そろそろ医療保険に入るべき? 働く女性が保険に入るベストなタイミング

そろそろ医療保険に入るべき? 働く女性が保険に入るベストなタイミング

いつかは保険には入っておきたい…なんて思いながらも、行動に移せていない現状。しかし、タイミングによっては加入を断れたりすることもあります。知らなくて後悔する前に、働く女性が保険に加入するタイミングを知っておきましょう。


そろそろ保険に入るべき?

20代後半に差し掛かってくると、そろそろ保険に加入するべきなのかな? なんて、悩んだことはありませんか? どれだけ健康に気を配っていたとしても、病気に関してはいつ何が起こるかわからないもの。突然の病気やケガで、医療費に悩まされないためにも、加入しておくと安心なのが医療保険です。

お金をたくさん掛けても使わないのなら意味はないと思ってしまう人もいるでしょう。私たち働く女性は、どのタイミングで保険に加入するのが一番良いのでしょうか。 今回は、働く女性が保険に入るタイミングについてご紹介します。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性が掛かりやすい病気を基準に考えてみる

女性がかかりやすい病気と言えば、何でしょうか?

代表的な病気では、乳がん、子宮がん、子宮筋腫が挙げられます。特に、乳がんは30代から患者数が急増すると言われている、他人事とは思えないような大きな病気です。

これを基準に考えてみると、30代に入る前に加入した方がもしもの時も安心と言えます。

また、保険は年齢が上がるにつれ、料金が高くなっていきます。また、過去に大きな病気にかかってしまっている場合には加入できないことも。つまりは健康な、若いうちに加入しておくのがベストなのです。20代で保険に加入した方が、30代以降に加入するよりも保障期間が長いのにも関わらず、払込合計金額が安くすむ場合もあるので、収入が安定してくる20代後半~29歳の間がベストではないでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中は保険に加入できない可能性が

妊娠してから、将来のことを考えて検討しはじめる人も多くいると思いますが、実は妊娠27週以降は加入できないケースがほとんど。たとえ加入できたとしても、「特定部位不担保」という、子宮のみといった一部分のみの保険が適用され、他の部位は保証されないものになってしまう場合も。

つまり、切迫流産や帝王切開という状況になった場合は、妊娠中の加入だと保険が降りないのです。残念ながら、これらの手術をしなければならない割合も比較的高いので、保険に加入するタイミングとしては妊娠前をポイントとして押さえておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ライフステージが変わるタイミングには、保険の見直しを

「結婚」、「出産」、「退職」など、女性にはライフステージの変化があります。そのたびに、自分が加入しているものは自分に合った保険なのか、と見直しを忘れずに。加入する期間が長くなると、自分がいったい何の保険に入っているのかすらも忘れてしまう人もよく見かけます。それでは損をするだけ。

国で新しい制度ができてお金が降りることもあれば、今までは難しい病気で多額な医療費がかかっていたものに、特効薬ができたり、など。時が経つと色々なことが変化してきます。保険を定期的に見なおせば、保険料も安くなるケースもありますので、加入して終わりだと思い込まないようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


制度 マネー

関連する投稿


人生設計をすり合わせる。長期的に働く女性を増やすライフプランミーティング

人生設計をすり合わせる。長期的に働く女性を増やすライフプランミーティング

女性は結婚や出産、子育てが転機になることが多く、長期的なキャリアを描きづらい生き物です。株式会社FCE Holdingsでは、ライフプランを上司とすり合わせる「ライフプランミーティング」により、長期的に働く女性が増えたと言います。一体どんな制度なのでしょうか?


【お金の使い方】働く女子20代のうちにお金をかけておくべきこと

【お金の使い方】働く女子20代のうちにお金をかけておくべきこと

貯金をしたいと思っていても、無理な節約はストレスになるだけではなく、働くモチベーションにもなりません。大切なのはお金の使い方。かけるべきものにはきちんとかけて、必要のないお金を減らすことことです。働く女子が20代のうちにお金をかけておくべきこととは一体……?


お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

貯金したいのになかなかお金が貯まらない……。そんな悩みを抱えている人は、クレジットカードを使うクセを見直すのが懸命かも。クレジットカードの使いかたを改める方法を紹介。


「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

「副業」って何から始めるの? 空いた時間でうまくお金を生み出すコツ

複数の名刺を持ち、収入の手段を増やすという「副業」の動きが盛んになっている今、どうやって始めればいいのか、何をすればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 現在の副業事情や、空いた時間を使ってうまくお金を生み出すコツ、副業に関するアレコレを紹介します。


産休・育休復帰率が100%の会社の取り組みって?【株式会社エグゼクティブ】

産休・育休復帰率が100%の会社の取り組みって?【株式会社エグゼクティブ】

結婚や出産のタイミングで退職を決意する女性も多い中、株式会社エグゼクティブは、社内の職場復帰率が100%という結果を出しています。その秘密は、ライフステージに合わせて、 社員自身が働き方・働く場所を選べる「社内制度」にあるそう! 具体的にどんな制度が備わっているのか、ズバリ聞いてみました。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング