顔が疲れてる! と気づいたら。セルフマッサージでつくる明る顔



振り向いたときのお疲れ顔はセルフマッサージで回避!

オフィスや街中で知り合いに声をかけられたときに、どんよりお疲れ顔で振りむくのはNG! どんなに疲れていたって、女性はかわいく見られたいものです。

血色の良い顔で「えっ?」と華やかに振り返る女子になるべく、オフィスで簡単に実践できるセルフマッサージ法をお教えしましょう!

①まずは耳回しから

まずは耳たぶの裏に集中しているリンパを刺激していきます。やり方はとっても簡単! 耳たぶを指でつまみ、くるくると回すだけ。耳の付け根を掴んだら、後ろ向きに4〜5回ほど回します。疲れが溜まっている方は痛みを感じることもあるかもしれませんが、繰り返すうちに痛みは解消されていきます。

耳まわしが終わったら、頰から耳の裏にかけて手のひらで優しくさすってあげると、スッキリ顔に変身!

②首元のリンパもしっかり流して

次は首に溜まった老廃物を流していきます。肩こりに悩まされている、なんてお仕事女子も少なくはないはず。手のひらでグーを作り、首の側面を上から下になぞっていきます。パンパンに張った首元のリンパを優しく流してあげることで、頭・首・肩あたりがスッキリとしてきます。

③鎖骨マッサージでデコルテラインを美しく

上から下へ流した老廃物は鎖骨まで持っていきましょう。デコルテがスッキリと美しく見えます。鎖骨が埋もれてしまっている、と悩んでいる方はデコルテのマッサージを忘れずに行うと◎。実は鎖骨はとてもむくみ安い部分でもあります。鎖骨が綺麗に見えるラインをなぞって作ってあげましょう。

リンパは脇の下に流すべし!

最後にマッサージするのは腋窩(えきか)というリンパ節です。上半身の老廃物は、この脇の下に持っていくようにしましょう。脇の窪みを掴みグッと揉みほぐしてあげてください。腕の疲れはもちろん、二の腕のたるみも改善してくれます。バストケアの一つとしても使えるマッサージです。

予想外だってかわいく乗り切る♡

たった5分で出来るセルフマッサージで、予想外な声かけもかわいく乗り切りましょう♩
むくみを解消した顔に、チークをポンポンっと足してあげるだけで一気に疲れ知らずの明る顔に大変身。セルフマッサージは、気軽にちょっとした空き時間で出来るので、働き女子にこそ定期的に行なって欲しいところです。

「いつも明るいね」「疲れが見えないね」と女性らしさ100%の表情で毎日の疲れを乗り切って!