マイナス3Kg細く見せる洋服選びは、自分でできるセルフ骨格診断で



素敵な洋服は、誰にだって似合うわけじゃない

一目惚れして購入したお洋服。マネキンが身につけているときは素敵に映って見えたのに、自分が身に付けると何かが違う。体型によって「似合う」アイテムはそれぞれ違うもの。自分の「似合う」形や素材を知り、魅力を引き出すものを上手に選べるようになりましょう。

ストレートタイプ

上半身(胸)に厚みがあり、メリハリのある体型をしているストレートタイプの人は、運動すると筋肉がつきやすい傾向に。鎖骨も浮き出づらいタイプであるため、痩せてもあまり華奢な印象はつきづらいです。そんなストレートタイプの人は、体型にすでに動きがあるため、シンプルな洋服を選ぶと吉。可愛いデザインよりは、恰好いいもの。シルクやカシミヤなどの、素材で勝負するもよし。

NGなアイテムは、胸下で切り替えがあるタイプのワンピースやチュニック。マタニティウェアに見えてしまったり、全体的に着膨れしてしまう可能性があります。首元がスッキリして見えるデザインを選ぶように気をつけて。

ウェーブタイプ

身体に厚みがない華奢見えするウェーブタイプは、上半身は薄く、下半身にお肉がつきやすいタイプ。柔らかい素材の洋服が似合うので、透け感があるものや女性らしいデザインのものを選ぶと良いバランスに。逆にいうと、シンプルすぎるデザインは少し寂しい印象をつけてしまうこともあります。

横からみたときに全体的に薄っぺらく見えてしまうので、ショートカットやスッキリとしたまとめ髪は避けた方が無難です。

ナチュラルタイプ

骨格や関節がしっかりとしているナチュラルタイプは、胸やお尻などにあまりボリュームがなく比較的真っ直ぐ。ナチュラルでスッキリとした洋服や、ドルマンスリーブ、ワイドパンツなど遊び心のあるデザインのものが似合います。

中性的なイメージの方が多いので、甘すぎるデザインの洋服は避けた方が良いでしょう。また薄くてぴったりと体型のわかる服を着ると、ゴツくたくましい印象がついてしまうことがあります。ゆったりとしたデザインの洋服を着こなして。

自分に似合うアイテム選びで魅力を引き出して

流行やお気に入りのデザインでついつい選んでしまう普段のお洋服、ですが自分の魅力を引き出してくれる洋服を知っているだけで、一歩洗練された女性へと近づきます。もちろん、身に付ける洋服の色味でも印象は大きく変わりますが、同じ色・デザインなどで買うか買わないかを悩んだときなどはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。