「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!


「嫌味」な人にはなりたくない

普通に会話をしたいと思っていても、なぜか上目線に聞こえてしまうことや話し方にトゲがある人っているものです。中でも、中堅になって経験や知識がそれなりについてくると、それだけで女性は「怖い」や「強そう」といったマイナスイメージを持たれがち。
冷たく聞こえてしまうような話し方や、嫌味、上目線の会話をしていると、なおさら周りは遠ざかっていく一方です。周りから嫌な人認定されないよう、柔らかい印象をつける会話術を身につけていきましょう。

人の目をみて話を聞く

基本的なことではありますが、会話する時には相手の顔を見ることが大切です。人見知りがゆえに相手の顔をあまり見ていないという人も多いのはないでしょうか。
無表情で見つめていると、相手に「興味がない」という印象を与えたり「冷たい」、「なにを考えているのかわからない」と思われてしまいます。
相手のことを理解する姿勢がないことにはコミュニケーションは始まりません。人と会話するときは威圧的な態度をとるのではなく穏やかに。 相手の声に耳を傾けて、時おり相槌を打つようにしましょう。

会話の糸口がなければ、服や小物を褒めるのも効果的

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いざ会話しようと思っていても、始まりはなんとなくぎこちなくなったり、変な緊張感ができたりしてしまうものです。会話の糸口が見つからない時は、まずは誰にでも通用するような明るい会話を挟みましょう。
その日のファッションだったり、身につけている小物などをさらりと「素敵ですね」「今日もおしゃれですね」 と褒めることで、相手はあなたに好印象を持ちます。自分のことを見られている、という意識も働きます。褒められて嫌な人はいませんよね。 ポジティブな会話からスタートすることで、そのあとの会話がスムーズになります。

会話の途中に名前をいれる

会話の途中に、相手の名前を入れるようにするのもテクニックの一つです。例えば相手にお礼を伝えるときも「おかげさまで」というより「〇〇さんのおかげで」と話した方が印象が良く聞こえませんか? お願いしていた仕事を受け取る時も、「◯◯さんにお願いしてよかった」と一言添えるだけで印象が全く違います。
名前を時折入れることで、相手との距離感がぐっと近くなります。

接続詞を減らす

「〜それで」「〜から」「〜で」などの接続詞が多くなりすぎて、結論がわからない会話がダラダラ続いている人も注意が必要です。
会話というものは、ひとりでするものではありません。 相手が居て、自分が居るから成り立つもの。 一人だけでひたすら語り続けると、相手は疲れてしまいます。会話のキャッチボールを楽しみましょう。

たとえ話が上手

「話が面白い」と思われる人は、大抵たとえ話が上手です。
たとえ話が上手な人は、頭の回転が早い人でもあります。 冗談であっても、真面目な話であっても、相手に理解をさせることのできるたとえ話ができる人は覚えられる人になります。仕事でもプライベートでも活用できることです。
自分の引き出しを増やせるよう、日頃からアンテナを張っておきましょう。

ひらがなで話す

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近はビジネスシーンで難しい略語や、横文字を使うことが増えてきました。難しい略語や横文字は、誰もが理解できているかわからないものです。自慢げに難しい言葉を使う人よりは、万人にわかりやすい言葉を使って会話をすることを意識しましょう。

相手が理解していないままに会話を進めることは、気を遣えないといったマイナス印象になってしまいます。

お祝いごとや大切なことはマメに連絡を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

会話の話ではなく礼儀の話になりますが、基本的にコミュニケーションをとるのが上手い人というのは“マメ”な人でもあります。 例えば相手の誕生日にきちんとお祝いのメールやお手紙、挨拶をすることです。 例えイベントごとだけの連絡をとる間柄でなったとしても、あなたとの縁は確実に繋がっているのですから。
常に会って会話をして居る人だけが「コミュニーケションがとれる人」というわけではないことを知っておいてくださいね。御礼を伝えることができないひとも、実は多いです。

言葉で印象美人をつくる

気づかないうちに相手を嫌な気持ちにしたり、傷つけていること、誰にでもあるはずです。それを自分から気付くのは難しいけれど、だからこそそうならないように意識して会話に取り入れていきましょう。

大切な人を傷つけないように、あなたの印象をマイナスなものにしてしまわないように、印象美人を作って。素敵な言葉を紡ぐ人は、素敵な人が周りに集まってくるもの。 言葉があなたの魅力の一つになりますよ。

新入社員や新しい取引先とのコミュニケーションに使って!『タイプ別コミュニケーション法』

https://cinq.style/articles/1085

年度初めは、新入社員の受け入れや部署・職場の異動など、新しい環境で出会いも増える時期。初対面から印象最悪…なんてことにならないよう、『タイプ別コミュニケーション法』を取り入れて、人に合わせたコミュニケーションを取っていきましょう。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


会おうよ詐欺はしたくない!「会いたい」を有言実行できる人へと近づく方法

会おうよ詐欺はしたくない!「会いたい」を有言実行できる人へと近づく方法

「近々会いたいね」と言いながら、毎日を過ごすだけで精一杯で、会えない人の数が多い。ふとしたときに、有言実行できない自分にガッカリしませんか?少しでも「近々会いたいね」を行動に移せるように、友人たちとの付き合い方を見直しましょう。


【マネジメント】部下のモチベーションを下げてしまうNGな指導法とは?

【マネジメント】部下のモチベーションを下げてしまうNGな指導法とは?

従業員のモチベーションを高めるために、企業が様々な施策を考えている今ですが、そんな努力も虚しく、逆効果になってしまうケースがあります。それは、アンダーマイニング効果を知らないから。部下や後輩のモチベーションを下げることのない、マネジメントについて学んでいきましょう。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング