「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。


そこは黙っててよ……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

みなさんのまわりに、余計な一言を言ってしまう人っていませんか?

さっきまで盛り上がっていたのに、相手をイラっとさせてしまう発言をしてしまって気まずい雰囲気になってしまったり、会話が続かなくなってしまったり……。盛り上がって話している最中に、「あぁそれ知ってる~」と先回りしちゃう人など。コミュニケーションに不要な言葉をつい持ち出してしまう人って、時々見かけます。

もちろん悪気はないとはわかっているのですが、「え?」と思うような発言が何度もあると、少しだけ嫌な印象がついてしまいますよね。

とはいえ、自分も気づかぬうちに余計な一言を言ってしまっている可能性はあります。
「黙っていれば良かったのに……」なんて、思われたくはないですから、どんなパターンが余計な一言だと思われてしまうのか、知っておきましょう。

好きになられる能力「ライカビリティ」を身に着ける #話題書籍に学ぶ

https://cinq.style/articles/1507

どんなに優れたスキルを持っていたとしても、最終的にはその人の性格や雰囲気で左右されてしまうもの。好きになられる能力「ライカビリティ」を身につけて、愛される人になりましょう。

褒めるのが苦手でけなしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「黙っていれば美人でモテるのに」
「熱心に美容の勉強なんて、偉いね。その努力が仕事にも向いていたら良いのに」
「頭の回転は早いのに、なんで仕事には活かされないのかなぁ」

褒めることが得意でない上司がよく言ってしまうのが、このパターンです。褒めるだけでとどめておけばいいものを、なぜかそれが気恥ずかしくなり、冗談まじりで相手の癇に障ることを言ってしまいます。

これでは、せっかくの褒め言葉も素直に受け取ることができません。会話は、相手がいて初めて成り立つコミュニケーション。そして、相手と自分の価値観は、ときに大きく異なるのです。
褒めるときや、感謝の気持ちを伝えるときこそストレートで良いのです。それを理解できるようになると、ただ「面白い」というだけで人を傷つける言葉を口にすることは減るでしょう。

話を止めて、自分の話をしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

友人A「この間、話題の映画を観たんだけどさ」
友人B「え、いいなー!私まだ観れてなくて」

「あ!みたみた!いや~あのシーンは衝撃的だったよね、だってさ……」

人が話している最中に、自分の話をしてしまうパターンです。自分が知っている会話になった瞬間に聞き手から話し手に代わり、相手に話す隙を与えません。こういう人は、相手の反応に無頓着なところがあります。人の話にはあまり興味がないのか、一方的に話すことが続いてしまうのです。

自分の話を聞いて欲しい気持ちはわかりますし、自分の話を聞いてもらえると嬉しくなる気持ちはすごくわかります。ですが時には空気を読み、周囲の様子を伺ってから話すようにしましょう。

また、相手の話している先が見えているからと、話を途中で中断させてしまうことも同じです。結末が予測できたとしても、まずは最後まで聞くことをルールに心掛けてみてください。また、それに対して意見があるときは、全て聞き終わってからに。
わかっていても、まずは受け入れる。大人の会話では必要なことです。

最後に水を差すパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「この俳優さんかっこよくて好きなんだ~」
「その俳優さん知らないし、良さがわからないわ」

「新しくできたイタリアン美味しそうだから今度行くの!楽しみ~!」
「あの店、美味しくなかったよ」

相手が盛り上がる会話をしているにも関わらず、グサッとくるような発言を急にする人も居ます。時には、それはまた「面白い」とみなされることもありますが、もちろんそれは全ての人に適応されるわけではありません。

自分の価値観を押し付けてしまったり、求めていないアドバイスをすることは、人に嫌われてしまう原因になります。誰と、どういった会話でそのセリフが活きるのかを自分自身で意識してみると良いでしょう。

誰も指摘してこない。だからこそ、自分で気が付き直すこと

コミュニケーションを積極的にとることは大事ですが、簡単に「思ったことを口にしない」「あえて黙っている」ことも大人だからこそできる会話術です。

余計な発言をしてしまうあまりに、せっかく築いた人間関係を簡単に壊してしまうこともあります。自分が話したい内容は、誰に話せばいいのか、どんなシチュエーションで話すかなど具体的に想像し、相手に嫌な思いをさせないよう気をつけましょう。

今回ご紹介したパターンを参考にし、日々のコミュニケーションをもっと楽しんでみてくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はタバコ好きな上司とのコミュニケーションについて悩んでいる人のお話です。


派遣先の環境を派遣元に相談していたら、雇止めに遭いました… #これってハラスメントですか?!

派遣先の環境を派遣元に相談していたら、雇止めに遭いました… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は派遣社員として働いていて、急な雇止めにあった方からの相談です。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

イヤな仕事を頼まれた時や、仕事に関してのモヤモヤが募っている時。面倒ではありますが、その状況や環境を改善するためには、自分の意見を伝えなければなりません。今回は、関係性を壊さずに、自分の要望を相手に伝えるためのコミュニケーション術をご紹介。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング