わかってるのに、ハマってしまう。不倫から抜けられない女性が失うもの

わかってるのに、ハマってしまう。不倫から抜けられない女性が失うもの

毎日のように報道される芸能人の不倫問題。知名度やイメージ戦略をとても大事にする人気商売だからこそ、不倫という情報にスポットライトが当てられては批判されるものの、何も不倫はテレビ業界にだけ盛んなわけではない。不倫にハマる女子は多かれ少なかれ、どこにでもいる。そんな彼女たちが後に後悔すべきものを知っておこう。


2番目は、全部知ってる

不倫を経験したことのある女性は、正直言って多いだろう。

不倫ののちに、実際に結婚したというカップルを見たことがある。これから別れる、と言っているカップルもいる。「前は既婚者にハマったこともあった」「知らなかったけれど、実際には結婚していることがわかった」「私、不倫してるの」ここまでのセリフは全て私の女友達から発せられた言葉だ。

そんな不倫経験者の彼女たちは言う。大事にしてもらえるからいいかな、と。

彼女たちの話を聞いて共通していたのは、みんな不倫の渦中に居る時は、とんでもないスリルと愛情を全身で実感できていたというところだ。不倫に陥るまでのきっかけまでは聞いていない。けれど、人に話すときの女というのはある程度自分の中で腹をくくっているものだ。思いだして干渉に浸ることもあれば、単純に楽しんでいる場合もある。だけど、結果的に彼女たちは何かを失っているのだ。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お金と時間を失ったハルカ

スレンダーで、日本人らしい色気を醸し出す、元モデルのハルカもそうだった。彼女は27歳の時に、絶対に嫌だと言っていた不倫という誘惑に飲まれてしまった。おそらく、金銭のやりとりもあったのだろう。その不倫は、「恋愛」というよりはもしかしたらただの「パパ」だったのかもしれない。それでも、彼女は27歳から32歳という女性にとって貴重な5年という期間を不倫という関係に費やしたのだ。相手に対して好意がなかったわけではないだろう、と予測している。

彼女が不倫から抜けられるきっかけは、予想もできないほど急にやってきた。彼女と彼が、いつも通りホテルから出てくるところを、写真に撮られたことがきっかけだった。恐らく彼の妻が探偵を雇ったのだと思う。家に突然、弁護士からの通達と写真が送られてきて、彼女は5年間という時間とともに、莫大なお金を失ったのだ。

お金持ちであった彼も、不倫がバレた事実をきっかけに態度を変えたという。彼に相談をするつもりが「ごめん、終わりにしよう」とバッサリと別れを通告されてしまった。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

経験を得て、婚期を失ったマナミ

「本気で彼のことが好きだったし、後悔はしてるけど嫌いになれない」。そう言って笑ったのは、25歳にして不倫相手と初めて男女の関係を持ったマナミだ。落ち着きもあり、大人びて見える彼女は、異性からは話しかけづらさを与えてしまうような、いわゆるクールタイプだった。あの切れ長な目にキッと睨まれたら、男性はびっくりするだろう。強気に見えるのに対して、男性経験がないことに悩みを感じていたマナミにとって、その初めてを経験させたのが、既婚者の彼だったのだ。

最初は結婚していることを知らなかった。男性経験のないマナミが、余裕のある彼にどんどんハマる姿は、正直隣で見ていても引くくらいだった。彼女は今何歳になるのだろう。彼女の初恋ともいえるその彼は、最初でこそマナミに興味はあったものの、徐々に窮屈さを感じるようになり距離を取り始めた。自分から結婚しているという事実も打ち明けたのだ。もしかしたら、次に不倫相手となるお相手ができたのかもしれない。けれどその行為はマナミを余計に盛り上げた。まるで月9に出てくる悲しい恋愛ドラマのヒロインかのように、追いかける楽しさにもハマってしまったのだ。子どもは難しい年齢になってしまったかもしれない。婚期と呼ばれている時期もきっと、過ぎたことだろう。だけど、パートナーと呼べるような異性に、彼女が出会えることを祈っている。

ヒトの感情に麻痺してしまった、ノゾミ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私が知る中で、一番したたかで頭の良く、誰よりも悲しい女だと感じた女性だ。私たちが知り合った頃には、彼女はすでに結婚していた。随分早くに結婚を経験していたから、6〜7年は旦那と2人で、平和に暮らしてきたんだろう。ある時、彼女は、真面目だと思っていた旦那が浮気していることを知る。彼の携帯に、浮気相手からの決定的なメールがあることを発見するのだ。それは、彼女も見覚えのある名前だったらしい。離婚を考えていなかった彼女は、最初は見て見ぬふりを続けようと頑張ろうと思った。けれど、いつしか自分も仕返しをするかのように、外で遊び歩くようになったのだ。
私が知っている中では、旦那の他に、彼氏と、定期的にお金をくれるパパもいた。そこに愛があったのかはわからない。旦那も、自分も。不倫という、スリルをただ楽しんでいたのかもしれない。いつしか、旦那が原因で始めた男遊びに、どんどんのめり込み、華やかな毎日を送るようになった。

彼女のしたたかさを実感したのは、自分の浮気は一切匂わせないところ、旦那と浮気相手の"証拠"になるものを徹底的にかき集めたところだ。案の定、彼女はパパにもらったお金と人脈で、優秀な弁護士を雇った。そして旦那と旦那の浮気相手から、多額の慰謝料をふんだくってお別れしたのだ。きっと、旦那のことは本当に愛していたことだろう。執着、嫉妬。彼女を変えたきっかけはあまりにも残酷だった。W不倫、というには足りないくらいの行動を起こしたノゾミ。彼女はお酒と男に依存するようになり、友人だけでなく社会的信用を失った。 

奪いつくす愛

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

全員、どこかで「このままじゃいけない」と感じるタイミングはあったはずだ。けれど、結局は泥沼にはまるかのようにどんどんと足場を奪われていく。

冒頭に書いた『2番目は全部知ってる』という言葉は、ここで最後に紹介したノゾミが放った言葉だ。旦那の浮気相手は、彼女も良く知る人物…長年彼女に憧れを持っていた元友人でもあった。彼女が大事にしている旦那と関係を持つことで、優越感を得たかったのかもしれない。

『2番目は全部知ってる、旦那のことも、私のことも。私たちの状況も。だからきっと居心地が良いの』そう言って、タバコに火をつける女の姿は、とても痛々しかった。優越感を感じたかもしれない、彼女もきっと、お金以外の何かを失ったはずだ。さて。不倫が与えるは一体なんだろう。

この記事のライター

建前をつくるオトコと、感情でしか動けないオンナ。

関連するキーワード


不倫 オフィスラブ

関連する投稿


社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛のはじまり? 男性が職場にいる女性を「異性として意識した瞬間」

社内恋愛はNGだと決めつけていませんか? 「出会いがない」と嘆いている人は社内に目を向けてみるのもアリかも(もちろん社内規則は事前に確認を!)。今回は男性が、リアルにときめいた職場での出来事について直撃しました。男性心理を理解して、気になる彼からの“ドキッ”を手に入れましょう。


出会いは職場に多し。女性が不倫に陥ってしまったきっかけ

出会いは職場に多し。女性が不倫に陥ってしまったきっかけ

不倫はダメって頭で分かっていても、気がつくと彼を追いかけている…。今回は、女性が不倫に陥ってしまうきっかけをご紹介します。


社内恋愛は上司に相談すべき?しないべき?

社内恋愛は上司に相談すべき?しないべき?

社内恋愛が始まりそうなおき、上司に相談しようかどうか迷いますよね…。今回は、社内恋愛を上司に相談するメリット・デメリットについてご紹介します。


彼女がいる人を好きになってしまったときに確認したいこと

彼女がいる人を好きになってしまったときに確認したいこと

好きな人には彼女がいた…。このまま、諦めるべきかどうか悩んでしまいますよね。今回は、彼女がいる人を好きになってしまったときに確認したいことをご紹介します。


セカンドなんて嫌!男性が本命相手としてしか考えられない女性の特徴

セカンドなんて嫌!男性が本命相手としてしか考えられない女性の特徴

最初から本命相手としてみてほしい!そんなあなたに、今回は男性が本命相手としてしか考えられない女性の特徴をご紹介します。


最新の投稿


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

「続けられることが一つでも増えると幸福度がアップしそう」と分かっていても、なかなか続けられないのが働き女子。でも、もっとよくばりに生きたいなら、継続する力をそろそろ身につけないと♩


RANKING


>>総合人気ランキング