リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


仕事にまい進する女性が勇気をもらえる映画として名高い「プラダを着た悪魔」。内容もさることながら、アンハサウェイのオシャレなキャリアコーデが散りばめられていて、本当に観ているだけで気持ちが高まりますよね。そのいっぽうで感じるのは「本当にファッション業界ってこんなに厳しいの?」という疑問。

そこで今回はスタイリスト出身のライターが、実際のアパレル業界の厳しい掟から学んだ大切なことをご紹介いたします。

「教えないから見て学べ」

皆さんは、新しい職場へ入社したとき、まずどのような流れで仕事が始まりましたか?おおよそは、関係者に挨拶をして、教育係がついて、仕事の内容を教えてもらう…という流れがほとんどですよね。私自身も一番最初にスタイリストアシスタントの派遣会社に向かった際はそうして教えてもらえるのかと思っていました。

しかし、そこでちゃんと教えてもらったのは「アイロンがけ」だけ。「学びは事務所にあるんじゃない、現場にあるんだよ!」と、言わんばかりの勢いで、全く何も教わりませんでした。しかも、現場に行って「置き撮りの仕込み(モデルさんの着用なしの洋服を自然にキレイに見せるためのスタイング方法)を教えてください。」と先輩スタイリストに言っても「自分で見て学んで」と職人ばりのガッツの入った返事しか貰えないというのが現実です。

放置されたことで、得られた学び

教えを請うても断られるという、初めての経験をした私は、とにかく悔しい気持ちでいっぱいでした。なんでそんな意地悪を言うのか、見て学べとか言うけど、見るだけじゃ分かんねえ!…叫びたい気持ち何とか抑えながら、見よう見まねでとにかく仕事をこなしていきました。

でも、あれですね。人は怒りという強いパワーで出来ないことはないと思い知らされるものです。誰にも教わらなかったくせに意外と仕込みの出来あがりが良かったようで「え、本当に一人でこれ出来ちゃったの?」と拍子抜けな評価をされました。当時、教えてもらえなかった先輩スタイリストには
ムカつく!という気持ちしかありませんでしたが、たった数時間でいっきに成長できたのもこの先輩スタイリストのおかげであることに間違いはありません。

“仕事をつくる”という意味を知る

その日から私は「初めてだから分かりません。」という言葉を封印しました。というよりも、そんなことを言わなくても何とかできる!という大きな自信がついたのです。

話は変わりますが、皆さんは撮影スタジオが一時間いくらで借りられるのかご存知でしょうか?一時間数万円単位がほとんどで、大きなスタジオを借りると場所代だけで数十万はいきます。加えてモデル、スタッフ代諸々…一日で広告撮影がどれだけのお金で動いているのか何となく想像つきますでしょうか?

だからこそ、撮影現場の人間が大切にすべきことは「時間」。相手を待たせないように、モデル・カメラマン・メイクの時間を削らせないように一分一秒を大事にしながら短い時間で最高のクォリティを作るのです。だからこそ一人一人が今、自分にできる仕事は何なのかを常に考えながら、先を読んだ行動をしなくてはならないのです。

アパレル業界で学んだこと

誰かに何かをしてもらうのを待つのではなく、探して動く。
「仕事をつくる」ということを、数々の撮影現場で学びました。これが出来ないと厳しく言われるのはアパレル業界、撮影現場ならではの暗黙のルールであり、ファッション業界が恐いと言われるゆえんなのでしょう。

お給料もほとんどなければ、体力的にも精神力的にも厳しい状況でしたが、そこで学んだ「先を読む力」や「仕事をつくる力」はお給料よりも高い財産だと思っています。それさえ、あればほとんどどんな仕事も、ちゃんとした結果を残すことができるはず。

映画の世界は、あながちウソではない

よくドラマや映画では現実にある職種が題材として取り上げられますが、その多くには“リアリティがない”という声が時おり飛び交います。プラダを着た悪魔はその点、非常にリアルな厳しさがあって、それが多くの人を魅了させているのかもしれません。

上司の理不尽な注文、使えないヤツは名前も呼ばれない、数センチの丈の違いについて皆で談義する…そして何より、あのピリピリとした刺すような空間、間合いは実際の撮影現場にも通ずるものがあります。しかし、ただ厳しい・恐いというだけじゃなく、それだけ真剣な証拠なのです。

仕事を真剣に取り組んだ先に得られるものは、仕事の成果だけでなく、アナタの人間力の成長をも得られる。ぜひ、今回ご紹介した仕事をつくる大切さについて皆さんも、考えてみてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

間違った敬語、使ってない? 気を付けたいビジネス敬語集

ビジネスシーンで敬語は欠かせません。相手を敬う気持ちがあっても、間違えた言葉を使用することで失礼に当たることもあります。正しい敬語を使って品のある女性に。


やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

みなさんは今やっている仕事が楽しいですか? 人生のうちの1/3の時間を占める仕事。楽しいと思えたら最高ですよね。「仕事が楽しいと思う瞬間」についてアンケート調査を実施。どれくらいの割合が仕事に満足感を得ているのか、調査結果を見ていきましょう。


仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きだから、一生懸命頑張っている。でも、ときどき揺らいでは何が答えなのか分からなくなっているのでは?結婚したくなるその気持ちも、自分の一部なのです。少しずつ絡まった糸をほどき、整理整頓を始めましょう。


最新の投稿


翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

翌日の疲れを持ち越さない。「眠活」で睡眠の質を向上させるには?

朝起きて、体がダルかったり重かったり……寝起きの状態が悪くなってはいませんか? 健康的に過ごしてパフォーマンスの高い仕事をするためにも、睡眠はとっても大切なのです。朝活・夜活などとアクティブに動くことが始めることが難しい人ほど、まずは「眠活」に力を入れてみて。


肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

肩書きを増やす「スラッシュキャリア」で、自分に付加価値を付けよう

複数の仕事を抱えるワークスタイルが現在、注目を集めています。興味はあるけど、どうすれば良いのか分からない。そんな人はまず「スラッシュキャリア」を考える所からはじめるのがオススメです。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】1日を3つの時間帯に分けて仕事の作業効率をアップして

メールチェック、書類の作成、数字の管理、構成や戦略に頭を悩ませる・・・。地味で単調な作業もあれば、頭の中から案をひねり出す必要もあるのが仕事というもの。業務内容によって時間の使い方を変えると、毎日の仕事がちょっとだけ楽になる。


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング