アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

アパレル店員には売上げを伸ばすテクニックが必要不可欠。"買いたい"と思わせる接客術とは

たくさんの"モノ"が溢れている中で、「買ってもらう」ことはそう簡単なことではありません。お客さんの立場からみる"買いたい"と思わせる接客術について考えてみました。


どうしたら売れる?

接客業や営業。お客さんに何かを購入してもらうといったお仕事は、「どうしたら売れるのか?」が永遠のテーマ。いくら質の良いモノでも、その魅力が伝わるセールストークが無ければ、たくさんの商品から選んでもらうことができません。

アパレル業界も、お客さんとのコミュニケーションを大切にしているのは間違いないですよね。とはいえ、難しいのがコミュニケーション。買いたいと思わせてくれる店員さんもいれば、逆もしかり。 今回は、自分がお客さんとして「この店員さんの対応は流石だな」と思ったことをお伝えします。

職業は違っていても、モノを売る仕事をこなしているのであれば、共通する点がたくさんあるはず。個人的な意見ですが、参考になれば嬉しいです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

"自分の都合"で話しかけない

入店するとすぐに話しかけてくる店員さんがいますが、これでは実際にお店の商品をチェックすることができていないので「どんな服なのか?」「どんなモノを取り扱っているショップなのか?」がわかりません。情報が入る前に店員さんに話しかけられると、正直困ってしまいます。

ラックに並んでいる服をよく見てみようと、取り上げた時も同じです。色や雰囲気が気になったから、形やデザインをしっかり見ようと手にした途端に「この商品は~」と説明されたところで、魅力を感じるかというと正直、ウーン…。売上を上げることがお仕事なのは、100も承知なのですが「買ってください!」というプレッシャーにより、気が引けてしまいます。

話しかけるベストタイミングとしては、それなりに滞在時間があるお客様が、なにかに興味を持っている時です。「買うかどうか悩むな…」「何色がいいかな?」と迷っている時に話しかけてくれる店員さんは素晴らしいと思います。"自分の都合"で話しかけるのではなく、お客さんとの程よい距離感を意識して、必要なタイミングを読み解く、それがプロの技なのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お客さんが求めている情報は何か?

セールストークあるあるで使う「私も持っています!」というフレーズ。これは、友達や有名人ではなければ、あまり効果がないともいえるでしょう。お客さん側からすると、そこに知りたいと思える有益な情報はありません。

ベテラン店員は、自分に合う色はどれなのか? といった情報やシーンに合わせた着こなし方など、お客さんのタメになることをさらりと伝えています。つまり"あるある"フレーズは使っていないことがわかりますよね。

きちんと相手の気持ちを理解してから商品を進めることが、相手を不快にさせない接客方法です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自然体で接する

お客さんと接するときはあくまで自然体でいることを忘れずに。理由は、先ほど紹介したように「買ってください!」というプレッシャーを与えないためです。また、お客さんが手にとった商品をすぐさま綺麗に整えるといった作業も、罪悪感を与えるきっかけになるので注意するべきだと思えます。

笑顔で挨拶、そして丁寧な接客をこなしていれば、お客さんもそれをみて話しかけやすい雰囲気の人だと認識してくれるので、相手から話しかけてくれるようになることもあります。特別"売れるワザ"を習得しようとしなくとも、自然体でお仕事することが、いちばんの近道ではないでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

モノを売る仕事は、相手にどれだけ信頼してもらえるか? が勝負です。接客歴よりも、人柄で常連さんはつくし、売り上げも伸びてきます。人とモノとの出会いを素敵に演出することを忘れてはいけません。

最初は上手くいかないことも沢山ありますが、次第に経験が付いてきて自信を持てるようになるでしょう。今回紹介した「お客さんの声」をたくさん聞いて、スキルアップしていきましょう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア スキルアップ

関連する投稿


催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

ビジネスシーンでは言いにくいお願いや催促を伝えなければならないこともあります。相手に失礼がない催促メールの送りかたを知っておきましょう。


名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第35回目は、名刺交換から人脈に繋げる方法についてです。


相手をやる気にさせる「ペップトーク」を身に着けよう #話題書籍から学ぶ

相手をやる気にさせる「ペップトーク」を身に着けよう #話題書籍から学ぶ

仕事で大きな仕事に取り掛かるとき、自分自身で気合いを入れることがあると思いますが、誰かに応援されると、よりパワーを発揮できることってありますよね。それが「ペップトーク」の力です。これをマスターして、たくさんの人をやる気にさせていきましょう!


同業種より異業種といる時間の方が、発見が多いと言う気づき|MY WORK ヒント#34

同業種より異業種といる時間の方が、発見が多いと言う気づき|MY WORK ヒント#34

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第34回目は、異業種と交流している時間の大切さについてです。


30歳で実感!20代のうちにやっておくべきこと

30歳で実感!20代のうちにやっておくべきこと

心も体も変化する、20代から30代に差し掛かる時期。自分らしく輝く30代を迎えるために必要なことって?


最新の投稿


たった一言が運命を動かす。私が感銘した言葉たち

たった一言が運命を動かす。私が感銘した言葉たち

家族、恋人、親友、芸能人、偉人たち…。悩みにぶつかってしまったとき「言葉」が私たちを救ってくれます。今回は、私が感銘した言葉たちをご紹介します。


勝負ワンピやホワイトコーデからは卒業 一目でモテを惹きつける本命コーデ

勝負ワンピやホワイトコーデからは卒業 一目でモテを惹きつける本命コーデ

お仕事終わりに"出会い"の予感がする飲み会へ。一目でモテを引き寄せる、華やかコーデでいってきます。


催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

ビジネスシーンでは言いにくいお願いや催促を伝えなければならないこともあります。相手に失礼がない催促メールの送りかたを知っておきましょう。


自分にしかできない仕事なんてない。他の人でもできる仕事にこそ価値がある理由

自分にしかできない仕事なんてない。他の人でもできる仕事にこそ価値がある理由

自分が今やっている仕事は、誰にでもできるような仕事だと、将来に不安を感じる。自分にしかできない仕事を追及したくなる。でも、そんな仕事ってあるのでしょうか? そして、その選択は幸せになれるものなのでしょうか?


名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第35回目は、名刺交換から人脈に繋げる方法についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング