どんどん友達が減る!?アラサー女子が考え直したい友達付き合い


年々減っていくお友達

学生時代を一緒に楽しく過ごしてきた友人たち。
ところがそれぞれ選んだ道のりがあまりにも違いすぎると、自然と距離を置くように。

特に結婚をして家庭を築いている人とバリバリ仕事モードのキャリア女子たちとの溝は努力だけでは埋められないほど、深いもの…。

30歳以降、周りとどう付き合っていくかは、重要な課題。
今回は、アラサー女子が考え直したい友達付き合いをご紹介いたします。

結婚・出産・キャリア…それぞれが選んだ選択肢

大学を卒業し、社会人として飛び立つ年齢は大体20代前半。もちろん高校を卒業されてすぐに働いている方もいらっしゃいますが、大学から新卒コースの場合はほとんどの人が23歳ごろに社会へ飛びたち、人生経験をより豊かなものへと変えていきます。

問題は、社会人になり2~3年目が経つ頃。いわゆる第1次結婚ラッシュが始まり、今までに経験したことのないくらい、大きな変化があらわれます。

そこで大体、これから家庭を優先するのか、仕事を優先するのか、一定の方針を自分自身で出すことになります。

家庭に憧れていた人は迷わず結婚を選び、仕事で成功したいと願う人はキャリアを選びます。お互いに選んだ道が違いすぎると、距離を置くようになり、それぞれ友人が減っていることを肌で感じるお年頃になるのです。

「同じ境遇の人」と限定しない

友人が減り始めると、どうしても自分と似た状況の人を選び、優先的に予定を組み込んでしまいませんか?

結局、定期的に会うのは、同じ既婚同士、もしくは独身同士。しかし、なかには既婚・独身の壁を飛び越え、お互いの努力を認め合い、関係を築いている人もいます。

おそらく、これから先も友人がいなくなることは会っても、最終的に必要な友人は必ず残ります。途中で消えるということは、それだけ関係も浅かったのでしょう。同じ境遇の人とは限定せずに、少しでも興味があれば、積極的に会い、お互いに情報交換を楽しんで!

年上の友人とたくさん出会うと楽になれる

30歳以降に向けて意識したいのは、本当の意味で大人な友人(年上の友人)に出会うこと、関係を築くことをおすすめします。

たとえば、自分磨きをするたびにSNSで自慢をしている人ではなく、こっそりと茶道を学び、自宅でお茶やお花を楽しまれている方こそ、本物の大人です。

SNSの世界がすべてではないことを教えてくれますし、結婚適齢期といわれる今の時期がいかにしんどいものかも理解してくれるでしょう。

一人、二人だけではなく、いわゆるメンターに近い存在とたくさん知り合っておくことで、自分の人生に迷いが生じたときも、正しい方向へと戻してくれるのです。同世代で盛り上がっている友人たちに疲れているなら、年上の友人をつくってみては?

アラサー・アラフォーはより豊かな時間を♡

30歳以降は、肩の力も抜けて、今までよりかは、ありのままに過ごせる時間も多くなるでしょう。だからこそ、貴重な時間を誰と過ごすかは重要です。

一緒にいてプラスのエネルギーが流れる人を選りすぐり、これからも楽しい思い出を一つずつ増やしていって♡