あっという間に0!?友達が激減するアラサー女子のタイプ



年齢を重ねるほど、友人たちが消えていく…。

学校を卒業した直後は、仲良しこよしでも…。

それぞれがそれぞれの道に進み、今後どんな人生を歩みたいかが決まると、やはり付き合いたいと思う友人も減ってきてしまいます。

たとえば、子どもが産まれて連日のように子ども自慢をしている主婦と、バリバリに働いている独身女子とでは、分かち合う要素がほぼない!

きっと友人が減っていることに不安を感じている人は、あなた以外にもたくさんいます。
今回は、友達が激減するアラサー女子のタイプをご紹介します。

ダメ恋愛にハマってしまっている

30代間近になると、それぞれが自分の世界を確立し、同じ環境で過ごしている友人と付き合いたいと思ってしまいます。主婦は主婦同士、ママはママ友同士のネットワークになり、学生時代に仲良くしていたメンバーもいつの間にか解散しているでしょう。

特に一人になりやすいのは、ダメンズにハマっている人。

おそらく結婚をし、家庭をもっている友人からも、独身でバリバリ働いて自立している友人からも、ダメンズに走っている女性は「自分をもっていない人」と見えてしまいます。

周りが反対しても、なお付き合い続けるくらいですから、本人以上に周りはイライラしているもの…。ダメンズにハマっていると分かりながらも断ち切れないのは構いませんが、最終的にひとりぼっちになって悲しくなるのは自分自身!

独身を楽しんでいる

女性の幸せ=結婚、出産と決まっているわけではありません。

しかし、これだけライフスタイルが多様化してきている今も、どこか女性の幸せは結婚もしくは出産といった固定概念がつきまとうときもあります。

あえて独身を選び、自由な生活を楽しんでいる女性は、どちらかというと、専業主婦や主婦のネットワークからは外れてしまいます。どちらかが悪いというわけではなく、単純に話が合わなくなるのです。

独身を選んだことは何一つ悪くないのに…。友人たちは次々と結婚していく現実を受け入れずにいるのでは?

これからも、シングルで頑張りたいなら、今までのネットワークに頼らずに、新たなコミュニティを探す必要があります。コミュニティといっても、群がらずに、個人的なお付き合いができる大人な友人を探しましょう。

自分よりも人生経験を積んでいる人、自分が目指す方向にすでにいらっしゃる人、など大人な友人が増えると、学生時代の友人が減ってもあまり気になりません。

キャリアで成功している

キャリアで成功している独身女子。
仕事で成功すればするほど、孤独を感じやすくなるのは、もう運命と思うしかありません。

特にバリバリ働くキャリアウーマンとは対照的な専業主婦の友人とは、どうしても仲良くなれません。それはお互いに仕方がないことで、友人が減ったからといって、自分自身を責める必要もないのです。

キャリアで成功を果たしているなら、やはり自分と同じようにバリバリ働いている女性たちや年上でさらにビジネスを成功させている人と積極的に関わることで、より良い方向へと人生が動いていくでしょう。

ひとりぼっちじゃない

どんな道を選んだ人も20代~30代にかけて、友人が減っていることは肌で感じているはずです。だからといって、無理やりネットワークを作ろうと必死になるのも、大人げない!

自然な流れに身を任せつつ、たまには新しいことにチャレンジし、その中で出会った友人たちと楽しく過ごしていれば、完全にひとりぼっちになることはないでしょう。