「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「今の一言、本当に必要だった?」余計な発言で相手を困らせる言葉とは?

「そこは何も言わなくて良いのに……」余計な発言を言ってしまったばかりに、微妙な空気を作ってしまったことはありませんか? 相手の発言にはすぐ気が付いても、自分のNG発言には気が付きにくいものです。今回は、相手を困らせてしまう言葉について考えていきます。


そこは黙っててよ……

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

みなさんのまわりに、余計な一言を言ってしまう人っていませんか?

さっきまで盛り上がっていたのに、相手をイラっとさせてしまう発言をしてしまって気まずい雰囲気になってしまったり、会話が続かなくなってしまったり……。盛り上がって話している最中に、「あぁそれ知ってる~」と先回りしちゃう人など。コミュニケーションに不要な言葉をつい持ち出してしまう人って、時々見かけます。

もちろん悪気はないとはわかっているのですが、「え?」と思うような発言が何度もあると、少しだけ嫌な印象がついてしまいますよね。

とはいえ、自分も気づかぬうちに余計な一言を言ってしまっている可能性はあります。
「黙っていれば良かったのに……」なんて、思われたくはないですから、どんなパターンが余計な一言だと思われてしまうのか、知っておきましょう。

好きになられる能力「ライカビリティ」を身に着ける #話題書籍に学ぶ

https://cinq.style/articles/1507

どんなに優れたスキルを持っていたとしても、最終的にはその人の性格や雰囲気で左右されてしまうもの。好きになられる能力「ライカビリティ」を身につけて、愛される人になりましょう。

褒めるのが苦手でけなしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「黙っていれば美人でモテるのに」
「熱心に美容の勉強なんて、偉いね。その努力が仕事にも向いていたら良いのに」
「頭の回転は早いのに、なんで仕事には活かされないのかなぁ」

褒めることが得意でない上司がよく言ってしまうのが、このパターンです。褒めるだけでとどめておけばいいものを、なぜかそれが気恥ずかしくなり、冗談まじりで相手の癇に障ることを言ってしまいます。

これでは、せっかくの褒め言葉も素直に受け取ることができません。会話は、相手がいて初めて成り立つコミュニケーション。そして、相手と自分の価値観は、ときに大きく異なるのです。
褒めるときや、感謝の気持ちを伝えるときこそストレートで良いのです。それを理解できるようになると、ただ「面白い」というだけで人を傷つける言葉を口にすることは減るでしょう。

話を止めて、自分の話をしてしまうパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

友人A「この間、話題の映画を観たんだけどさ」
友人B「え、いいなー!私まだ観れてなくて」

「あ!みたみた!いや~あのシーンは衝撃的だったよね、だってさ……」

人が話している最中に、自分の話をしてしまうパターンです。自分が知っている会話になった瞬間に聞き手から話し手に代わり、相手に話す隙を与えません。こういう人は、相手の反応に無頓着なところがあります。人の話にはあまり興味がないのか、一方的に話すことが続いてしまうのです。

自分の話を聞いて欲しい気持ちはわかりますし、自分の話を聞いてもらえると嬉しくなる気持ちはすごくわかります。ですが時には空気を読み、周囲の様子を伺ってから話すようにしましょう。

また、相手の話している先が見えているからと、話を途中で中断させてしまうことも同じです。結末が予測できたとしても、まずは最後まで聞くことをルールに心掛けてみてください。また、それに対して意見があるときは、全て聞き終わってからに。
わかっていても、まずは受け入れる。大人の会話では必要なことです。

最後に水を差すパターン

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「この俳優さんかっこよくて好きなんだ~」
「その俳優さん知らないし、良さがわからないわ」

「新しくできたイタリアン美味しそうだから今度行くの!楽しみ~!」
「あの店、美味しくなかったよ」

相手が盛り上がる会話をしているにも関わらず、グサッとくるような発言を急にする人も居ます。時には、それはまた「面白い」とみなされることもありますが、もちろんそれは全ての人に適応されるわけではありません。

自分の価値観を押し付けてしまったり、求めていないアドバイスをすることは、人に嫌われてしまう原因になります。誰と、どういった会話でそのセリフが活きるのかを自分自身で意識してみると良いでしょう。

誰も指摘してこない。だからこそ、自分で気が付き直すこと

コミュニケーションを積極的にとることは大事ですが、簡単に「思ったことを口にしない」「あえて黙っている」ことも大人だからこそできる会話術です。

余計な発言をしてしまうあまりに、せっかく築いた人間関係を簡単に壊してしまうこともあります。自分が話したい内容は、誰に話せばいいのか、どんなシチュエーションで話すかなど具体的に想像し、相手に嫌な思いをさせないよう気をつけましょう。

今回ご紹介したパターンを参考にし、日々のコミュニケーションをもっと楽しんでみてくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

たくさん並べた名刺の中に「あれ、この人どこで会ったっけ?」なんて人はいませんか? もしかしたらあなたも相手からそう思われているかも…。せっかく面識があるのなら、相手の記憶に残る人になりたい。そんなあなたに、「記憶に残る人になる」方法をお教えします。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング