忙しくて余裕がない彼にイライラ。仕事が理由で恋愛がダメになるのはなぜ?



「仕事と私、どっちが大事?!」じゃないけど…

「仕事と私、どっちが大事なの?」なんて言葉を彼に言うつもりはないけれど……。

毎日遅くまで残業して、休日出勤も当たり前。人との付き合いもあるからと、忙しく毎日を過ごす彼に不満と不安が溜まってモヤモヤ……。彼氏彼女で過ごす時間がすっかり減ってしまって、このままじゃ別れの危機すら感じてしまう。忙しく働く男性と付き合っている女性が、こんな状況に陥ることが多いのは気のせいじゃないはず。不器用というかなんというか、仕事と恋愛のハードルが高くなっていると感じたことはありませんか?

仕事と恋愛は、「生活」の中に組み込まれている

「仕事と恋愛は別物」なんていうけれど、実際によく考えてみると仕事も恋愛も、生活の中で一本化されているものではあるはずです。仕事で良いことがあったら、好きな人に報告をしたくなるし、落ち込んでいたとしても、好きな人が励ましてくれれば頑張れる。自分の中に一本の「幸福度」メーターがあるとすれば、仕事と恋愛は繋がってきませんか?

現に、恋愛がうまくいっていないときは「振り切って仕事を頑張る」か「仕事にも悪影響がある」のどちらか二択。仕事がうまくいっていると、心に余裕が出来て恋愛も順調だと感じることも多いのではないでしょうか。仕事が恋愛に、そして恋愛が仕事に与える影響は、人によって大小は違っているものの必ずしもないとは言い切れないものなのです。

仕事が理由で起こる恋愛のすれ違い

「仕事が忙しいから」と全ての予定をおろそかにしてしまう彼のメーターは、すべて仕事になっているどころか、そこから精神的な不安が溢れだしている状態です。自分のキャパシティを通り越した仕事という責任感にとらわれて追いかけられています。

男性の場合は特に「妻と子どもを養っていく」という考えの強さの故に、“働くこと”をあまりにも重要視してしまいます。働いた結果に伴ってくる“収入”が目的であったはずなのに、目の前のことをこなすうちに、“働くこと”が本質だとすり替えられてしまうのです。

一方で、女性は「子どもを持ち、育てる」だったり「伴侶となる人に寄り添って生きる」が根付いていました。つまり、働くことは家庭を守るための手段であるということを、自然と学んできたのです。

この認識の違いが、“仕事が理由で起こる恋愛のすれ違い”の大きな要因ではないでしょうか。

仕事を言い訳をしない

「これで大丈夫だろう」とある程度気を抜いてしまうことで、ビジネスパートナーとのすれ違いが起こることは多いにありえます。信頼できる相手であり、自分のことを理解してくれているからこそ「わかってくれるだろう」とつい気を抜いてしまうことです。仕事相手も、今やっているプロジェクトに熱が入れば入るほど、こだわりが生まれ面倒な要望を伝えてきます。
恋人も同じです。好きだからこそ、コミュニケーションを密にとっていて欲しいと思ったり、ちょっとしたことでつっかかりたくなることもあるのです。仕事相手と、恋人相手に接する態度は、近しいものを感じませんか?

筆者は、定年まで続くであろう仕事を原因にすることは、“今”がうまくいかない理由と結びつけてはいけないと考えています。忙しくて手が回らないようであれば、アフターケアやフォローが必要不可欠。待ち手がズシンと構えていられるような、気遣いを他で発揮するべきなのです。

そして待ち手である人は、コミュニーケーションを相手へ押し付けるのではなく、待つという時間を工夫することです。相手が忙しくて会えない時間をつかって自分を磨くための努力を忘れずに。心に余裕がないと、人は不満を第一に相手にぶつけてしまいます。忙しい彼に対して、会えない不満をぶつけてしまうと「どうしてわかってくれないんだ」と逆効果になるだけ。

習い事や趣味など、自分に余裕を与えるための材料を確保する時間に使っておくことで、幸福度メーターが仕事と恋愛以外にも潤い、その結果相手に“癒し”を与える機会も生まれます。
会えなかった時間に一層磨きがかかっているパートナーの姿に、もっと真剣に向き合おうと態度が変わるはずです。

「なんでだめなの?」「こうしてほしい」じゃなく、相手の気持ちを引き寄せる

一生懸命も素直も、素晴らしいことではありますが、自分を貫きすぎることは時に相手に負担を与えます。

「なんでこうなるの?」「どうしてこうなの?」と相手に言葉で追い打ちをかけるより、自分がこう行動すれば相手がどう受け取り、行動にするか、と考えてみてください。言葉で理解してもらうより、相手を理解した上で気持ちを引き寄せることが、大切なのです。