片方“だけ”選択する癖を卒業しよう!迷ったときは「両方」やる|MY WORK ヒント#33

片方“だけ”選択する癖を卒業しよう!迷ったときは「両方」やる|MY WORK ヒント#33

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第33回目は、何か選択肢に迫られた時に、片方だけ選ぶ癖について考えます。


「天秤にかけること」って、果たして必要?

「A」と「B」両方気になる!という場面に出くわした時、どのように切り抜けたら良いか迷った経験はありませんか?例えば、女性の生き方を考える時に、「仕事と恋愛、どっちを取る?」のような選択を余儀なくされる質問を見かける事があります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私は、このトピックを見かけるたびに「なぜ、どちらか片方を選択するのか?」と、いつも疑問です。なぜなら、人生は一度きりだから。本人が片方に絞っているならそのままで良いと思いますが、どちらかを削除しないと一つのことを達成できない、という発想は勿体無いと感じます。

そんな、あらゆる場面で出現する「天秤」ですが、ポイントは天秤にかけるのではなく、どうしたら両方達成できるかを考える事だと思います。

片方に集中するから、上手くいくとも限らない

とは言っても、私自身かなり極端なタイプで、一つのことに集中しだすとそればかりになる傾向があります。何事も両立するということは、難しいですよね。しかし、一点集中をしたから上手くいく訳ではないと感じた、ある方程式。

それは、「時間や能力を費やす=達成確率が上がる」というイコール関係は成り立たないと実感したことがきっかけでした。

「どっちも気になるけれど、両方は難しい」と感じている時、心の奥底では「だって、両方は時間が足りない」など一つのことに費やせる時間や能力を先に考えて、諦めたり決断を出したりしていませんか?これは私の経験でもあることですが、時間をたくさん使って打ち込んだから色んな事が上手くいくわけではありません。

これは逆に言い換えると、時間や能力をさほど使っていなくても、上手くいくときは上手くいくという意味でもあります。そう、どちらかを選択しようとしているならば、思い切って「両方」を選んでみましょう。

迷ったら「両方」やってみる癖に変える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私は、「A」と「B」が気になると感じたら、両方やってみることにしています。初めから、両方は無理だと諦めないのがマイルールです。もし、恋愛と仕事で迷っているなら、仕事に生きるようなパートナーを得ることで、恋愛も仕事も楽しくなるかもしれません。もし、2つの資格取得で迷っているならば、両方取得してみましょう。目先の費用を節約するよりも、長期的に考えたら大きく跳ね返ってくるかもしれません。

片方“だけ”を選択する癖を卒業するだけで、少しずつ器用に色んな事がこなせるようになると思います。次に選択をする状況になったら、ぜひ「両方」と答えてみてください。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


巨乳ちゃんが試したいバストテク3つ。彼への愛撫道具に早変わり…|真っ赤な濡れオンナ#70

巨乳ちゃんが試したいバストテク3つ。彼への愛撫道具に早変わり…|真っ赤な濡れオンナ#70

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第70回目は、胸が大きい女性にオススメな愛撫テクニックです。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯12

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第12回目は、「発想の転換によって生まれたドレス」について。


「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

「クレーム対応」でピンチ…! 相手が怒る原因と対処方法は?|MY WORK ヒント#65

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第65回目は、仕事で遭遇するクレーム対処についてです。


「甘えている」は誤解! 独身女子が大切にしたい大人の実家暮らしルール

「甘えている」は誤解! 独身女子が大切にしたい大人の実家暮らしルール

結婚する予定がない。ひとり暮らしをするだけの貯金もまだ貯まっていない。だから、今は実家暮らし。今回は、独身女子が大切にしたい大人の実家暮らしルールをご紹介します。


最新の投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

習い事にも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか? ホリデーシーズンの12月は、クリスマスらしいものを作るとすごく楽しそうですね♪ 「普段通っている教室が特にない」という方も大丈夫! 単発で申し込みができる1DAYレッスンなら、気軽に参加することができますよ。今回はカテゴリー別におすすめのレッスンをご紹介します♡


「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

出会いが増えると、親しくなりたいと思う人以外からも好意を寄せられることがあります。働く女性にとっては、下心を持った男性の出現は避けられないものなのかもしれません。けれども、そういった面倒事を増やさないためにも、男性に変な勘違いをされない予防策をあらかじめ練っておきましょう。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング