新しいことを始めようとしたら、周りに止められた!そんな時どうする?|MY WORK ヒント#23

新しいことを始めようとしたら、周りに止められた!そんな時どうする?|MY WORK ヒント#23

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第23回目は、何か新しいことを始めようとした時にありがちな、マイナスに立ち向かう心持ちについて考えます。


あなたを想う“心配”の裏返し

これは私自身も何度か経験した事がありますが、何か新しい事を始めてみよう!と思った時に、「えー、大丈夫?難しいんじゃない?」「本当にできるの?やめといたら?」など、今までの自分を知っている人から否定的な意見をもらう時があります。特に、一緒に時間を過ごす事が多い友人や家族、パートナーなどから言われる事が多い傾向。

過去の自分を捨てて、新しいことにチャレンジしたい!と意気込んでいた矢先に、否定的なことを言われるのは、たとえ本人に悪気がなかったとしても、傷つくものですよね。初めて言われた時は、「もっと応援してよ!やる気あるのに!」とひねくれたこともありました。しかし、今になって感じる周りの否定的な意見の本質は“大切に想うからこそ、失敗した時の心配をしている”と言うことです。

つまり、ポジティブの裏返し言葉だと解釈できます。

人の心理①  知らないことは「危ない」と判断する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、私が感じる人の共通した2つの心理があります。まず一つ目は、人は自分の知識内で良し悪しを判断すると言うことです。これは、どれだけ自分より年上でも、年下でも関係ありません。ポイントは「知識量」です。

その人が、今まで生きてきて経験した“知識”。正解・不正解は関係なく、自分の基準で物事を考えた時に、「それは難しいから、やめておいたほうがいいんじゃない?」というアドバイスが出ます。そう、自分の過去の経験に照らし合わせた結果論なのです。

また、「本当に大丈夫なの?」とその物事の矢先を心配する意見は、その人の知識に無いことだと思います。人は、どんな小さなことでも初めての経験は不安がつきものなのです。

人の心理②  結果論で意見が変わる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上記でも少し触れましたが、人は「結果論」で意見がひっくり返ることがあります。実際に私も何度か経験しましたが、取りかかる前は「大丈夫?それって…」と否定的だったにも関わらず、トライ&エラーを繰り返しながら自分なりに答えを見つけて結果が出た後、人はこう言います。

「すごいねー、さすがだね!できると思ったよ」って。

悔しい気持ちが半分ですが、もう半分はオセロをひっくり返した時のアノ感覚です。言葉で抵抗するより、実行したあとの結果だけを見せた方が人は納得すると思います。

評論より実践者が一番強い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人の意見は「参考」にはなりますが、自分の肥やしにはなりません。それが、どれだけ親しい仲であっても。決して冷たい意味で捉えないでいただきたいのですが、自分の人生を歩む事ができるのは、たった一人。「自分」だけです。

もし、今新しく何かを始めたい!チャレンジしたい!と思う気持ちがあるならば、周りの言葉は気にせずに突き進んで欲しいと思います。あなたにとって一番の強みになるのは、実際に行動した軌跡だから。

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさってなんだろう?いつもの私に戻るための3つの切り替えスイッチ

自分らしさって? 必死に考えているつもりだけど、なかなか答えにたどり着かない……。いつもよりモヤモヤしても、不安がらなくて大丈夫。少しずつ、いつもの私へと調子を戻しておきましょう。


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


RANKING


>>総合人気ランキング