【振り回されない女になる!】大人女子だからこそ知っておきたい、LINEとの上手な付き合い方

【振り回されない女になる!】大人女子だからこそ知っておきたい、LINEとの上手な付き合い方

今や連絡の手段といえば「LINE」。気軽に使うようになったからこそ、LINEで毎日振り回されないように、今一度上手な付き合い方を学んでみて♩


LINEに振り回される女子、多すぎません?

今や連絡手段として"当たり前"になったLINE。だけど、今までのメールにはなかった既読機能がついたり、アルバム機能、グループトークやLINE通話も充実しているから、とついついLINEに振り回されっぱなしの生活を送っていませんか? 好きな人からのLINEに一喜一憂…。すぐに既読にしちゃ、まるで見張ってたみたい…だし。なんてついつい計算してしまうLINEのやり取り、正直疲れちゃう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

あくまで連絡ツールです!

ITが進んで、確かに顔を合わせなくてもコミュニケーションが叶うようになった今。とはいえ、私たち大人女子は「会いたい」と思ってもらえる人でありたいもの。SNSだけのやり取りで関係が終了なんて勿体無い。だからこそ、LINEはあくまで"会うため"の連絡手段なんだってこと、知っておいて。LINEでモテを得たって、それは一時的なテクニック。直接会いたい! と思ってもらえることこそが、自分らしい魅力なのです。

足りない言葉を補うための連絡手段だって、覚えておいて

直接会っても話し足りなかった部分を補うために使うのがLINE。ついついだらだらとラリーを繰り返しているようなら、今一度そのやり取りを見直してみて。さっきまで連絡が来ていたのに、急に来なくなった…。なんて悩まされることもなくなります。

アイコンはナチュラルが間違いない!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

盛れるアプリがたくさん登場していますが、もはや誰なのかすらわからないほどに違っているプロフィール画面を設定していると、直接会った時にガッカリ! なんてことに…。イタイ女認定されないためにも、プロフィールはナチュラルな画像を選ぶと間違いないでしょう。

加工しすぎた画像を設定しているだけで、プライドが高そう、なんだか信用できない、と構えてしまう男性も居るのだそう…。女の武装はあくまでナチュラルに、自分らしさで勝負して。

長さや行数、テンションは相手に合わせて

LINEは、長文で打つ人と、連続LINEを分けて送ってくる人で分かれます。相手が短文LINEで送って来るのに対して、ズラーっと読むだけで時間がかかるような長文LINEを送ってしまうと相手を疲れさせてしまう原因に…。コミュニケーションツールであるLINEだからこそ、相手の打った文字数やテンションを合わせることで、関係がスムーズに。

スタンプは、相手によって選択を変えて◎

LINEでは、公式スタンプの他にも個性の光る様々なクリエイタースタンプが発売されています。とはいえ、スタンプの使いすぎにも注意が必要です。面白い、と思って使ったスタンプが、相手には全くウケなかった…。間違えて、会社の上司におちゃらけたスタンプを送ってしまった…。ということのないように、くれぐれもご注意を!

未読スルーも既読スルーも当たり前!

既読スルーは申し訳ないから、未読スルーで放置する、なんて大人にとっては当たり前のこと。だって私たち、時間は平等とはいえ、過ごしている環境も全く違っています。仕事中の連絡はマメにできないし、忙しい時は優先順位をつけて返信もします。未読スルー、既読スルーのままだからって、心配しすぎる必要もありません。もちろん、相手に強制させるのはやめましょう! ついつい携帯を見る回数が増えてしまう、そんなことに悩まされていたって、どうしようもないでしょう?

LINEに一喜一憂されない女になる♡

直接会っても、話が弾まないのにLINEでは饒舌…。なんてLINEのテクニックだけを駆使している方もいますが、それではなかなか良い関係に進むことはできません。LINEに振り回されるのではなく、コミュニケーションツールとしての上手な付き合い方を学んでいきましょう♩

時には連絡が少ない方が、うまく行くものなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第26回目は、遅漏男性の対処法について考えます。


勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

SNSをチェックするたびに既婚女子たちから子ども自慢が発信されている…。独身でがんばっている女子からすると、ちょっとだけ面倒くさかったり。今回は、既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツをご紹介します。


キレイにやるより、やってから考えるが◎。考えすぎないススメ|MY WORK ヒント#20

キレイにやるより、やってから考えるが◎。考えすぎないススメ|MY WORK ヒント#20

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第20回目は、新しいことを始める時に、不安が先行して足踏みをしてしまう時の対処法を考えます。


「勃っている=気持ちいい」は勘違い?男性への前戯HowTo|真っ赤な濡れオンナ#23

「勃っている=気持ちいい」は勘違い?男性への前戯HowTo|真っ赤な濡れオンナ#23

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第23回目は、男性器が勃っている時のパターンについて、ご紹介します。


「あっ…」その死語は笑えないかも?アラサーが気をつけたい口癖

「あっ…」その死語は笑えないかも?アラサーが気をつけたい口癖

死語を意識したこともなかったけれど、10歳以上下の子が新社会人になりつつある今。改めて無意識に使っている中に死語がないかチェックしたい!アナタの口癖は、大丈夫?


最新の投稿


【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

【ハワイ特集♡】大自然を満喫!1度は見ておきたいハワイの絶景3つ

ハワイ・オアフ島の旅といえば、リフレッシュも楽しみのひとつ。 その中でもハワイの大自然を全身で味わうことが、リフレッシュのための醍醐味ですよね。 そこでハワイの大自然をたっぷりと感じることのできる絶景スポットを3つご紹介します。


なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

なかなかイかない彼…。遅漏男性の対処法は、コレを試してみて|真っ赤な濡れオンナ#26

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第26回目は、遅漏男性の対処法について考えます。


いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

いつもと違う1日に。仕事が早めに終わったらしたいお出かけプラン

仕事が早めに終わったからこそ、今日は自宅ではなく、ちょっと寄り道。今回は、仕事が早めに終わったらしたいお出かけプランをご紹介します。


一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

一人って最高♡2018年スタートさせたいソロ活リスト

2018年も早くも1か月が過ぎようとしています。今年こそ、おひとりさまスキルを上げたいところ!今回は、2018年スタートさせたいソロ活リストをご紹介します。


松森杏佳プロも登壇! テーラーメイドゴルフが新アパレルと新クラブを発表

松森杏佳プロも登壇! テーラーメイドゴルフが新アパレルと新クラブを発表

2018年1月16日、都内某所で「テーラーメイドゴルフ2018年新商品発表会」が行われた。イベントでは新アパレルの展開と、革新的テクノロジーを搭載したクラブ「M3」「M4」の発表があり、プロゴルファーの田中秀道、松森杏佳、佐藤大平も登場した。


RANKING


>>総合人気ランキング