年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男子と2人で食事に行った場合のお会計、奢るべきか割り勘か。どちらが正解?

年下男性と食事に行くことになったら、ちょっと迷ってしまうのがお金のやりとり。年齢差や性別にもよるけれど、食事にいくたびに全負担していると自分の財布の中身が危ういし……。さて、あなたならどうしますか?


年下メンズと食事に行った時のお会計……

自分の年齢が上がってくると、後輩も増えてきて年下と食事をする機会が増える。もちろん年下の男の子と二人で飲みにいく、といった機会もあるでしょう。そんな時にちょこっと悩むのが、金銭的なやりとり。年上の男性と食事に出かける時は、出してもらうことの多いお会計ですが、年下の場合はどうするのが正解なのでしょうか?

相手が学生の場合

相手が学生の場合は、相手の収入も考え年上として、しっかりと負担してあげましょう! 学生は学ぶことが一番大切な時期です。社会人になると、年功序列でお支払いをすることがあるといったマナーをしっかりと年下男子に教えてあげましょう。その代わり高級なお店に連れていく必要などはありません。ちょっとした居酒屋などで、気軽に食事を楽しんで。
あなたが彼にとっての憧れの女性像になるかもしれません。

相手が社会人の場合

難しいのが、相手が社会人の場合です。年下といっても男性は男性。明らかに多く負担しすぎると相手のプライドを壊すことにもなりかねません。相手が恋人であった場合は綺麗に折半することが多いとも言われていますが、相手に恋愛感情の一切ない場合(ただただ可愛い後輩の場合)は少し多めに負担してあげるといった女性が多いようです。

基本的には多めに出す、が無難◎

もちろん年齢差にもよりますが、それによって収入の差もあることを考えて基本的には多少多めに支払ってあげるのが一番無難であることは間違いありません。7:3か6:4、または端数のみを年下くんに負担してもらう、といった意見が多くなっています。

恋愛感情を持っているなら、すべて奢るのは辞めた方がいい

相手が友達以上、恋人未満の場合には自分が多めに支払うのは「ちょっと微妙……。」と感じる女性も少なくはありませんよね。これは筆者の考えですが、相手も自分に恋愛感情を持っているのを感じているのであれば、全てを自分が負担する必要はありません。奢ってくれるのが当たり前、といった考えを相手に植え付けてしまうと、付き合った後も自分に負担がくることが多く、後々苦しむことになるからです。

そして、もう一つは男性は好きな女性に尽くしたい、と言った精神も持ち合わせているからです。
本当に好きな女性ができた場合、男性はできる限り自分をよく見せよう、好きになってもらおうと、優しさを積み重ね努力してくれます。収入でも日常生活でも、男性は「頑張っている自分」に満足する節があるのです。その部分をあなたが全て奪ってしまうことで、男性の恋愛意欲もすり減らしてしまうと言った危険もあります。お互いに好意を持っている時は、あくまで対等な付き合いということを考え、きっちりとした割り勘方法を覚えてもらうことをオススメします。

気持ちの良いお会計を

金額に限らず、「今回は出したから、次回は奢ってね」とわかりやすい分け方にしても問題はないでしょう。年下であっても、男性である以上は自分が多めにお金を出すべきだ、と考えているメンズは多いからです。食事をする時間が楽しく過ごせれば、どっちがお金を支払った、支払ってないに限らず奢った方も気持ちよくお店をでることができます。気持ちの良いお会計ができるように、お互いに「ごちそうさまでした。」ときちんと感謝の気持ちを忘れないことが大切なのです。

あなたはどっち?年上彼・年下彼と相性の良い性格とは

https://cinq.style/articles/1394

相性の良い人は年上の彼!...そう決めつけていた私が結婚したのは、3歳下の年下彼だった。そこから考える自分に合う人の見つけ方についてご紹介!






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


マネー デート 年下

関連する投稿


年収アップの前に倒れないで! 複数のお仕事をこなすときに気をつけたいこと

年収アップの前に倒れないで! 複数のお仕事をこなすときに気をつけたいこと

年収アップをするために複数のお仕事をかけもち…。でも、想像以上に実は大変なんです!今回は、複数のお仕事をこなすときに気をつけたいことをご紹介いたします。


入社後の試用期間が勝手に延長されています…#これってハラスメントですか?!

入社後の試用期間が勝手に延長されています…#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は試用期間についてのトラブルです。


コツコツ貯めてお得に買い物! 最近よく聞く「ポイ活」とは一体?

コツコツ貯めてお得に買い物! 最近よく聞く「ポイ活」とは一体?

最近よく耳にする「ポイ活」。上手く利用すればお得に買い物ができるようになるため、始める人も増えています。一体どんな仕組みになっているのか? 全く詳しくない人に向けて解説します。


時短営業中は残業代がつかなくて当たり前? #これってハラスメントですか?!

時短営業中は残業代がつかなくて当たり前? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は時短営業だけど残業が続いている方からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング