【惹きつける】人の、洋服の着こなし。

【惹きつける】人の、洋服の着こなし。

シンプルなのに、どこか洗練された雰囲気を身に纏い、目を引くオシャレな人は一体どういった点に目をつけ、洋服を選んでいるのでしょうか。


なぜか目を惹く人のファッション

派手派手しいわけではなく、シンプルなのにどこか気になって仕方ないあの人。気取らない、だけど洗練されたイメージを持つ女性は、一体どんなところで洋服を選んでいるのでしょうか。

【自分に似合う形を知っている】

オシャレな人は自分の体型に合わせたものをうまく取り入れる能力が長けています。トレンドに寄るだけではなく、自分に似合うものをうまく選ぶことを癖づけているのです。自分に似合うものをうまく選ぶために気をつけたいのはこんな点。

サイズ感の熟知

大量に生産されたファッションは特に、S、M、L、またはF(フリーサイズ)などの大まかなサイズ分けしかされていません。どのブランドのどの形・サイズが自分の体型に合ったものなのかを必ず試着して選ぶことです。安くても自分のスタイルに合ったサイズの洋服をセレクトすることで、洗練されたイメージに。

シルエット選び

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

次に気をつけたいのがシルエット選びです。肩幅が気になる方は、洋服の肩部分が落ちたデザインのトップスを選んだり、あえてのオーバーサイズをチョイスするといった選択も。首が短い人は首回りが空いたVネックタイプの洋服を選ぶなど、自分の悩みをカバーしてくれるシルエットを知ることです。

【全体を見て引き算ができる】

掛け算と引き算がカギ

カジュアルなデニムにファーを合わせたり、意外なものとの組み合わせが楽しめるのがファッション。家を出る前には、全体のバランスをチェックして。アイテムの掛け算と引き算を楽しみましょう。

【色に迷いがない】

派手なカラーも迷いなく取り入れる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ついベーシックなカラーを選びがちですが、オシャレな人ほど上手な"攻め"を知っています。派手なカラーも臆せず取り入れる。そして、その色さえも自然に見せてしまうのです。人がうまく扱えないようなカラー選択で一歩目を引くスタイリングに。

【着こなし(くずし)がうまい】

計算された着崩し

ジェケットの袖を軽く捲ったり、パンツの中にトップスをインしたり。洋服に着られている人になりたくなければ、うまい着崩しを覚えましょう。シワのついた洋服さえも、あえてそうしているかのような着こなしに落ち着かせます。

【定番の中に光る+α】

定番にこそ、個性を表す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

長く愛せるアイテムを上手に選ぶオシャレ上級者は、ベーシックなアイテムにこそ個性が光る魅せ方を演出とします。ストールなどの小物をうまく使うのはもちろん、ベーシックに見せかけてこだわられたディティールを好みます。ベーシックの中にも、毎年変わるトレンドをうまく取り入れて。

【素材で遊ぶことができる】

攻め小物より素材勝負

メタリックやファー、メッシュなどの"攻め"アイテムで目を引くのは誰にだってできること。オシャレな人は、素材のバランスをうまく取り入れることで同じカラーでさえも違ったものに見せることができます。単調にならないファッションは、素材で勝負。

センスはテクニックで磨かれる

ファッションはセンスだと思い込んでいる人が多いですが、センスはテクニックで磨かれるもの。街ゆく人の中で目を引くようなスタイリングに出会った時は迷わず取り入れて。流行をチェックしている=オシャレではありません。自分を知り、自分を最大限に演出してくれるアイテムをうまく取り入れて。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

30歳、ファッションスタイルで確立する『私』の作り方

https://cinq.style/articles/1389

自分を印象づけるのに有効なファッション。どんな服でも上手に着こなせるのも素敵だけど、これだけは負けないと言える私だけの個性をファッションで発揮するにはどうすればよい?

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


ファッション

関連する投稿


オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

バッグや資料を持ち歩いていると、つい気になってしまうのがバッグの重み。細い肩にズッシリとのし掛かる通勤バッグに、ストレスを抱えている働き女子は多いのではないでしょうか? 今回は、オフィスでもオシャレに持つことのできる女性用リュックを紹介。オフィスカジュアルにも似合うオシャレなデザインを探して。


28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに選んで

28歳からの婚活ファッションは「洗練さ」をテーマに選んで

28歳からはファッションの質をいつもより少し上質に。婚活のための服装も、その他大勢の一人にならないための、洗練さを身に付けて。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

働く女子の定番アイテムである綺麗めシャツ。着こなしにマンネリしていませんか? きっちりとしたラインのものを選んでしまうと真面目すぎるリクルートスタイルになってしまうし、カジュアルオフしすぎるとオフィスでは浮いてしまうのが悩みどころ。オフィスカジュアルにも休日にも使えるような、オシャレさをプラスするには…?


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング