憧れます…!厳しくても部下・後輩がついてくる女上司はココが違う

憧れます…!厳しくても部下・後輩がついてくる女上司はココが違う

とうとう役職を持った!リーダーを任された!…だけど人をまとめていくってどういうこと?いまいちピンと来ない方に知って欲しいリーダーシップ性について御紹介。


30代前後をさかいに、役職のある仕事を任されることがやってきます。そんなとき、一番最初に抱える問題といえば、部下・後輩をどうまとめていくか…ではないでしょうか。そこで今回は、部下・後輩に求められるリーダーシップ性についてご紹介いたします。

まずは自分の性格にあった指導方針を

自分自身が厳しく指導されて育ってきた人は、同じように部下を厳しく育てていこうとします。反対に優しく指導された人は、同じように優しく指導していきます。このとき、間違いやすいのが「厳しく指導しすぎてはいけないのかな?」や「優しすぎたらリーダーとして頼りないかな?」と迷って結果的に自分の性格に合わないやり方で指導してしまおうとすることです。

元来優しい人は、どんなに厳しくしようと思っても優しさが出ます。反対に厳しい人も同じで、無理に自分のキャラクターを変えても不自然になってしまうので、まずは自分自身がやりやすい方向性で部下・後輩を指導していくようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ミスを指摘した後のフォローは必ずいれる

グループのリーダーとなれば、自分以外の人間が起こすミスを最小限にカバーして、起こってしまったミスに対してしっかり指導しなくてはいけない立場に立たされます。このとき、トップに立つことに慣れてないと、つい自分のものさしで相手の度量を測ろうとしてしまいます。

自分にとっては簡単に出来ることも、相手にとっては簡単でないこともたくさんあります。なので、ミスを指摘した後には必ず、相手をフォローする一言をいれてあげましょう。私が会社員で働いていたときの先輩は大変厳しい女性でしたが、必ずその後に「あなたならもっとやれるはずでしょ。期待してるんだから頑張って」と最後に背中を押してくれました。どんなに厳しいことを言われてもその先輩が好きだったのは、私の人格を否定することなく認めてくれた、あの一言があったからかもしれません。ムチだけでなく、アメを上手く使い分けることで、支持されるリーダーシップ性が高まるのではないでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

些細なことでも部下の意見を聞く

「リーダーシップを取る」と言うとつい、一人の人間が常に他の人間をまとめ、引っ張って行く図式をイメージしますよね。だからこそ、「リーダーの言うことが絶対!」という感覚にリーダー自身はもちろん、周りも順応してしまいがち。しかし、本来のリーダーシップとは、誰よりも周りの人間の資質を見抜き、適材適所で相手の能力を高めていくことが仕事。なので、上から「あれやって、これやって」という指示するだけでは後輩・部下はついてこないのです。

一人一人が自分の意見を言える環境をつくるために、最初の内は些細なことでも良いので相手の意見を聞く姿勢を意識してとっていきましょう。都度、課題が出て来たら「〇〇さんはどう思う?」「〇〇さんがリーダーならどう解決する?」と全員で問題をクリアしていく姿勢をリーダー自身が心得ていくと上手く回るようになるかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

敢えて、何もせず任せてみる

役職がある人、チームリーダーになる人は、基本的に会社の中でも特に仕事ができる人です。なので、基本的に何でも自分で出来てしまうため、例え部下・後輩の仕事が出来なくても自分の馬力で何とかしてしまうところがあります。

しかし、これでは実はチームとしては上手く育たちません。アナタが一人、エースとして頑張っていけばいくほど、後輩・部下達は自分の役割を見出せません。なので時には敢えて、力不足とも思える責任を思い切って下に任せていくことも必要です。与えられた課題の中で人は、成長し、育つようになるのでそれをグッと堪えて見守るのもリーダーの役目なのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

リーダーシップ論を考えてみよう

リーダー=王様と考える方がときにいらっしゃいます。確かに、チームをまとめる代表なので王様であることに間違いはないのですが、ワンマンがすぎると当然、人はついてこなくなります。また、反対に無関心で頼りなさすぎても、人はついてこない。大事なのは、チーム一人一人を信頼し、彼らの意見を取りまとめ、皆が気持ちよく動いていくれるにはどうサポートすれば良いのかを考えることではないでしょうか。ぜひ、アナタ自身のリーダーシップ論を見直し、周りとの上手な距離感を見つけながらアナタなりのリーダーシップ性を発揮してみてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

仕事と生活の調和として「ワークライフバランス」の見直しをする機会が増えました。とはいえ「仕事と生活のバランス」は人によって違います。では、あなたにとって理想のワークライフバランスとは、一体なんなのでしょうか?


社内の人に告白された! 恋愛対象外の場合、どう断わるのが正解?

社内の人に告白された! 恋愛対象外の場合、どう断わるのが正解?

全く興味のない人に告白された…。しかも相手は社内の人。 そんな困った状況に陥ってしまったら、あなたならどうする?


礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

仕事でもプライベートでも充実している女性に共通するもの、皆さんはそれがなにかわかりますか? 実はそれはコミュニケーション力の高さ。礼儀正しく、美しい言葉づかいをすることです。今回はコミュニケーションマナーと、仕事で必要な「ABCD」について伝えていきます。


結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら、仕事はどうする? 結婚はふたりにとって、とても大切なライフイベント。結婚した後に、価値観のズレを感じることは多々あります。「パートナー選びを間違ったな」なんて後悔しないよう、あらかじめ注意しておきたいことを紹介します。


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


最新の投稿


「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

「完璧すぎない」がいちばん頑張れる! 上手に仕事をこなす人の心得

なんでも完璧にこなさないと、とつい自分を追いこんでいませんか? そんなに「完璧」を求めなくても、意外と物事って上手くいくこともあるんです。 頑張りすぎなあなたに、ちょっと力を抜くポイントを紹介。


肌が敏感になる春先は、洗顔料を見直すべき。肌負担の少ないの洗顔料は?

肌が敏感になる春先は、洗顔料を見直すべき。肌負担の少ないの洗顔料は?

2〜3月は冬の肌代謝の不足によって、バリア機能が弱くなり肌が敏感になりやすい季節。そんな時こそ肌負担の少ない洗顔料を使うべき。 今こそ、基本の洗顔料を見直して、肌が敏感になりやすいこの季節を乗り切りましょう。


フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

組織に縛られず、自分の力で生きていきたい。フリーランスという働き方に憧れる人は多いものです。けれど、そうしてフリーになった人の中には「フリーランスから会社員に戻りたい」と希望される人も多くいらっしゃいます。今回は、キャリアアドバイザーが「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察。フリーランスのリスクを伝えます。


恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

恋人はいてもいなくてもいい。恋愛お休み期間が長くても自分らしく過ごすコツ

彼氏はほしいけれど、ガツガツ攻めるのも苦手……。恋愛をお休みする時間が長くなりはじめても今は焦らず、彼と出会う日をゆっくり待ちましょう♩


【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

【キャリア志向は4タイプに分かれる】理想的なワークライフバランスって?

仕事と生活の調和として「ワークライフバランス」の見直しをする機会が増えました。とはいえ「仕事と生活のバランス」は人によって違います。では、あなたにとって理想のワークライフバランスとは、一体なんなのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング