「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。


そこは黙っててよ……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

みなさんのまわりに、余計な一言を言ってしまう人っていませんか?

さっきまで盛り上がっていたのに、相手をイラっとさせてしまう発言をしてしまって気まずい雰囲気になってしまったり、会話が続かなくなってしまったり……。盛り上がって話している最中に、「あぁそれ知ってる~」と先回りしちゃう人など。コミュニケーションに不要な言葉をつい持ち出してしまう人って、時々見かけます。

もちろん悪気はないとはわかっているのですが、「え?」と思うような発言が何度もあると、少しだけ嫌な印象がついてしまいますよね。

とはいえ、自分も気づかぬうちに余計な一言を言ってしまっている可能性はあります。
「黙っていれば良かったのに……」なんて、思われたくはないですから、どんなパターンが余計な一言だと思われてしまうのか、知っておきましょう。

好きになられる能力「ライカビリティ」を身に着ける #話題書籍に学ぶ

https://cinq.style/articles/1507

どんなに優れたスキルを持っていたとしても、最終的にはその人の性格や雰囲気で左右されてしまうもの。好きになられる能力「ライカビリティ」を身につけて、愛される人になりましょう。

褒めるのが苦手でけなしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「黙っていれば美人でモテるのに」
「熱心に美容の勉強なんて、偉いね。その努力が仕事にも向いていたら良いのに」
「頭の回転は早いのに、なんで仕事には活かされないのかなぁ」

褒めることが得意でない上司がよく言ってしまうのが、このパターンです。褒めるだけでとどめておけばいいものを、なぜかそれが気恥ずかしくなり、冗談まじりで相手の癇に障ることを言ってしまいます。

これでは、せっかくの褒め言葉も素直に受け取ることができません。会話は、相手がいて初めて成り立つコミュニケーション。そして、相手と自分の価値観は、ときに大きく異なるのです。
褒めるときや、感謝の気持ちを伝えるときこそストレートで良いのです。それを理解できるようになると、ただ「面白い」というだけで人を傷つける言葉を口にすることは減るでしょう。

話を止めて、自分の話をしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

友人A「この間、話題の映画を観たんだけどさ」
友人B「え、いいなー!私まだ観れてなくて」

「あ!みたみた!いや~あのシーンは衝撃的だったよね、だってさ……」

人が話している最中に、自分の話をしてしまうパターンです。自分が知っている会話になった瞬間に聞き手から話し手に代わり、相手に話す隙を与えません。こういう人は、相手の反応に無頓着なところがあります。人の話にはあまり興味がないのか、一方的に話すことが続いてしまうのです。

自分の話を聞いて欲しい気持ちはわかりますし、自分の話を聞いてもらえると嬉しくなる気持ちはすごくわかります。ですが時には空気を読み、周囲の様子を伺ってから話すようにしましょう。

また、相手の話している先が見えているからと、話を途中で中断させてしまうことも同じです。結末が予測できたとしても、まずは最後まで聞くことをルールに心掛けてみてください。また、それに対して意見があるときは、全て聞き終わってからに。
わかっていても、まずは受け入れる。大人の会話では必要なことです。

最後に水を差すパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「この俳優さんかっこよくて好きなんだ~」
「その俳優さん知らないし、良さがわからないわ」

「新しくできたイタリアン美味しそうだから今度行くの!楽しみ~!」
「あの店、美味しくなかったよ」

相手が盛り上がる会話をしているにも関わらず、グサッとくるような発言を急にする人も居ます。時には、それはまた「面白い」とみなされることもありますが、もちろんそれは全ての人に適応されるわけではありません。

自分の価値観を押し付けてしまったり、求めていないアドバイスをすることは、人に嫌われてしまう原因になります。誰と、どういった会話でそのセリフが活きるのかを自分自身で意識してみると良いでしょう。

誰も指摘してこない。だからこそ、自分で気が付き直すこと

コミュニケーションを積極的にとることは大事ですが、簡単に「思ったことを口にしない」「あえて黙っている」ことも大人だからこそできる会話術です。

余計な発言をしてしまうあまりに、せっかく築いた人間関係を簡単に壊してしまうこともあります。自分が話したい内容は、誰に話せばいいのか、どんなシチュエーションで話すかなど具体的に想像し、相手に嫌な思いをさせないよう気をつけましょう。

今回ご紹介したパターンを参考にし、日々のコミュニケーションをもっと楽しんでみてくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

アナタの周りにもいる? “ネガキャン”で自分の印象を下げにかかる女たち

自己アピールするのではなく、相手の評判を下げるようなネガティブポイントをアピールをして自分を優位に立たせようとする“ネガキャン”女子。みなさんの周りにはいませんか? 今回は実際にネガキャンされたと言う2人の女性の事例をもとに対処法を考えていきます。


本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

本当に相談する相手合ってる?弱った時の相談相手選びのコツ|MY WORK ヒント#71

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第71回目は、悩んだ時の相談相手についてです。


SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

SNSのアカウントを削除するのはなぜ? 人間関係リセット症候群の実態

「最近SNSで見かけないな」と思ってアカウントを探してみたら見当たらず、調べてみるとアカウントが消えて連絡する手段がなくなってしまった友達っていませんか? もしかしたら“人間関係リセット症候群”になっているのかも。そうなる理由を考えていきます。


彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第75回目は、男性の喘ぎ声が大きい時の対処方法についてです。


そろそろ現実に気がついて!やりたいことがコロコロ変わる人の特徴

そろそろ現実に気がついて!やりたいことがコロコロ変わる人の特徴

やりたいことがコロコロ変わる人、あなたの周りにもいませんか?ただの飽き性なのに、かっこよく見せようとしているからイラっとするような……。今回は、彼らの特徴に迫ります!


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング