「で、結局何が言いたいの?」なんて言われたくないから、 説明上手な伝え方を

「で、結局何が言いたいの?」なんて言われたくないから、 説明上手な伝え方を

たくさん話した後に「結局あの人が何を言っているのかわからなかった」と思ったことってありませんか? そんな風によく言われる人は、話し方の "順番" が間違っているのかもしれません。正しい順番でスムーズに会話を進めていきましょう。


ロジカル(論理的)に話せるようにする

ロジカル:[形動]論理的であるさま。「―な推理」

ビジネスでは、論理的に話すことが大切です。論理的に物事を伝えることで、限られた時間で素早く相手にわかりやすい説明ができるようになります。

話す順番が違ってしまうと、結局何を伝えたいのかわからなくなってしまったり、まとまりのない話になってしまうことも。聞き返されたり、話が変な方向へ脱線したり、時には相手をイライラさせてしまうキッカケを作ってしまうこともあるので、意識的に会話の流れを作る練習をしていくようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

伝わりづらいパターン

相手に伝わらない人の話し方の特徴は、大きく2パターンにわかれています。

最後に結論を話すパターン

一つは、過程から話して、最後に結論を伝えるパターンです。物語を読んでいるわけではないので、過程から長時間話していると、結論である「何の話なのか」という引き出しが見つからないまま、会話が進んでしまいます。これでは相手に何を伝えたいのかが明確にならずに、話の流れでふんわりと通過してしまうことになるので「で、結局何が言いたかったの?」 と思われてしまうのです。

唐突すぎるパターン

もう1つは結論から話しているけど、唐突すぎるパターンです。こちらは「〇〇の件ですが~」といったように、相手の引き出しを見つけやすくするための前置きがないために、本当の結論のみ伝えてしまっているパターンです。かなり惜しい話し方です。結論から話すことは大切なことであるのですが、前置きがなく物語が完結することはありませんよね。まずは相手を聞く姿勢にさせることが大切なのです。

先ほど上げたように「〇〇の件ですが~」といったように、相手に何の話かすぐ分かるような短い前置きを入れて話す意識をしていきましょう。

感情的に話さないで

感情だらけの話って、周りからするとちょっとウンザリしてしまうことが多いです。例えばクレームが合った場合のこと。怒っていることはすごく伝わるけど、結局何が不満で、どういった対応を求めているのかがわからなくなっている人がいます。これは感情という力が強すぎるのです。

例えクレームであっても冷静に伝えることが、ちゃんとした会話ができる人。こういったことで連絡をしました、という内容から経緯を、結論としてこういった対処をしてほしいというように論理的に相手に伝えることが大切なのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ただ、時には説得したいと思うこともあるでしょう。感情がないと、人は動かないなんてこともあります。そんな場合でも、自分のことをただただ押し付けるのではなく、あくまで相手とのやり取りの中で感情を出すことが大切です。少し押すくらいで控えめにするのがベターです。

女性は男性よりも感情的に話す生き物だとよく言われます。感情をまず先に押し出すより、話す内容と順番を頭の中で整理をすることを忘れずに。一旦置いて、相手にどうすればわかってもらえるかをよく考えてみましょう。

"嫌味"な人になってない? 印象美人の会話術

http://cinq.style/articles/97

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!

会話力を鍛えるには?

A:普段あまり会話をしない人と話す

自然とロジカルに話せるようになるために、普段話さない人と話すようにすることを心がけてみましょう。同じ部署や先輩や後輩、いつも話す相手とのやりとりだと、話の順番が多少違っていても案外と理解してもらえることが多いので、せっかく話上手くなろうとしても、あまり実感湧かないことがあります。おすすめは異性の先輩と話してみることや、社外の人と話してみること。

普段あまり話さない人に物事を伝えようとすることが会話を上達させる近道に。

「共感力」を高めると、日常はもっと楽しくなる

http://cinq.style/articles/5

人とのやり取りにコミュニケーション能力はかかせないもの。「共感力」を高めれば、日常がもっと楽しくなる。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自然とロジカルに話せるくせがつけば、多少環境が変わっても活用することができる一生もののスキルとなります。特に年齢を重ねていくと、しっかりとした話し方ができる人は、説得力のある素敵な女性として一目置かれる存在に。仕事の場面ではもちろん、日常生活でもあなたにとって役立つスキルとなるはずです。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


上司と部下にそれぞれ聞いた「職場のコミュニケーション」について

上司と部下にそれぞれ聞いた「職場のコミュニケーション」について

公益財団法人 日本生産性本部が発表した「職場のコミュニケーションに関する意識調査結果」を見てみましょう。コミュニケーションが円滑にとれていれば何も問題ない…?


「初対面、緊張しちゃう…」 お喋りが苦手な人向けの5つポイント

「初対面、緊張しちゃう…」 お喋りが苦手な人向けの5つポイント

初めて会う人と会話をするときって緊張しませんか? 何を話せばいいのかわからないし、怖いと思う人もいるでしょう。だけど大人になるとある程度親しくない人とやり過ごすことも大切。人とコミュニケーションをとることに自信がない人も実践しやすいポイントをお教えしましょう。


"記憶に残る人になりたい!" 脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

"記憶に残る人になりたい!" 脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

たくさん並べた名刺の中に「あれ、この人どこで会ったっけ?」なんて人はいませんか? もしかしたらあなたも相手からそう思われているかも…。せっかく面識があるのなら、相手の記憶に残る人になりたい。そんなあなたに、"記憶に残る人になる"方法をお教えします。


テーマパークスタッフがやっている最高の仕事術

テーマパークスタッフがやっている最高の仕事術

幸せになれる場所、遊園地。そこで働くスタッフはゲストの笑顔を壊さないための、徹底した仕事術を持っていました。元テーマパークスタッフとして学んだ大切な3つの仕事術をご紹介!


永遠の憧れ!オードリーヘップバーンから学ぶ、愛される生き方

永遠の憧れ!オードリーヘップバーンから学ぶ、愛される生き方

銀幕の妖精と名高い、60年代を代表するシネマ女優「オードリー・ヘップバーン」の生き様から読み解く、愛される人の秘訣とは


最新の投稿


眠れない方必見!オーガニックライフを味方につけよう。

眠れない方必見!オーガニックライフを味方につけよう。

「疲れがとれない」「毎日気分が乗らない」「何だか、憂鬱」など、お悩みはありませんか? そんな時こそ、自分自身と向き合うチャンス。 快適なオーガニックライフを味方につけることで、そんなお悩みも解決できるかもしれません。


【読者プレゼント決定!】8月4日(金)から3日間開催の 「MONSTER Slide the City」で夏を感じよう♡

【読者プレゼント決定!】8月4日(金)から3日間開催の 「MONSTER Slide the City」で夏を感じよう♡

“アドレナリン全開”の夏の体験をプロデュースするコラボレーションイベント「MONSTER Slide the City」が、2017年8月4日(金)、5日(土)、6日(日)にお台場シンボルプロムナード公園にて開催! 今回は招待チケットを豪華にプレゼントしちゃいます♡


【連載】真っ赤な濡れオンナ

【連載】真っ赤な濡れオンナ

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。


『嫌われる勇気』から学ぶ、男が手放したくない女になる方法 #話題書籍にまなぶ

『嫌われる勇気』から学ぶ、男が手放したくない女になる方法 #話題書籍にまなぶ

135万部のベストセラーで、TVドラマ化した『嫌われる勇気』から、あなたが男に逃げられない魅力的な女性に変身する方法論を考えてみたいと思います。この本の考え方のベースになっているのは"アドラー心理学"。 このアドラー心理学を理解し、上手に活用すれば、悩めるあなたの幸せ度がぐんとアップする。


全男性に告ぐ! モテたければ"ディズニーの年間パスポート引換券"をプレゼントせよ♡

全男性に告ぐ! モテたければ"ディズニーの年間パスポート引換券"をプレゼントせよ♡

みんな大好き、ディズニーリゾート。 実は、年間パスポートの引換券があるって知ってますか? 実はコレ、とっても画期的なものなんです。