嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


何かと、気になる存在のあの子

毎日顔を合わせる職場だからこそ、好きも嫌いも生まれてしまうことってあります。
何かと行動に目がついてしまう可愛いあの子、自分より優秀だと思われている職場の同僚、身近な存在の人に「羨ましい」と思った経験は誰にだってあることでしょう。嫉妬することによって、悔しいと苦しいが入り混じったモヤモヤを感じることもあれば、逆に嫉妬されたことによる面倒臭さを実感したこともあるはず。

こんな人間ならではの嫉妬という感情に、どうやって向き合えばいいのでしょう。

面倒だとわかっていても嫉妬してしまう

あるときに、相談されたことがあります。
「そこまで仕事ができるわけでもないのに、職場メンバーからちやほやされている女性に、なぜか嫉妬してしまう。なんであの子があんなに可愛がられるの?」

同じ女性としてこんな感情を持つのは普通のことなのかもしれません。だけど嫉妬心を持ち続けるのは自分自身にとっても苦しいこと。嫉妬する女の顔は醜い、と聞いたこともあるでしょう。これは、嫉妬心を持つこと自体を醜いと言っているワケではないのです。
けれど、人を妬んでいるときの自分は、自分自身の魅力や自信、努力に一切目をやらず、人の粗を探すことに一生懸命になってしまっています。その時の目の鋭さと冷たさを他の人に見られたら……? きっと恐ろしい表情をしているに違いありません。その表情が醜いと表現されてしまうのです。

嫉妬心に自覚したときこそ、人を斜めから見るのではなく、自己成長のタイミングだと前向きに捉えましょう。

嫉妬を認め、行動を変えることが自己成長へと繋がる

自分より人に好かれる才能がある人、単純に自分よりスキルが上の人など、つい嫉妬の対象となってしまう人は次々に現れます。それは、嫉妬する対象の人が自分の同僚だったり、また年齢が近いなどの共通点があるから。
自分とかけ離れた芸能人や、経営者に嫉妬をすることなんてそうはありませんよね。私たちが嫉妬心を抱く対象は、「自分もああなれるかもしれない」といった対象だと認識しているから。その気付きこそが、自己成長のカギといえるのです。

何かと目についてしまう人、嫉妬心を抱いていしまう人の持つ「羨ましい要因」を分析しましょう。

(例)
人から好かれているのはどうして?→物腰が柔らかく、人当たりがいいから。
なぜあの子ばかり優遇されるの?→積極的に行動・発言しているから。

要因を理解したところで、「私にはあんなことできない」と感じることもあるでしょう。そんな時は、嫉妬の対象となる人がもっていない自分の強みを見つけ、そこを伸ばせば良いのです。

嫉妬の対象である人に目をやってしまう分、自分の良さを消してしまうことはとてももったいないこと。また嫉妬という感情と付き合いながらの仕事や行動は、自分にとってストレスとなってしまいます。誰もが「同じ」になる必要はないのです。自分自身の考えや価値観を押し付ける必要もありません。目立つ存在や評価される人にはそれなりの理由が存在していることを知りながら、自分との違いを理解し、その違いこそを伸ばせる努力に費やしましょう。

嫉妬が及ぼすNG行動

嫉妬が原因でついやってしまいがちなNG行動が、相手を陥れようと愚痴を言える仲間を増やしたり、悪口を言いふらすことです。女性にありがちなチーム行動は、自分を保つための武器になり得ると思ってしまいがちですが、職場においては自分自身の評価を落とす危険性の方が高いのです。他者に気を取られて、自分の仕事と向き合わずに人間関係ばかりを気にしている……。これでは自分自身に評価がついてくるワケがありません。

一つ覚えておいてほしいのは“人の評価を覆すより、自分の評価を伸ばすことの方が圧倒的に簡単”だということです。

「そこまで仕事ができるわけでもないのに、職場メンバーからちやほやされている女性に、なんだか嫉妬してしまう。なんであの子があんなに可愛がられるの?」こう話しかけてきた彼女も、もしかしたら私を、一緒に愚痴を言い合う仲間にしたかったのかもしれません。だけど、私は、正直その人のことを「裏でコソコソ言ってばかりの面倒な人だ」と感じてしまいました。

どんな感情も、持ち合わせてしまったのならば、良く活かしたいものです。

嫉妬された場合には「逃げるが勝ち」の考えを

では逆に、人から嫉妬を受けてしまった時はどうすればいいのでしょうか?
正直に言うと、筆者の周りには嫉妬を受けやすいタイプの女性が多く集まっていると思います。もちろん、私自身が嫉妬を受けた経験もありますが、実際に「上司と親密な関係があるに違いない」、「あの子はきっと夜のお仕事をしているから、色気があるんだ」などとあまりにも理不尽な言われようをしている友人をたくさん見てきました。

嫉妬される人には嫉妬されるなりの理由があるのです。ただ単に目立つ、というだけではなくその雰囲気や行動がそうさせている部分もあるでしょう。そして、自分が目立つということや嫉妬されやすい人間だと、自分自身も認識している人がほとんどです。

デキる人はつらい!?嫉妬される人の特徴と対処法

https://cinq.style/articles/709

成功すればするほど人は孤独になる…。元々嫉妬される体質だと、さらに一人の時間が多くなったり。今回は、嫉妬されやすい人の特徴と対処法をご紹介します。

だけど、自分自身が嫉妬されやすい人間だと気づいている人は、あまりそこを気にすることをしません。それは一種の“慣れ”でもあるでしょう。自分の行動を説明づける理由も明確に持っているからこそ、評価されるのは当たり前だと自信を持っている人も多いです。だけどそこで、注意するべきなのは、傲慢になりすぎてはいないか? ということ。

羨ましい、でなく嫌われる存在になる前に注意すべきこと

自分に自信を持っているからこそ、つい自己中心的に押し付けてしまう性質は、ときに支配者となってしまうこともあります。

「妬まれることが多い人」が覚えるべきは“逃げるが勝ち、という精神を取り入れる”ことです。自分を理解してもらおうと、説明づけや理由を述べ、相手を打ち負かすといった支配的な欲を持つのではなく、「そう考える人も居るんだ」と理解した上で、落ち着きを持って逃げるが勝ちの精神を利用していきましょう。

無理に自分を理解させることは簡単ではありません。また万人から好かれる努力だと思って謙虚さをアピールしたところで、きっとそれが崩れる時がやってきてしまいます。面倒くささやストレスを持つよりは、ずっと楽になるはずです。

分かり合えないことは普通にある

同性として、または仕事相手として、分かり合えないことはどうしてもあります。どちらの感情にも理由があり、どちらか一方が悪いわけでもありません。もちろん、コミュニケーションをとっていないことや、認識の違いが負の感情を成長させる栄養素となってしまっている可能性もありますが、住む場所から家族構成、育ってきた環境が違う人たちが集まる環境で、全てがそううまくいくはずもないのです。

自分との近さや、違いを実感したときこそ、嫉妬は生まれやすい感情ともいえます。だからこそ、いかにその感情をコントロールし、上手に付き合っていくかを考えるべきなのではないでしょうか。

「別に、誰かのせいじゃないでしょ?」感情抜きで仕事ができない女性たち。

https://cinq.style/articles/662

女性が多い職場は一見華やかに見えて、実は悩み事が絶えない。一緒に働く仲間としての不満、一女性としての葛藤と嫉妬。感情を抜きにして、付き合いができない女性たちについて。






この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング