勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

勘弁して!既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツ

SNSをチェックするたびに既婚女子たちから子ども自慢が発信されている…。独身でがんばっている女子からすると、ちょっとだけ面倒くさかったり。今回は、既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツをご紹介します。


一方的な情報発信…に独身女子はヘトヘト!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

SNSを開くたびに子どもに関する自慢が投稿されている…。
連日のようにママ友たちと遊ぶ様子をアップし、ひたすら幸せ自慢。

独身女子にとっては、その投稿を見るたびにイラッとし、とても疲れる要因に。
できれば、彼女たちに振り回されず、自分のペースで日々を過ごしていたいですよね。

今回は、既婚女子からの一方的な子ども自慢に疲れないコツをご紹介します。

なぜ子ども自慢をするの?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

旦那さんがいて、お子さんもいらっしゃって、それでもなぜ子ども自慢をし続けるのか。
不思議に感じている独身女子も多いのでしょう?なかには子どもをアクセサリー感覚と変わらず、写真を撮っては投稿している人もいるほどです。

そもそも、それだけ他人に対して自慢しないと気が済まないのは、おそらく本人に納得がいかない何かがあるから。

本当はキャリア一筋でいきたかったのかもしれませんし、もっと別の未来を想像していたのかもしれません。いずれにしても、何かしらの不満、もしくはコンプレックスがあるからこそ、子ども自慢をしていないと気が済まないのでしょう。人それぞれ理由があるとはいえ、あまりにも頻発すぎると、独身女子たちの怒りも限界を迎えるはず。

SNSの閲覧回数を決める(タイミングも!)

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いくら子ども自慢を連発するのが嫌でも、さすがにフォローを外したり、友人リストから削除したりすると、本人も自分が嫌われたことを悟ります。

あきらかに自分が子ども自慢をしたからだとも分かるでしょう。あきらかに距離を置きますと宣言すると、本人からクレームが来る可能性もあります。可能な限り、余計な荒波は立たせたくないでしょう。

彼女が態度を改めるとも思えませんし、ここは一つ、こちらが大人になって対応をするしかありません。

まず子ども自慢を避けるためには、SNSの閲覧回数を決めましょう。
単純に朝・昼・晩の3回と決めるか、もしくは通勤・帰宅時間のみチェックして後は見ないと決めておく方法もあります。

閲覧回数さえ決めてしまえば、あとの時間は見なくて済むのです。余計なストレスを自ら背負わないように♡

夜は絶対に見ない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

どんな人も夜は不安になりやすく、明日無事に仕事をこなせるか、予定通りに完璧にこなせるか不安な状態になってしまいます。

そんなときに、子ども自慢をされるほど、頭に来ることはありません。たしかに子どもを授かり、子育てをするのは大変であっても、世の中には様々な事情で子どもをもたない・産まない選択肢をとる人もいます。

そういった人が周りにいることを少しでも頭の中に入れているなら、まだ黙認できますが、過度な子ども自慢は、ときとして耐えられない場合も。

できれば夜はSNSをチェックせず、外界との繋がりをシャットダウンしましょう。SNSを見て子ども自慢をされるくらいなら、新聞や本を読み、知識を蓄えたほうが将来の自分のためになります。

子ども自慢をやめてください、とも言えない以上、こちらが大人な対応を心がけるしかないんです。

張り合わない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

独身女子の中には、あえて子ども自慢をしてくる、既婚女子たちと戦おうとする人もいます。海外へ行った、仕事で成功したと、既婚女子たちが手に入らないものを自慢するのです。しかし、張り合えば張り合うほど、彼女たちは子ども自慢を加速させるでしょう。

そもそも、張り合ったところで、お互いにいる世界が違います。どちらかが善で、どちらかが悪というわけではなく、それぞれ選んだ道が異なってしまった以上、仕方のない話。そのことを理解している既婚女子たちは、子ども自慢をするときも多少の配慮が見られますが、全員大人な対応を意識しているわけではありません。

張り合うくらいなら、見ないこと。
仮に見てしまっても、右から左にサッと受け流し、マイナスな感情は一瞬にして捨て去って!

子ども自慢は、ずっと続いていく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子ども自慢は、これから先もずっと続いていきます。
産まれたときからずっと、彼女たちは投稿し続けます。一方的な情報発信とはいえ、上手く交わしながら、ストレスを抱えないように意識するしかありません。

子ども自慢がまた掲載されても、決して怒らないように。スルーする力も、これからの時代は必要です♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連する投稿


会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

会社に居る意味がわからない…。職場での『存在意義』を見出す仕事術

決まった時間で働くルーティンワークに飽き飽きしている人も居れば、会社に居る意味がわからない、と悩む社会人も居る。会社に存在意義をみつけるためには、何をどう行動するのが正解なのでしょう?


職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

ハラスメントが話題になることの多い昨今ですが、職場での「いじめ」は一体どんなところで起こるのでしょうか。働く女性が悩みを抱えることの多い人間関係問題の中から、退職のきっかけやウツ病の原因にもなってしまう「いじめ」について考えていきます。


挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

挨拶を変えるだけで交渉の承諾率が2倍にアップ⁈ 心理学を用いた会話術

ビジネスシーンでの第一印象は今後の付き合いを左右するとても大切なもの。もちろん見た目を整えることも大切ですが、第一声を発する「挨拶」に着目してみてはいかがでしょうか。今回は挨拶で交渉の承諾率をアップさせるポイントを紹介。商談のシーンや会議の前に、ぜひ取り入れてみてください。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンに!35%の人が説得に応じやすくなる魔法の◯◯って?

商談やプレゼンなど、気合いを入れて会話を進めなければならない時に、ちょっと力を貸してくれるようなアイテムがあると良いのに…と感じたことはありませんか? 今回は大事な日にこそ取り入れたい、魔法の◯◯について紹介。なんと、35%もの人が、説得に応じやすくなるのだそうです。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング