アイデアは才能ではなくスキル。 誰でも簡単に生み出すためのメソッド

アイデアは才能ではなくスキル。 誰でも簡単に生み出すためのメソッド

誰も考えないアイデアで大成功した人はたくさんいます。そんな人たちを、才能があるからだろうとひとまとめに考えてはいませんか? アイデアは才能ではなくスキルでもあります。つまりは、そのスキルを磨くことで、誰でも良いアイデアは生まれてくるのです。


才能がないと、良いアイデアは生まれないの?

「何か良いアイデアはない?」

なんて、話題を突然振られたことはありませんか?
仕事を生み出すには、良いアイデアを実行していくことが必要になります。とはいえ、発案に慣れていないと簡単に良いアイデアをひらめくことはできません。

ニュートンが、木からりんごが落ちるのを見て「万有引力」をひらめいたような、大きなことではなくとも、小さなひらめきが自分にも降りてきたら面白いですよね。アイディアは才能によるものではなく、スキルでもあります。コツをつかむことができれば誰でも、生みだせるようになるのです。

今回は、アイデアの生み出すための基本的な部分をメインにご紹介していきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アイデアは質と量に比例している

アイデアは質と量に比例をしているので、数をたくさん出すことが基本となります。なぜ量なのかというと、1個のアイデアを出すよりも、複数のアイデアを考えた方が次に続くものがポンポンと生まれてくるからです。

例えば「来週までに来月のテーマを1つ考えて」と「明日までに来月のテーマを5つ考えて」という指示を比べるとどうでしょう。前者だともっとも良いアイデアを出さなければいけない、と頭が固くなってしまいませんか?

また自分以外の人にも複数考えてもらうことで、より多くの案が出てきます。それを組み合わせることもできるようになるので、量が多ければ多いほど、質の高いアイデアが生まれやすいのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

長時間寝かせたからといって、質が良くなるわけではない

アイデア出しに時間をかければかけるほど、質が良くなるわけではありません。むしろ時間をかけすぎると、思考力が低下してしまうのです。色々と候補を出しておいて、次の日にもう一度確認するくらいの寝かせ方なら問題はありませんが、何日も放置してしまうと「これでいいや」と雑になってしまうことも。

考える時間は1時間にする、など区切りをつけておかないと、いつまでもダラダラと考えてしまって収拾がつかなくなるので、タイムスケジュールはしっかりと組んでおきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

既にあるものから考えていく

何もないところからアイデアを生み出そうとするのは非常に難しいです。「固定概念を崩せ」と言われていますが、もともと住みついているものを、そう簡単に変えることはできません。

今までにない新しいモノを考える必要はなく、既存のものを参考にしてみましょう。そこからヒントを得ることで、次に繋がっていくことがあります。本やSNS、街を歩いているときなど、アンテナこそ張っておけば情報源はたくさん。その源を、自分なりに分解・組み合わせていくことでアイデアが生まれるのです。

一般的に、物事を思いつくときには、右脳と左脳を交互・またはその両方を使ったときだと言われています。パソコンでずっと画面を見ていても何も浮かばない場合は、左脳がよく動いているからです。リラックスした状態で情報収集をしていると、右脳も活発になるので、根を詰めすぎずに考えていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

突然のアイデアに備えておく

アイデアは電車や、休日のお出かけのときなど、意図していない時にふいに降りてくることがあります。そんな時のために、手帳やスマホにメモをするクセをつけておきましょう。後でやっておこうとすると、夢を見た時と同じように、時間の経過に合わせて忘れてしまいます。せっかく思いついた素敵なアイデアを、逃さずキャッチしておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アイデアを出すことに苦手意識を持っている人もいます。ですが、本来は誰でも理解を深めれば思いつくものでもあるのです。「的外れだったら恥ずかしい」だなんて気にせず、自分が良いと思ったものはどんどん人に向けて発言していきましょう。慣れてくると、深く考えなくてもポンポンとアイデアが思いつくようになりますよ。

繰り返しにはなりますが、大事なのは質より量。ボツになるようなアイデアはあって当たり前。気にせずにみなさんが考えたことを誰かに伝えてみてください。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。仕事も家庭もどちらも譲れない人は、28歳で一度立ち止まり、どう両立していけば良いのか、これからのことをプラニングしてみましょう。


人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

仕事にならない!仕事とプライベートを分けて考えられない人の対処法

恋人との喧嘩や別れ、プライベートで落ち込むことがあるとき、割り切って仕事ができる人とできない人がいます。けれど、ビジネスにプライベートの問題を持ち込むと、周囲に迷惑をかけるだけだけでなく自分の信頼まで落とす結果に。仕事とプライベートをうまく割り切れるよう、対処法を覚えておきましょう。


忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて何をやってるのかわからなくなる「アクティブ・ノンアクション」って?

忙しくて充実しているはずなのに、突然「自分は何をやっているのだろう?」とふと冷めてしまった経験はありませんか? それはもしかしたら「アクティブ・ノンアクション」という状態かも知れません。今回は、一体それがどんな状況なのか、どうしたらこの状態から抜け出すことができるのか考えていきます。


最新の投稿


仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。仕事も家庭もどちらも譲れない人は、28歳で一度立ち止まり、どう両立していけば良いのか、これからのことをプラニングしてみましょう。


人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。


【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、カフェで注文をするときに使える英語フレーズです。


最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

若者の「恋愛離れ」がすすんでいると話題になることもありますが、実際にはそんなことありません。ここ最近の新卒者はどうやら「結婚願望が強い」というデータあるのです。では、実際に恋愛から離れつつあるのはどんな世代? 若手から得る恋愛のヒントをご紹介。


【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

お金に関してわからないことが多く、不安になる働き女子。将来必要なお金を今から準備していくためには、ただ「ためる」だけではなく、少しずつでも「ふやす」ことが重要になってきます。とはいえイマイチその方法がわからず、頭を悩ませている方もいるでしょう。そこで、お金に関する疑問をお金のプロにぶつけてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング