことが出来ません。その点を意識して自分の話ばかりが多くなっていないか気をつけましょう。「あれ?そういえば私ばかり話してる?」と、思った時は「〇〇ちゃんはどう?」と相手の話を聴くターンに変更すると良いですよ。

節度を持った気遣いと配慮を

女友達は深い関係になればなるほど、複雑な感情が生まれやすくなっています。彼氏と違って、甘えて良いだけの関係では上手くいかなくなることが多くなるので、女友達にこそ“親しき仲にも礼儀あり”を徹底しておくと良いです。

相手を気遣う配慮が互いに出来てこそ、本当に気持ちの良い関係性を築くことが出来ることをぜひ、お忘れなく!






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


家事を簡略化する、お家快適化計画!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

家事を簡略化する、お家快適化計画!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活も大きく変化しました。そこで今回は、働く女性にコロナ禍で変わった生活習慣について聞いてみました! 今回教えてくれるのは株式会社ビジネスウォリアーズの中村 まいさんです。


疎遠になった友達と復縁した後に気をつけたいこと

疎遠になった友達と復縁した後に気をつけたいこと

疎遠になった友達と、巡り巡って復縁。恋人と同じく、再び離れ離れにならないようにポイントをおさえておきましょう。


「家事は無理せず効率的に」が新ルールに。ミレニアル世代の生活実態の変化

「家事は無理せず効率的に」が新ルールに。ミレニアル世代の生活実態の変化

20代後半~30代の『ミレニアル世代』の既婚女性たちはどのような生活を送っていて、昔と比べてどのように変化をしていったのでしょうか? 花王株式会社「生活者研究センター」が20代後半~30代の既婚女性に、日頃の家事について調査を実施。その結果を見ていきましょう。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング