《ヒールが多い仕事女子こそ!》すり減った靴は履かないで。歩き方のクセでわかる体型の歪み



まずは靴裏をチェックして!

何かとヒールで歩くことが多い大人の女性。だけど、正しい歩き方なんてものを教えてもらったことがありません。いつしか覚えた自己流の歩き方は、変なクセを身につけてしまっている可能性も。そして、そんな歩き方の癖が、身体に歪みをつくっている可能性もあります。すぐに靴がだめになってしまう・・・と悩みを抱えている女性は、今すぐ自分の靴裏をチェックしてみて!
ヒールがすり減ってしまう部分をチェックして、自分の体型を意識してみましょう。

内側のすり減りは、デカ尻を招く!

日本人には内股の女子が非常に多いといわれています。か弱く見せるために始めた内股が、いつのまにか癖になってしまって、X脚が当たり前に。膝がカクカクして歩いている人もよく見かけますが、これでは骨盤が歪むだけではなく、猫背や前傾姿勢をつくってしまってみっともない。骨盤が開いてしまい、デカ尻をつくる危険性もあります!足全体がむくむ原因にもなるのでご注意を。

外側のすり減りは外ももが張ってパンパンに

ヒールの外側がすり減る人に多いのが、O脚やがに股。内ももの筋肉をつかうことがほとんどなく、外側の筋肉ですべてをカバーしているため、太ももの外側の筋肉が発達してしまい、足が太くなってしまうのが原因です。腰が反り腰になってしまうことも多いので、腰に痛みを感じることも。大股で、膝とくるぶしをこすり合わせるようなイメージで歩くようにしましょう。

つま先が減る人はお腹がぽっこり出てるかも・・・

つま先ばかりが削れてしまう人は外反母趾になりやすいです。前傾姿勢が根付いてしまっているので、猫背で顎が前に飛び出している人も多いのも特徴です。背筋をぴんと、天井から頭をつられているようなイメージで、腹筋に力を入れて歩きましょう。前傾姿勢で猫背が悪化すると、どんどんぽっこりお腹が目立つようになってしまいます。

左右片方が減るのは、骨盤のゆがみが原因です!

足の片側に重心をかけるのが癖になっている人や、足を組むのが癖になっている人は骨盤のゆがみが原因で、足の長さが違ってしまうこともあります。片側のヒールだけが減っている場合には、整体などでチェックしてもらいましょう。インナーマッスルが少ない女性の骨盤は非常に歪みやすいもの。足を組む癖やかばんを片方で持つ癖など、意識して改善を。身体のゆがみはヒールだけに限らず、あらゆる場面で不調をもたらします。

身体の歪みを知って、改善を

自分の歩いている姿というものは、なかなか自分で見る機会がありません。だからこそ身体のゆがみには自分では気づきづらいもの。一度スマホなどで、自分の歩いている姿を横から撮影してみてください。その歩く姿の情けなさに驚く人もいるはず。美しい姿勢でさっと歩くことで、美人オーラは作られます。自分の欠点を見つけたら、すぐに改善を。

「足元を見る」という言葉があるように、ハイクラスのレストランなどでは足元で人を判断することがあります。ヒールのゴムがはがれ、カンカンと鳴らしている女性を見かけることもありますが、高いバッグを持っていてもそれでは意味がない。シューケアにこそ、気をつかうことを忘れずに。